2018年02月21日

独居老人の生活1119(#36チェンマイ百景:車)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1119
                       (#36チェンマイ百景:車)


  発明は恋愛と同じです。 苦しいと思えば苦しい。

  楽しいと思えばこれほど楽しいことはありません。

                                              本田宗一郎


@ 堀をどうするの?

下のお堀はどこにあるか、 ご存知ですよね。

pict-1517365913242皇居の堀.jpg
                  ☝
 そう、 東京は皇居のお堀。 いつも綺麗に見える。
 ここでは中国人もウンコしにくいか、 まだニュースにならず。




ここチェンマイのお堀もこうして見ると美しい。
ここに大小便をする観光客がいるからニュースになる。
                 ☟
pict-DSCN3395.jpg




皇居の堀が空っぽになったことはあるんだろうか?
チェンマイの堀なら......

                    ☟


pict-DSCN3389お堀.jpg
            ☝ 水を汲み上げた堀。




パワーショベルで堀の底を何やら......
この起重機が通りの一車線を塞いでおり、 渋滞をもたらす。

pict-DSCN3394お堀.jpg
           ☝ 何を掘っているのかね?


                 * *


A チェンマイで見かけた車。

昨夜(2月20日)、 見慣れない車が1台走っていた。

                  ☟

pict-DSCN3418クラシックカー.jpg




  カメラを取り出してパチリ。
pict-DSCN3422.jpg




  オオー、 クラシックカーなの?
pict-DSCN3424.jpg




ナイトマーケット、 スリウォンホテルの前、 カッコいいねえ。
バイクに乗ってて、 こんなのにぶつけちゃあ大変だわ。

pict-DSCN3425クラシックカー.jpg


                 * *


B タイのツクツク。

皆さまよくご存じ、 これがチェンマイを走るタクシー。
ツクツクと呼んでいる。  料金は交渉次第。

pict-チェンマイのツクツク.jpg




ツクツクの問題は排気ガスや騒音をまき散らすこと。
チェンマイDown Townでは、 マスクをした人を結構見かける。

で、 エコを重視、 CO2削減、 静かに走るツクツクが6年ほど前から研究されている。

それがLEV=小型電気自動車プロジェクト。

タイではチュラロンコン大学とバンコク大学の教師・学生の連携で、 電気ツクツクの開発に取り組んだ。


電気自動車の課題は走行距離とバッテリー(蓄電池)。
走行距離なら素材はリチウムがベスト、 しかし非常に高価。

そこで注目されたのが鉛バッテリーの採用だとか。
鉛になると走行距離は縮まるが価格は大幅に安くなる。


そんなツクツクが実現したのだろうか?
最近、 チェンマイに新しい機種が登場、 電気ツクツクである。

ジジイの友人が一昨日(19日)、 実際に乗車した。
それがこのツクツク。

pict-1519102720312.jpg




間違いなく電気で走り音も静か、 速度も申し分ない。

pict-1519102722455電気ツクツク.jpg




料金は、普通(燃料はLNG=液体天然ガス)のツクツクと同レベル
だったという。

pict-1519102727170.jpg


バイクで走行中に信号で停車する。
ツクツクの真後ろに止まったら堪ったもんじゃない。

排気ガスをモロに吸い込むことになる。
もっと普及し、 チェンマイが全部電気ツクツクになって欲しい。

エコ重視のジジイは日本人、 もし見かけたら乗ってみたいと思う。
皆さまも是非どうぞ!

見分け方は、 屋根の上に 「E-TAXI」 と出ているから簡単。


そうそう、 韓国人の方にはお奨めのツクツクがある。
韓国人は全部、 これに乗って欲しい。


                  ☟





                  ☟






pict-pict-チェンマイのツクツク旭日旗.jpg





タイのツクツク、 全部これに....なぁーれ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:55| Comment(8) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする