2018年02月14日

独居老人の生活1113(ランパーン遠足の1日)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1113
                        (ランパーン遠足の1日)


  老後一日も楽しまずして空しく過ごすはおしむべし

  老後の一日、 千金にあたるべし
                                             貝原益軒


昨日(2月13日)は終日、 遠足を楽しんだ。
朝10時、 ジジイ宅を出た車は国道11号線を走り、 一路ランパーンへと向かう。

遠足のメンバーは総勢4人、 毎日暇を持て余す爺さんばかり。
下戸のAさん(独身)さんが車を提供、 運転手まで務めてくれる。

あとの3人はただ車に乗り、 連れてって貰うだけの大名遠足だ。


1時間ちょっと走って休憩、 国道沿いのカフェに入る。

pict-P_20180213_112617.jpg




ここでホットコーヒー・アメリカーノ(25B)を飲む。
店員さんが愛想よく、 「美味しいですか?」 と日本語で応対。

こんな田舎で日本語を聞くと心が和む。

pict-P_20180213_112633.jpg




頻尿の爺さんたちはここで出すものを出し、 いざ出発。
最初に向かった先は、 この日の目的地の1つでここ。

                  ☟

pict-P_20180213_115024.jpg

                  ☝
ランパーン市内にある大判焼きの店。
 (地図はココ、   Street Viewはココをクリック)

暖簾には日本語で 「大判焼き」 と書いてある。



  ジジイはこれを今川焼と言っている。
pict-P_20180213_114804.jpg




  中身はアンコなど。
pict-P_20180213_115144.jpg




看板娘がまたお綺麗な方。
棺桶に入りかけの爺さんにも嫌な顔をせず、 笑顔を見せる。

大判焼きもいいが、 こっちの虜になりそう。
隣の男性は亭主じゃないそうな。
pict-P_20180213_115357.jpg




8個入りで50バーツ、 1個食べたが美味しかった。
pict-P_20180213_120156.jpg


                * *


大判焼きを買い、 1つの目的を果たした一行はランチに....
向かった先はWang River沿いにある 「リバーサイド」。
                     (地図はココをクリック)

pict-P_20180213_122711.jpg




空けたビールが大瓶7本(85B/本)。
のん兵衛のBさんとジジイが各3本飲んで喉を潤す。
pict-P_20180213_135423ランチ.jpg




  ジジイが注文、 ポークリブのシチュー(150B)
pict-P_20180213_124419.jpg




  友人は海鮮サラダ:150B。
pict-P_20180213_124409.jpg




  パッポン海鮮カレー:120B.
pict-P_20180213_124442.jpg


真昼間から遠足の宴会、 酔っ払って気炎を上げる。
気が付いたら、 客は我々だけになっていた。


                   * *


食欲を満たしたあとは寺院巡りだ。
先ずはランパーンの名所、 ワット・プラケオ・ドーンタオへ....
                 (地図はココをクリック)     
pict-P_20180213_152624.jpg



pict-P_20180213_152019.jpg



pict-P_20180213_153352.jpg


解説は省略、 興味ある方は旅ガイドのココをクリック。



この後ランパーンではもう1ヵ所、 寺院を見学。
但し、 ジジイは車内で爆睡、 何処に寄ったかは不明。


                 * *


ランパーンを後にして、 お次はランプーンへ。
ジジイは過去何度も訪れたここ、 ワット・ハリプンチャイに到着。
                       (地図はココをクリック)
pict-P_20180213_173142.jpg



pict-P_20180213_173507.jpg



pict-P_20180213_173423.jpg




沙羅双樹、 釈迦入滅を思わせるような仏像。
ジジイはこれが何だか知りません。
pict-P_20180213_173719.jpg




ワット・ハリプンチャイの西側外には屋根付きの橋がある。
中には各種店舗があり、 ちょっとした市場の感じ。
pict-P_20180213_174723.jpg


ワット・ハリプンチャイの解説も省略。
詳しくは 「タイ・スマイル」で、 ココをクリック。


                 * *


夜の帳(とばり)が下りる頃、 爺さん一行は家路へと向かう。
ここでランプーン街道沿いに住む友人Tさん(64)を慰問しようと
ジジイが提案。

辺鄙な田舎で恋人もなく、 それこそ寂しく暮らすTさんだ。
我々の来訪を国賓の如く歓迎してくれた。

   Tさん宅(借家:5千B/月)
轟自宅.jpg



夕食用に冷蔵庫に冷やしてあったBeer3本を出してくださる。
自分は近所へまた冷えたビールを買いに行くからと.....

pict-P_20180213_190309轟宅.jpg




そしてTさんが自宅で作った燻製ポークをツマミにして・・・
独身のTさんの自慢は料理だ。

しかし残念なことは、 振る舞ってあげる恋人がいないこと。

pict-1518553004028.jpg




  ビールにぴったりの燻製。
pict-1518553111573.jpg



手ぶらで訪れた我々一行。 
すると顔はデカいが心はやさしいBさんが気を利かす。

一行を代表し、 ランパーンの大判焼き1箱を差し出してくれた。

で、 ジジイが燻製ポーク1ブロックをお土産に貰い、 寂しそうに
見送るTさんに別れを告げる。

Tさん宅訪問の目的は、 実はジジイがこのポークを貰うため。



チェンマイに到着、 夕食は和食店 「憩」 で....またビール。


斯(か)くして、 爺さんたちの遠足は無事終了。










 ただ飲みに行った感じ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:21| Comment(4) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする