2018年02月08日

独居老人の生活1108(わたしを札幌、連れてって!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1108
                      (わたしを札幌、連れてって!)


    悲しめる心よ、
    落ち着いて悔ゆるのをやめよ。

    雪の後ろには太陽が照っている

                        ヘンリー・ワズワース・ロングフェロー (アメリカの詩人)


札幌では今、 雪まつりが開催されている。
2月6日から12日(月・祝) まで、 開場は24時間というから深夜でも見物できる。

夜はライトアップされ、 さぞかし美しい造形物が見られるだろう。
ジジイは1度も見たことがない。


pict-札幌雪祭り2.jpg


そもそも寒い冬の札幌に、 何を好んで行かなきゃならないのか。
寒さの中でブルブル震えての祭りなど、 端(はな)から御免だ。


しかし近年では日本国内のみならず、海外からも多くの観光客が訪れる程の人気。
2017年の来場者数は期間中約260万人を超えたという。

世の中には物珍しさを求める人が多いということか。

寒さと雪を求め、 タイ人は遥々北海道を旅するから面白い。

                * *

ジジイのチェンマイの友人Xさん(日本人、72歳)は、 札幌雪祭り
を見るために、 わざわざ北海道まで足を運ぶ。

理由は20年来のタイ人の恋人にせがまれて.....

 「わたしを札幌  連れてって!」

ジジイなら、 こんな恐ろしい要求は突っぱねる。
だが、 Xさんはからっきしオンナに弱い。

「よっしゃ!」 とばかりに1月末、 チェンマイを飛び立った。

おそらく今頃肺炎で入院しているか、 凍死してるだろう。

ちなみに札幌で泊まるホテル代は3万円/泊。
雪祭り開催時は特別料金、 高いんだとか。


               * *


その点で、 同じく友人Yさん(73歳)は利口である。
42歳年下のタイ人奥さん(31歳)にせがまれた。

 「札幌雪祭り、 見たいわ!」

暖かいチェンマイでゴルフ三昧が天国のYさんだ。
極寒の北海道など行きたくもない、 で、こう言った。

「俺は留守番、 キミとお母さんで行ってらっしゃい」

この言葉にタイ人母娘は、 北海道4日の旅へと心が弾む。
弾んだのは母娘の心だけじゃない。

カネが弾(はじ)き飛ぶ。
ツアー費用が何と7万バーツ/人、 2人で14万B(約50万円)が吹っ飛んだ。

タイから日本への団体ツアー(4泊程度)、 普通なら3〜4万B/人とか。 (航空賃、 ホテル代など)

それが札幌雪祭りとなれば2倍に跳ね上がる。
加えて札幌での小遣いも必要になろう。

しかしYさんと奥さんの2人旅でも出費は同じ。

だったら俺はチェンマイでゴルフを.....
鬼の居ぬ間にスケベ心、 あのキャディーを口説こうか.....

だが奥さんは、 Yさんがどこにいようとも、 ほぼ1時間置きに
電話をかけてくるそうな。

北海道から頻繁な電話連絡があるだろう。

「雪祭り、ステキよ、 貴方は今なにしてるの?」


                 * *


チェンマイに住むZさん(65歳) は2月下旬に1週間、北海道旅行の予定。

タイ人の奥さん(31歳)からせがまれて.....

 「わたし雪が見たいの、 連れてって!」

長年の遠距離恋愛が実を結んだZさんだ。
愛しい若妻のおねだりを無下にするわけがない。

で、札幌、 小樽などを旅し、 函館から船で青森に渡る。
「トンネルで青森に移動なんて情緒がないからね」 とZさん。


ジジイには容易に想像できる。
青函フェリーは寒風吹く中、 津軽海峡をまっしぐら。

雪は容赦なく降り続く....雪の舞う大海原。
しかしタイ人にはこれが幻想的光景...この世のものとは思えない。

奥さんはデッキに出て、 夢の世界に佇み涙して感激。

 「雪、とても綺麗よ、 あなたも一緒に.....」

寒風、雪の降りしきる中、 Zさんはデッキで3時間震え上がる。


pict-Inkedpict-青函フェリー2_LI.jpg
          ☝ 吹雪の中を走る青函フェリー。


65歳のZさんが再びチェンマイの地を踏むことはないだろう。
Zさんは夢の天国に、 そして若妻は早々と未亡人に.....


                * *


タイ人の恋人や奥さんに雪をたっぷり見せたいのなら、 なにも
札幌でなくてもいい。

関空から近くて便利、 そう福井で十分。
現在37年ぶりの豪雪(積雪138cmを記録)、 最高の雪見頃だ。


pict-福井市で130cmを超す大雪.jpg
                   ☝
      JR福井駅前の名物、 恐竜も雪に覆われて......

福井市内の学校は豪雪のため、 1週間の休校となっている。


福井では戦後、 3度の豪雪を記録。
1962年(昭和37年) と1981年(昭和56年)、 そして2018年。

下は昭和37豪雪、 福井市内・仁愛女子高校。
女子高生が駆り出されて校内の雪掻きに励む。
                ☟
   pict-仁愛高校除雪作業_38豪雪.jpg


こんな絶好のチャンスは滅多にない。
皆さまのタイ人奥さまが雪に埋もれて感涙にむせぶ。

雪ダルマ、 雪合戦、 道路の雪掻き、 屋根の雪下ろし。
全部が1日で体験できる贅沢なツアーだ。

まだあるぞ、 ドライブ中、 道路で車が立ち往生。

ロマンチックな雪景色の中、 彼女と2人だけ...1日車内で過ごす感動の旅。

                 ☟

pict-国道8号 立往生3.jpg
                  ☝
     こういう時は1日、 大小便は我慢してください。



雪がない、 暖かい、










チェンマイって ホントいいですね!

  <後記>
福井関係者の皆さま、 豪雪のお見舞い申し上げます。
タイ人にとっては豪雪は夢物語、 憧れなのです。

豪雪に難儀する福井の皆さまを茶化す気などございません。
決してご立腹なさらぬよう、 よろしくお願いします。




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:44| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする