2018年02月14日

独居老人の生活1113(ランパーン遠足の1日)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1113
                        (ランパーン遠足の1日)


  老後一日も楽しまずして空しく過ごすはおしむべし

  老後の一日、 千金にあたるべし
                                             貝原益軒


昨日(2月13日)は終日、 遠足を楽しんだ。
朝10時、 ジジイ宅を出た車は国道11号線を走り、 一路ランパーンへと向かう。

遠足のメンバーは総勢4人、 毎日暇を持て余す爺さんばかり。
下戸のAさん(独身)さんが車を提供、 運転手まで務めてくれる。

あとの3人はただ車に乗り、 連れてって貰うだけの大名遠足だ。


1時間ちょっと走って休憩、 国道沿いのカフェに入る。

pict-P_20180213_112617.jpg




ここでホットコーヒー・アメリカーノ(25B)を飲む。
店員さんが愛想よく、 「美味しいですか?」 と日本語で応対。

こんな田舎で日本語を聞くと心が和む。

pict-P_20180213_112633.jpg




頻尿の爺さんたちはここで出すものを出し、 いざ出発。
最初に向かった先は、 この日の目的地の1つでここ。

                  ☟

pict-P_20180213_115024.jpg

                  ☝
ランパーン市内にある大判焼きの店。
 (地図はココ、   Street Viewはココをクリック)

暖簾には日本語で 「大判焼き」 と書いてある。



  ジジイはこれを今川焼と言っている。
pict-P_20180213_114804.jpg




  中身はアンコなど。
pict-P_20180213_115144.jpg




看板娘がまたお綺麗な方。
棺桶に入りかけの爺さんにも嫌な顔をせず、 笑顔を見せる。

大判焼きもいいが、 こっちの虜になりそう。
隣の男性は亭主じゃないそうな。
pict-P_20180213_115357.jpg




8個入りで50バーツ、 1個食べたが美味しかった。
pict-P_20180213_120156.jpg


                * *


大判焼きを買い、 1つの目的を果たした一行はランチに....
向かった先はWang River沿いにある 「リバーサイド」。
                     (地図はココをクリック)

pict-P_20180213_122711.jpg




空けたビールが大瓶7本(85B/本)。
のん兵衛のBさんとジジイが各3本飲んで喉を潤す。
pict-P_20180213_135423ランチ.jpg




  ジジイが注文、 ポークリブのシチュー(150B)
pict-P_20180213_124419.jpg




  友人は海鮮サラダ:150B。
pict-P_20180213_124409.jpg




  パッポン海鮮カレー:120B.
pict-P_20180213_124442.jpg


真昼間から遠足の宴会、 酔っ払って気炎を上げる。
気が付いたら、 客は我々だけになっていた。


                   * *


食欲を満たしたあとは寺院巡りだ。
先ずはランパーンの名所、 ワット・プラケオ・ドーンタオへ....
                 (地図はココをクリック)     
pict-P_20180213_152624.jpg



pict-P_20180213_152019.jpg



pict-P_20180213_153352.jpg


解説は省略、 興味ある方は旅ガイドのココをクリック。



この後ランパーンではもう1ヵ所、 寺院を見学。
但し、 ジジイは車内で爆睡、 何処に寄ったかは不明。


                 * *


ランパーンを後にして、 お次はランプーンへ。
ジジイは過去何度も訪れたここ、 ワット・ハリプンチャイに到着。
                       (地図はココをクリック)
pict-P_20180213_173142.jpg



pict-P_20180213_173507.jpg



pict-P_20180213_173423.jpg




沙羅双樹、 釈迦入滅を思わせるような仏像。
ジジイはこれが何だか知りません。
pict-P_20180213_173719.jpg




ワット・ハリプンチャイの西側外には屋根付きの橋がある。
中には各種店舗があり、 ちょっとした市場の感じ。
pict-P_20180213_174723.jpg


ワット・ハリプンチャイの解説も省略。
詳しくは 「タイ・スマイル」で、 ココをクリック。


                 * *


夜の帳(とばり)が下りる頃、 爺さん一行は家路へと向かう。
ここでランプーン街道沿いに住む友人Tさん(64)を慰問しようと
ジジイが提案。

辺鄙な田舎で恋人もなく、 それこそ寂しく暮らすTさんだ。
我々の来訪を国賓の如く歓迎してくれた。

   Tさん宅(借家:5千B/月)
轟自宅.jpg



夕食用に冷蔵庫に冷やしてあったBeer3本を出してくださる。
自分は近所へまた冷えたビールを買いに行くからと.....

pict-P_20180213_190309轟宅.jpg




そしてTさんが自宅で作った燻製ポークをツマミにして・・・
独身のTさんの自慢は料理だ。

しかし残念なことは、 振る舞ってあげる恋人がいないこと。

pict-1518553004028.jpg




  ビールにぴったりの燻製。
pict-1518553111573.jpg



手ぶらで訪れた我々一行。 
すると顔はデカいが心はやさしいBさんが気を利かす。

一行を代表し、 ランパーンの大判焼き1箱を差し出してくれた。

で、 ジジイが燻製ポーク1ブロックをお土産に貰い、 寂しそうに
見送るTさんに別れを告げる。

Tさん宅訪問の目的は、 実はジジイがこのポークを貰うため。



チェンマイに到着、 夕食は和食店 「憩」 で....またビール。


斯(か)くして、 爺さんたちの遠足は無事終了。










 ただ飲みに行った感じ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:21| Comment(4) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

独居老人の生活1112(CMU Book Fair)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1112(CMU Book Fair)


   人間は死ぬまでにいくら年を取っていても、

   死の前日でも、 いつでも生き直すことができる。

                                           曽野綾子 (作家)


@ スマホでレンタル自転車。

中国ではとっくに人気のレンタル自転車。
スマホでスキャンするだけで借りられるという便利なもの。

これと同じシステムのレンタ自転車がチェンマイにもお目見えした。

pict-DSCN3364.jpg
       ☝ チェンマイ・サンティタム界隈で見かける。




先ずアプリをダウンロードし事前登録する。
あとは広場や道端に停まっている自転車を借りるだけ。

pict-DSCN3361.jpg
         ☝ サンティタムのとあるアパートにて....




自転車にはQRコードが付いていて、スマホでスキャンすれば、 自動的にリモートでガチャっと鍵が開き、そのまま乗ることができる。

pict-DSCN3363.jpg



驚くのは、 公共の道路上であれば、 どこにでも乗り捨て可能。
放置自転車問題などチェンマイにはない。

目的地についたら邪魔にならないところに停めて、 鍵を閉めればそれでOK。
利用時間に応じて料金がアプリ上で引き落とされる。

pict-DSCN3362.jpg


空きのレンタ自転車は何処にある?
どうやって場所を探すのか。

これはアプリの地図を開ければ、 空き自転車の位置が一目瞭然。
ウーバー(スマホ白タク)に似た感じ。

自転車にはGPSが付いており、 それで管理されている。
で、 運営会社は適宜空き自転車を収集して回るそうな。

さて料金は、 30分で10バーツとのこと。
例えばレストランまで20分走り、 そこで一旦レンタル終了。

食事して2時間後、 まだそこに自転車があれば、 再度乗って帰れば合計20バーツで済む勘定。


残念ながらジジイは実際に利用したことがなく、 今回は情報だけということで.....


                  * *


A チェンマイ大学Book Fair開催中。

期間:2月12日〜20日、 9時〜20時。
場所:チェンマイ大学コンベンションセンター(ココをクリック)。

Book Fairは今回で24回目、 期間中は割引価格になる由。

てなことでジジイは昨日(12日)、 早速会場を覗いてみた。
今日は写真でFairの雰囲気をお楽しみください。

                * *


  入場ゲート。
pict-P_20180212_135115入場ゲート.jpg




  会場内。
pict-P_20180212_133659.jpg




  これはコミックス誌かな?
pict-P_20180212_133802.jpg




 これなら分かる、 旅行ガイドブック。
pict-P_20180212_133523.jpg
   ☝ 左端上の赤と下の青い表紙には 「JAPAN」 の文字。




 タクシンとインラックが書かれた本のようだ。
pict-P_20180212_133924.jpg




「あなたが探していた愛は、 きっとここにある」
「恋は、 本屋さんに売っている」

ハーレクインのロマンス小説に感じが似ている。

                  ☟

pict-P_20180212_133953.jpg




  アニメのマンガ本かな。
pict-P_20180212_134108.jpg
               ☝ 
   「Your Name」 の書名は日本の 「君の名は」 かも。




書籍ばかりじゃない。
会場内には色んな屋台が出ている。

  食欲が出そうにない寿司。
pict-P_20180212_133537寿司.jpg




  建物の外にも食べ物の屋台が・・・
pict-P_20180212_134751.jpg




女子大生が食べてます。
お近づきになりたい方は、 ブックフェアへ行きましょう。
                    ☟
pict-P_20180212_134744.jpg





  ジジイはアイスクリームを・・・
pict-P_20180212_134521アイスクリーム.jpg




   1スクープ:30バーツ。
pict-P_20180212_134541.jpg
          ☝ 一言、 美味しかったです。




ここはプラスチックの組み立てモデルなど。
ほとんど中国製、 日本のタミヤは高級すぎるか。
pict-P_20180212_135925組み立て模型.jpg
                 ☝
     左のソーラーロボットは170バーツ。
     右側の小さな箱は 「レゴブロック」 で60バーツ。




  ここの売り子の女性が愛想よく可愛い。
pict-P_20180212_135939.jpg




で、 ジジイはこのミッキーマウスを60Bで購入。

pict-P_20180212_193540.jpg
          ☝ 小さなレゴの数は230個。



こんなモノ買って......どうするって?

勿論組み立てて....


死ぬ前に生き直すのです。










 ボケ防止。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:51| Comment(0) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

独居老人の生活1111(#35チェンマイ百景:思いがけなく...)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1111(#35チェンマイ百景)


    光の中を一人で歩むよりも、

    闇の中を友人と共に歩むほうが良い。
                                              ヘレン・ケラー


@ しとしとピッチャン、しとピッチャン。

今日2月11日は日曜日。
チェンマイではマラソン大会が開催された。

ジジイは朝7時15分頃、 お堀端で見物、 スタートがもっと早い時間だったのか、 長い列にバラけて各選手は必死に走る。


pict-P_20180211_070217.jpg




と、 この走者は何やら押しながら走っている。

pict-P_20180211_070108.jpg




  瞬く間に走り去る女性ランナー。
pict-P_20180211_070111.jpg




一体なにを押しながら走っているのか。  何だろう?

pict-P_20180211_065936マラソン.jpg





荷車の中に子供がいるようだ。

pict-P_20180211_065938.jpg





ベビーカーに乗った子供は迷惑そうな顔。
そりゃあ嫌になるわなあ、 朝っぱらから寒い中ガタガタ道を....

pict-P_20180211_070105.jpg
             ☝
 子連れ狼ならぬ子連れランナー、 そこまでしてでも走りたい。
 頑張れ、 ファラン(白人)のお母さん!


                  * *


A チェンマイ・ニューモードの帽子。

道路でたまたま見かけた珍しい帽子、 日除けに抜群の効果。
日傘代わりになり、 これなら安く手に入るだろう。

デザインがとにかくユニーク、 日焼けを気にする人にはピッタリ。
そのうちチェンマイで流行するかもしれない。

ではその帽子を見て戴きましょう。


                 ☟



                 ☟



pict-P_20180210_125957.jpg




このように両手を使って作業ができる、 日傘じゃ無理。

pict-P_20180210_130031.jpg




オッサンに、 「Facebookに出すよ」 と言ったらポーズ。
笑顔がカッコいいね!
pict-P_20180210_12593ダンボール帽子6.jpg
    ☝ 色を塗ってオシャレにすれば、 ビーチでも歩けそう。


                 * *


A 間もなくバレンタインデー。

「Central Kad Suan Kaew」 の正門広場は現在 、露店とライブが楽しめる。 (場所はココをクリック)

バレンタインデーの2月14日まで毎晩営業。



露店は串焼き、タコ焼き、 イカ焼きなど色々ある。
価格は10バーツから。
pict-DSCN3351.jpg




  ジジイが初めて見る食べ物、 何だろう?
pict-DSCN3353.jpg



  はし巻きって何でしょうか?  初耳。
pict-DSCN3354.jpg




ビールはコップが50B、 ピッチャーが150B。
コップでも量が多く、 飲みごたえあり。
pict-DSCN3359.jpg




  ライブはポップス、 歌手もバンドも中々の実力。
pict-DSCN3349.jpg




 テーブルで食べながら飲む、 安くてライブ いい気分!
pict-DSCN3357.jpg


ジジイがここに行ったのは昨日(10日)の夜。
軽くビールを飲んだ後の夕飯は 「アイ寿司」 へ....


                  * *


C 寿司屋でビックリ。

Centralから西へ200mほどの並びにあるのが 「アイ寿司」。
  (場所はココをクリック)

ジジイのこの夜の連れは 「グルメ同好会」 のノア嬢。
Centralから歩いてアイ寿司に入ったのが8時前。

ジジイは握り200Bとムール貝99B、 ノア嬢はサーモンサラダ150Bを注文。  ビール大瓶:80B。

pict-P_20180210_204854AI寿司.jpg
       ☝ スミマセン、 ほぼ食べた後の写真で...



ノア嬢と2人でムードたっぷり(嘘)に食べていたら、 突然、
爺さんが席にやって来て、 ビールを片手に 「一杯どうぞ!」。

ド助平の日野さん(仮名、69歳)だった。
ジジイは驚いたの何の.....

柱の陰で見えなかったが、 我々の隣席で食事中だった。
黙って我々2人を観察、 頃合いを見計らって現れたのだ。

「彼女(恋人)と一緒?」 とジジイが訊く。
日野さんは、 9年越しの恋人(28)といつも一緒。

  こんな感じで・・・
pict-DSCN3136エムちゃん.jpg


「彼女はさっき帰ったばかり。 ここは今東京からタイに来て
 いる友人と一緒.......独居さんも隅に置けないねえ」


pict-P_20180210_204908.jpg


日野さんは、 ジジイの女性同伴を見るのは初めてのこと。
だからかニヤニヤしている。


勘違いされたら困る、 ただのグルメの会だ。

ジジイも困惑、 且つ反省するばかり。










もうちょっと美人を連れて来るんだった。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:52| Comment(8) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする