2018年02月22日

独居老人の生活1120(#25忘れられない旅の思い出:娘の結婚式・後編)


  今日はオーストラリアの旅の後編です。

  前編を未読の方は、 #1198(2月20日掲載)から
  先にお読み戴きたく.....

                 * *


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1120
        (#25忘れられない旅の思い出:娘の結婚式・後編)


  金のために結婚するものは悪い人間であり、

  恋のために結婚するのは愚かな人間である。

                            サミュエル・ジョンソン (イングランドの文学者)
                

ゴールドコーストのサーファーズパラダイスに宿をとったジジイは、 1泊しただけで別のホテルに移った。

2万円もする高級ホテルにジジイ1人が泊まるのはバカバカしい。

ガイドブック掲載のBudget Hotelといわれる安ホテルに徒歩で移動、 6千円/泊(相当)でチェックイン。

ジジイが寝る部屋は4人部屋(2段ベッド2つ)だが、 ジジイ1人が専有するため当然宿賃は高くなる(4人で割れば1,500円/人)。


そのホテルは2階建て、 普通の住居を改造したようだ。
その界隈は閑静な住宅街で、向こう三軒両隣は民家だった。

pict-thD4PPS4Q0安ホテル.jpg
        ☝ イメージ画像。


ジジイの部屋は1階、 ドアを開けると広いリビングルーム。
その奥にはキッチンがあり、 朝食くらいなら作れる感じ。


部屋の中のトイレを見て驚いた。
タオルもなければ石鹸・シャンプーも用意されていない。

これではシャワーも浴びられない。
結局、 A家族のいるコンドーに行ってバスタブに入り、 洗髪までする羽目に....

洗顔などのためにAからタオルを借用、 ホテルに持ち帰った。

前日の高級ホテルから石鹸もタオルも置いてない部屋に.....
ふと少し惨めな気持ちになった。
  
               * *

さあ、 いよいよAの娘の挙式の日がやって来た。

約束の時刻にAのコンドーに行くと、 娘は既にウェディングドレス姿、 部屋の中で美容師に髪を結って貰っていた。

孕んではいるが、 腹はさほど膨らんではいない。
「綺麗になってるね」 とジジイはお世辞を言う。


コンドーからの出発時刻になり、 表に出ると車が待機していた。

pict-DSCN0873.jpg
               ☝ イメージ画像。


                  * *


A家族にジジイを含む6人が乗ったリムジンは20分近く走り、 挙式会場のヒルトンホテル・リゾートに到着。

牧師か神父かは知らないが、 教会で誓いの言葉。
ジジイが立会人としてチャララと署名、 実にいい加減。

花嫁と父親のAが腕を組み、 バージンロードを歩く姿を見てジジイは笑ってしまう。

神妙な顔つきのA、 胸中は複雑であったろう。
加えて孕んでいる娘が歩いてもバージンロードとはこれ如何に。


結婚式が終わればお次は披露宴、 というよりランチパーティーか。

新郎側からは肉親の参加なし、 牧場で働く同僚たちが出席。
新婦側からは我々の他に、 娘が勤務する会社から上司や同僚が参列。

オーストラリアにおけるオール日本人参集の披露宴となる。

pict-DSCN0901結婚式集合.jpg
                  ☝
左端がジジイ、 前列左からAの長男、 妻、 花婿・花嫁、 A。



宿泊したコンドー、 リムジン、 挙式・パーティーなど全ての費用はAの懐から出る。
孕んでいようが可愛い娘だ、 懐が痛んでも我慢の父親。

結婚式は愉しく盛り上がって無事終了。


pict-DSCN0904.jpg
                 ☝ 
  挙式のホテル庭園で...ジジイ(61)とAの奥さん(56)。


我々6人はまたリムジンに乗車、 ゴールドコーストへ....
参列者たちはブリスベーンへと帰って行った。

                * *


ゴールドコーストでジジイはA家族と別れ、 そのあと1人でオーストラリアの旅を続ける。
pict-pict-thJEKH46EF地図.jpg



ブリスベーンに2泊した後、 メルボルン → パースと周り帰国した。

pict-DSCN0877メルボルン.jpg
            ☝ メルボルン市内。




pict-DSCN0878パース.jpg
          ☝ パースにて(2006年6月)。


航空券(成田〜ブリスベーン)を購入する時、 一緒に他の空港へのチケットも申し込んだ。

その時1万円アップでプラス2空港に飛べるというサービスを知り、 上記の2都市を選んだ次第。 飛行機はカンタス航空。

                 * *


では、 忘れられない旅の記憶とは何か?

それはジジイが石鹸もタオルもない安ホテルから外に出た時だ。

何気なく遠くを眺めると、 そこにはA家族の泊まる高層コンドーがくっきり見えた。


pict-thOPGC1P0Qコンドー全景.jpg


彼らは地上50数階の部屋で優雅に寝泊まりしている。


昔観た映画の1シーンがジジイの脳裏に浮かんだ。

                   ☟

pict-pict-E5A4A9E59BBDE381A8E59CB0E78D8404-d0f37.jpg
                  ☝ 
この写真だけで作品名を思い出された皆さまは相当な映画通。




そう、 黒澤明監督のこの大ヒット作品。

               ☟



pict-pict-img_0ポスター.jpg     


ゴールドコーストの忘れられない記憶、 それは











 天国と地獄.....とにかくこの世はカネ次第。


チェンマイって ホントいいですね!

  <後記>
その後、 Aの娘夫婦は日本に戻り、 今は2児の親に....
現在、地方都市で共働き、 夫婦円満、 幸せに暮らしております。





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:32| Comment(4) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする