2018年01月25日

独居老人の生活1095(#8老年の主張: 証拠? ねーよそんなもん)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1095
          (#8老年の主張: 証拠?  ねーよそんなもん)


   新聞記者の領分は、
   たかだか政治についてむなしい臆測を働かせ、

   人心のおもむくところについて、
   くだらない当てずっぽをすることにある。

                        ラ・ブリュイエール (17世紀、フランスのモラリスト)


昔はNHK番組の 「青年の主張」、
老いたる今は 「老年の主張」、 浅ましいメディアに物申す。

              * *
 
新聞には時事川柳というのがある。
読者が投稿し、 新聞社側で掲載を決めるのがほとんど。

”読者の声” とかいう意見の投稿掲載も新聞社で決めている。
従って、各新聞社の論調に合う投稿が採用・掲載されるようだ。


新年の時事川柳には永世位の言葉が登場。

これは昨年12月、 将棋の羽生善治が竜王位を奪回し、 史上初の
「永世七冠」の資格を獲得したことに因(ちな)む。

次の川柳は読売新聞掲載のもの。

  ”永世位  狙っていそう  青学大”

  ”書初めに  書いた希望が  元気ない”

  ”機嫌とる  忖度だけが  上手くなり”


これが朝日新聞となるとコロっと変わる。

  ”そのうちに 永世総理と 言いかねず”

  ”ゴルフして  ご馳走食べて  さあ改憲”

ひたすら安倍首相を落とし込みたい魂胆がよく分かる。


この程度ならジジイにもできる。

  ”そのうちに  アカい新聞  死にかねず”

  ”ゴルフして  ご馳走食べて  さあ野党分裂”

  ”今すぐに  売国新聞  潰れてよ”

  ”エッチして  大便出して  さあ捏造”

  ”嘘ついた  二重国籍  さあ蓮舫”

  ”改憲に  反対なのに  なぜ立憲”
    (護憲民主党とすればいい) 

  ”慰安婦の  捏造記事で  国を売る”

  ”記事独占  毛沢東持ち上げ  嘘を書く”

  ”安倍憎し  忖度だけで  モリとカケ”

  ”スクープだ  嘘がバレたら  これ誤報”

  ”サンゴ礁  自分で傷つけ  お説教”

pict-朝日のサンゴ捏造.jpg


自信をもって言える。
こんなのを朝日に投稿しても、 掲載されることは絶対にない。

とにかく新聞社は読者や識者の意見を使い、 自社に都合よく論調を押し立て、 世論を作ろうとする。


                * *


「八重山毎日新聞」 は石垣島に本社がある日刊紙だ。
これが1月12日付のコラムで、 えげつないことを書いている。

「石垣も自衛隊が来れば、自衛隊にまつわる新たな犯罪や
  事故が当然予測される」

pict-八重山毎日新聞」が2018年1月12日.jpg


3月11日は石垣市長選挙の投票日。
加えて秋には県知事選が予定されている。

コラム記事は、 政府による陸上自衛隊配備の是非が争点となるとして、 自衛隊をけなし、 反対運動を盛り上げているのだ。


オイオイ、 それが何で 

「自衛隊が来れば犯罪や事故が当然予測される」 になるのか。

自衛隊は犯罪者集団かよ。
何を根拠に、 何の証拠があってそんな事が言えるのか。

かって自衛隊は ”人殺し集団”、 ”暴力組織” と罵られたが、 これと同じ雰囲気だ。

大地震や台風が石垣島を襲い、 地獄のような被害が出たとしても自衛隊は来るなってことか。


石垣島に大勢の観光客が来ると犯罪が増えるんだな?
新しい工場ができると犯罪や事故が増えるとなぜ書かない?

              * *

陸上自衛隊の駐屯地は、 5方面区・46都道府県に156庁ある。

航空自衛隊の基地は、 全国4防衛区域に73基地。

海上自衛隊の陸上施設は、 全国5警備区に43。


これらの市町村で、 自衛隊員による犯罪や事故がどれだけ増えたのか、 新聞に書くなら調べて証拠(エビデンス)を示せ。

中部地方を例にとれば、 至る所に自衛隊施設があり、 そこで
大勢の隊員や家族が生活している。


pict-自衛隊 日本全図 (中部地方).jpg


自衛隊がいるというだけで、どんだけ犯罪発生率が上がったの?
新聞というのは証拠も示さず、 憶測で書いて不安を煽る。


ちなみに八重山毎日新聞は陸自配備計画に反対。
で、何が何でも保守系の現市長を落選させたいわけ。

自衛隊隊員を犯罪者扱いしてまでやろうとするその浅ましさ。
性根の腐った奴らが新聞を作っている。

    pict-八重山毎日新聞社.jpg
          ☝ 八重山毎日新聞社。

発行部数は1万6000部(公称)。
石垣島の人口は現在、 約49,300人。

”毎日新聞社” とあるが、 全国紙の毎日新聞とは全く関係ない。


                 * *


新聞記者は、 ウラを取って書くのが常識。
しかし 「エビデンス(証拠・根拠)?  ねーよそんなもん」

と開き直る記者がおられる。
それも堂々と自著で述べているからご立派。

   pict-高橋純子論説委員.jpg


そのお方が高橋純子(46歳)朝日新聞論説委員。
政治部次長時代に書いた朝日新聞のコラム 「政治断簡」 をまとめた著書だ。


その言葉は 「仕方ない帝国」 の19ページに出てくる。
pict-高橋純子編集委員にインタビュー.jpg


『嫌われたり読み捨てられたりしながら、 読者の思考をちょっと
 でも揺さぶりたい。

はい。きれいごとですよ、きれいごと。
だけど、そこを曲げたら私のなかで何かが終わる。 何かは何か。

何かとしかいいようがない、
何か。 エビデンス?  ねーよそんなもん』


高橋純子氏曰く。

『安倍政権の欺瞞を正面から論破するのは難しい。

だから 「なんか嫌だ」 「どっか気持ち悪い」 などといった自分のモヤモヤした感情をなんとか言葉にして読者に伝えないと、 権力に対峙したことにならないんじゃないかと思うんです』


まさに朝日の記者そのもの。
pict-pict-朝日新聞論説委員の高橋純子.jpg
政治家の ”欺瞞を論破” したいなら、 エビデンスを示して論じるのがメディアの常識。

しかしそれを高橋純子論説委員は否定する。

ただ ”モヤモヤした感情” を言葉にしたいなら、 自分のブログとかツイッターを使って書けばいい。

全国紙の朝日が、 根拠なしで記事にすべきものではないと思う。


過去、 根拠もない記事で世間を騒がせ、 意図的に歪曲または捏造して報道。

それがどれほどメディアの信用を落とし、 国益を損ねたか。



    pict-反省猿.jpg


日光猿軍団に入門し、 猿と一緒に修養を積んできてください。

              * *


「なんか嫌だ」 「どっか気持ち悪い」
こんな自分の感情だけで安倍首相を悪く書く。


もし枝野立憲民主党代表が政権を担うことになったら....

おそらく高橋純子論説委員は、 枝野幸男首相には 「なんか嫌だ」 を感じないかも。

で、 権力に対峙せず、 絶賛記事を書くんだと思う。

 「枝野首相、 ステキー!」

とまあ、ここはエビデンスを出さず、 ジジイも憶測で書いた。
こんなレベルにあるのが朝日新聞ということだ。


安倍人気を落したいのなら、 この位のことを書いたらどうか。
反対に間違いなく朝日の人気上昇だ。


 ”遂に発狂...安倍首相











 平昌五輪に出席決定”


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:05| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする