2018年02月21日

独居老人の生活1119(#36チェンマイ百景:車)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1119
                       (#36チェンマイ百景:車)


  発明は恋愛と同じです。 苦しいと思えば苦しい。

  楽しいと思えばこれほど楽しいことはありません。

                                              本田宗一郎


@ 堀をどうするの?

下のお堀はどこにあるか、 ご存知ですよね。

pict-1517365913242皇居の堀.jpg
                  ☝
 そう、 東京は皇居のお堀。 いつも綺麗に見える。
 ここでは中国人もウンコしにくいか、 まだニュースにならず。




ここチェンマイのお堀もこうして見ると美しい。
ここに大小便をする観光客がいるからニュースになる。
                 ☟
pict-DSCN3395.jpg




皇居の堀が空っぽになったことはあるんだろうか?
チェンマイの堀なら......

                    ☟


pict-DSCN3389お堀.jpg
            ☝ 水を汲み上げた堀。




パワーショベルで堀の底を何やら......
この起重機が通りの一車線を塞いでおり、 渋滞をもたらす。

pict-DSCN3394お堀.jpg
           ☝ 何を掘っているのかね?


                 * *


A チェンマイで見かけた車。

昨夜(2月20日)、 見慣れない車が1台走っていた。

                  ☟

pict-DSCN3418クラシックカー.jpg




  カメラを取り出してパチリ。
pict-DSCN3422.jpg




  オオー、 クラシックカーなの?
pict-DSCN3424.jpg




ナイトマーケット、 スリウォンホテルの前、 カッコいいねえ。
バイクに乗ってて、 こんなのにぶつけちゃあ大変だわ。

pict-DSCN3425クラシックカー.jpg


                 * *


B タイのツクツク。

皆さまよくご存じ、 これがチェンマイを走るタクシー。
ツクツクと呼んでいる。  料金は交渉次第。

pict-チェンマイのツクツク.jpg




ツクツクの問題は排気ガスや騒音をまき散らすこと。
チェンマイDown Townでは、 マスクをした人を結構見かける。

で、 エコを重視、 CO2削減、 静かに走るツクツクが6年ほど前から研究されている。

それがLEV=小型電気自動車プロジェクト。

タイではチュラロンコン大学とバンコク大学の教師・学生の連携で、 電気ツクツクの開発に取り組んだ。


電気自動車の課題は走行距離とバッテリー(蓄電池)。
走行距離なら素材はリチウムがベスト、 しかし非常に高価。

そこで注目されたのが鉛バッテリーの採用だとか。
鉛になると走行距離は縮まるが価格は大幅に安くなる。


そんなツクツクが実現したのだろうか?
最近、 チェンマイに新しい機種が登場、 電気ツクツクである。

ジジイの友人が一昨日(19日)、 実際に乗車した。
それがこのツクツク。

pict-1519102720312.jpg




間違いなく電気で走り音も静か、 速度も申し分ない。

pict-1519102722455電気ツクツク.jpg




料金は、普通(燃料はLNG=液体天然ガス)のツクツクと同レベル
だったという。

pict-1519102727170.jpg


バイクで走行中に信号で停車する。
ツクツクの真後ろに止まったら堪ったもんじゃない。

排気ガスをモロに吸い込むことになる。
もっと普及し、 チェンマイが全部電気ツクツクになって欲しい。

エコ重視のジジイは日本人、 もし見かけたら乗ってみたいと思う。
皆さまも是非どうぞ!

見分け方は、 屋根の上に 「E-TAXI」 と出ているから簡単。


そうそう、 韓国人の方にはお奨めのツクツクがある。
韓国人は全部、 これに乗って欲しい。


                  ☟





                  ☟






pict-pict-チェンマイのツクツク旭日旗.jpg





タイのツクツク、 全部これに....なぁーれ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:55| Comment(8) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

独居老人の生活1118(#24忘れられない旅の思い出:娘の結婚式・前編)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1118
        (#24忘れられない旅の思い出:娘の結婚式・前編)


 人は自分の子供に対してほとんど影響力を持っていない。

 人間の性格は生得のもので、 我々にはどうしようもない。

                                アンドレ・モーロワ(フランスの作家)


絵にも書けないような美しい風景を眺めて、
「ああ〜素晴らしい!」 と、 感動する。

でも生涯残る旅の記憶は、 思いがけない出来事にあると思う。

独居老人の 「忘れがたい旅の思い出・Top‐10」 をシリーズで
お届けしております。
本日はその番外編‐34(Top‐34)です。 
           


ジジイが初めてオーストラリアの地を踏んだのは2006年6月15日で61歳の時。

それもひょんなことから旅することになる。


ジジイの高校時代からの親友A(現在72歳)は大の飛行機嫌い。
当然、 1度も乗ったことがない。

ところがAの娘がオーストラリアで結婚式を挙げるという。
Aはその結婚にも反対しており、 オレは出席しないと強い態度。

娘が既に孕んでおり、 それだけでも不機嫌。
おまけに大嫌いな飛行機に乗らなきゃならない。


ジジイと飲めば、 出るは愚痴ばかり。
結局、 奥さんに説得され渋々飛ぶことになった。

「オレは病気になって入院したいよ」 としきりにこぼす。

で、ジジイが言う。

 「俺は1度も行ったことがないんだ。
  いい機会だ、 一緒にオーストラリアに行こうぜ」

              * *

出発日(夜行便)、 A家族と成田空港で待ち合わせ。
現れたAは既に酔っていた。

「酔わなきゃ怖くて乗れないよ、 付き合え、 おまえも飲め」

で、 搭乗前に先ずビールで乾杯。

Aは機内でもずっとウイスキー飲んでいた。
ジジイもウイスキーを飲み、 その内酔いが回って爆睡。

Aはウトウトしかできなかったという。

               * *

飛行機は翌朝、 目的地ブリスベーンに到着。


pict-pict-thJEKH46EF地図.jpg


娘の婿さんは日本人、 共にワーキング・ホリデーで現地暮らし。
ここブリスベーンで2人は知り合い → 妊娠 → 結婚に....

A家族は娘夫婦の迎えの車に乗り、 宿泊先のゴールドコーストへ。 このあと彼らはゴルフに行くという。

Aと別れたジジイは電車に乗り、 同じくゴールドコーストに移動。

乗車中に尿意を催し、 仕方なく途中下車。
辺鄙な駅で、 30分ほど次の電車を待った記憶がある。


ゴールドコースト到着、 予約のホテルにチェックイン。
サーファーズパラダイスにある高級ホテルだ。

pict-thDRXLQ142サファーズパラダイス.jpg
           ☝ サーファーズパラダイス。


2万円/泊近い料金だったが、 初めての街でのホテル探しは面倒、
日本で予約しておいた。

風呂に入り → 早めのランチでビール → 昼寝。

夕食はA家族と一緒に...奥さんが手料理を振る舞ってくれた。
Aが食べられるのは和食だけ、 他は食えないという。

奥さんが日本から持ち込んだ食材を入国係官が見つけ、 10分ほどすったもんだしたが、 今では笑い話。

しかしオーストラリアは検疫が厳しいので要注意。
日本の米だって見つかればストップがかかる。

                * *

A家族が泊まる高級コンドーは寝室3部屋、 リビング、 バス・トイレが2つ、 大きなキッチン付きなのだ。

ジジイのホテルから徒歩5分ほどの近い距離。

pict-thOPGC1P0Qコンドー全景.jpg
 ☝ A家族は高層の部屋、 見晴らし抜群。


ここにA夫婦、 娘夫婦、 Aの長男の5人で利用。
ブリスベーンに住む娘が予約しておいた。

1泊6万円近いが、 6人で泊まれば1人1万円。
カネは全て親の支払いだ。

娘はかって東京の一流ホテルに勤務、 カネに糸目をつけないとあらば、 ホテル探しはお手の物。


pict-pict-DSCN0900コンドーの部屋.jpg
 ☝ ジジイ(61歳)とAの奥さん(56)、 コンドーの台所で...


               * *


挙式は翌々日、 1日暇があるということで、 Aは 「乗馬に行こう」 と誘う。

で、翌朝、 A家族(婿さん含む5人)とジジイは迎えのミニバスに乗って乗馬観光へと出かける。

料金はランチ込みで、 確か12,000円/人だったと思う。


乗馬場の経営は日本人のオヤジ。
そのオヤジの指導で、 先ず馬の乗り方を教わる。

 そしていよいよお馬に乗ってお散歩。
pict-DSCN0903乗馬.jpg
          ☝ 左端がジジイ。


ジジイはかってケンタッキー(米国)暮らしの時、 何度も乗馬を楽しんだ。

ジジイが1人、 草原を疾走するほどに上達。
ゴールドコーストでの乗馬は安全第一で、 ジジイにとっては物足りない。

それ以上に退屈したであろう...婿さんだ。
彼のオーストラリアでの仕事は牧場の馬丁兼調教助手で、 度々
馬にも乗っている。

それでもそんな経験はおくびにも出さず、 黙って指導を受け、 言われるままに乗っていた。

この婿さんの態度にジジイは感心、 敬意を払う。
収入は少ないが、 人柄のいい青年ではないか。


両親は共に娘の結婚に反対、 収入だの学歴だのと....

「こんな素晴らしい青年はいないぞ」 とジジイは褒める。

  「冗談じゃない、 娘を孕ませやがって!」

「お前の娘が股を開いたからだよ」 とジジイ。

「そもそもお前ら親の教育が悪い。
 子供の時からお金が一番大切だと教えておかなかったからだ」

年寄りはこんな話で侃々諤々の議論。

これがオーストラリア、 ゴールドコーストでの思い出。


しかしジジイにとって、 最も忘れられない旅の思い出は.....
この一言。

乗馬を終えて一息入れた時だ。
1頭の馬が我々の目の前で、 ジャージャー長い小便。

これを見たAの奥さんが感嘆の声をあげる。



「馬のおチンチンって、 あんなに大きいのネ!」











 亭主のと比べちゃ...いけませんわ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:14| Comment(4) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

独居老人の生活1117(若い美女がお好き?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1117(若い美女がお好き?)


   僕はいわゆる美人を見ると、
   美しいなんて思つたことはありません。

   ただ欲望を感じるだけです。
                                      三島由紀夫 (作家)


@ 金持ちのスケベ爺さん。

和歌山県田辺市に野崎幸助さん(76歳)という爺さんがいる。
不動産業、 金融業、 梅干し製造などで稼ぐ資産家だ。

イイ女を抱くために金持ちになった...こう豪語するド助平。

一昨年(2016年)2月には、 27歳の愛人に6千万円相当の貴金属を盗まれて話題になった。
野崎さんが留守の時、 女が爺さんの自宅から持ち去ったもの。 


お顔を拝見、 こんな爺ちゃんです。

                ☟

pict-野崎幸助.jpg




で、 盗んだ女は日本とノルウエーのハーフで自称モデル。
銀座の交際クラブ(登録制)で知り合ったという。
                  ☟
pict-宮原真理容疑者.jpg
          ☝ 宮原真理容疑者(当時27歳)

                  * *


助平というのは懲りないのか、 野崎さんは2018年2月8日、 今度は55歳年下の女性と結婚した。 

お相手は都内に住む21歳のモデルで、 主に中国で活動。
身長168pの美女、 野崎さんは田舎っぽい娘は好みじゃない由。

また交際クラブで知り合ったの?  いや今回は違う。
野崎さんが羽田空港でつまづき転倒、 起き上がれなかった時だ。

 「大丈夫ですか?」

そこに手を差し伸べたのが彼女(21歳)だった。
その彼女が野崎さんに口説かれた理由を語る。

「とても優しい方、 私のことを一心に思ってくださるので、
 プロポーズをお受けしました」 と21歳。


ホンマかいな、 だったらこのジジイもOKなの?
チェンマイに来てくれるかな。


野崎さんは76歳だが異常なほど精力絶倫。
毎日3回、 セックスしないと眠れないという。

世の中にはこんな凄い爺さんがいるのだ。
毎日1回という爺さんならチェンマイにもいるが.....

しかし新妻は、 モデルの仕事で月の半分は家を空ける由。
若いカレ氏と会ってんじゃないか...ジジイは疑ってしまう。

来月には豪華挙式が予定されている。
新婚の若奥さま、 ガッパリお金をふんだくってくださいね。

              ☟

                     「週刊Friday」 より
pict-DSCN3387.jpg
      ☝ 田辺市の野崎さん豪邸前で。
        左が55歳下の若奥さま。


                  * *


A 北朝鮮美女応援団の憚りは.....

北から200名もの美女が平昌オリンピックに参上。
一糸乱れぬ華麗なる応援には、 競技よりも話題になるほど。


pict-北朝鮮の「美女応援団」4.jpg
             ☝ カルト教団みたい。




こんな応援団の中に、 なんと金正恩将軍が現れたからビックリ。
いつもはしかめっ面なのにニコニコ笑顔で......


             ☟



pict-北朝鮮の「美女応援団」2.jpg
         ☝ 金正恩将軍のそっくりさんでした。




北朝鮮の美女たちも同じ人間、 やはりトイレには行くのだ。
但し我々とはやり方が異なる.....ナニが?

ちょっとオシッコに....こうはいかないのだ。

                  ☟



                  ☟



                          「週刊Friday」 より
pict-DSCN3386.jpg
                  ☝
   後ろ向きに立っているのが個室の空きを待つ美女。
   ウンコしてたら、 「長いわね」 と文句が出そう。

   便所に行くにも集団、 勝手に個人では行かれない。


                   * *


B チェンマイの運動会。

昨日(2月17日)の朝、 チェンマイ競技場には暗いうちから多くの人出。

それも若い人たちばかり。
となると、 どこで聞きつけるのか屋台が出てくる。

  何だろう?
pict-P_20180217_054948.jpg




   饅頭(蒸しパン)かな?
pict-P_20180217_054920.jpg




  こっちの屋台は?
pict-P_20180217_055020.jpg



pict-P_20180217_055041.jpg




  これにはラチャパット大学と書いてある。
pict-P_20180217_055156.jpg




  新国王が飾られて・・
pict-P_20180217_055122.jpg




  メインスタンドの中央。
pict-P_20180217_063254.jpg




  インターナショナル カッレッジの応援席。
pict-P_20180217_064406.jpg




  メーホーソンからも参加か。
pict-P_20180217_064345.jpg




  早や応援の練習です。
pict-P_20180217_064236.jpg




  人形の顔は誰なんですかね?
pict-P_20180217_064308.jpg



訊いたら大学生の運動会。
女子大生を見ても、 ジジイには中学生くらいにしか思えない。

それだけジジイが年老いたってことか。

これから出動か、 待機する学生たち。
pict-P_20180217_064835.jpg


22歳の娘なら、 ジジイより50歳も年下。

和歌山の野崎さん、 頑張るよなあ〜。
20代の美女ばかりを狙ってる。


そこんとこはジジイも同じ。  違うのは、











 ジジイにはカネがない。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:46| Comment(6) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする