2018年01月08日

独居老人の生活1080 (仏も知らぬ極楽の道)



チェンマイ独居老人の華麗なる生活1080(仏も知らぬ極楽の道)


  男は自分が幸福にしてやれる女しか愛さない。

                          マルセル・アシャール (フランスの劇作家・映画監督)



@ 昨夜(1月7日)9時40分頃、 交通事故現場に遭遇。

場所はチェンマイ、 一方通行の鉄橋を東に渡ったピン川沿い。


pict-DSCN3125事故.jpg




  女性が倒れていたが、 命に別条なし。
pict-DSCN3128.jpg




  脚を骨折しているのかな?
pict-DSCN3129.jpg




担架で救急車に運ばれる。
女性は歩いている時、 車かバイクにぶつけられたのでは....

pict-DSCN3131事故.jpg


                * *


A 順調に食い続けております。

新年早々、 女性(27歳)との食事模様を掲載したところ、 皆さまから ”励ましのお言葉” を頂戴し感謝感激。

励ましというより、 けしかけておられるような感じにも...
とにかく頑張るだけ。


@の交通事故現場は、 彼女と食事した帰途に遭遇したもの。

で、 昨夜行ったレストランは 「White House」。
    (地図はココをクリック)



  ライブ演奏が入る人気のレストランだ。
pict-P_20180107_204103.jpg




 注文は3品、 写真は海老入り野菜炒めとカニカマ。
pict-P_20180107_192142.jpg


ジジイはビール大瓶3本、 彼女は水だけ。
料理3品入れて勘定は760バーツだった。


トイレに行ったらアレ?
突き当りで男女左右に分かれている。

男性用はどっちかいな?
pict-P_20180107_205743.jpg




ジジイは迷わず左に行く.....正解、 男性用。

pict-P_20180107_205721.jpg


                 * *


彼女との食事は、 新年以来これで3回目。
ちなみに2度目は 「サムライキッチン」 で......

困るのが会話、 彼女の喋るタイ語が分からない。
ヒアリングは実に難しい。

で、 活用したのがスマホの翻訳。
今、勘定したら、 タイ語に翻訳した回数が24回。

それでも少しはタイ語が通じる。

「どんなタイプの男性が好きなの?」

「チャイディ(優しい)、  ニサイディ(性格が良い)、
  それとジェントルマン」


英語のジェントルマンをそのまま言ったが、 彼女の意味は気前のいい男(金持ち)かも。


   pict-pict-DSCN3122.jpg
       ☝ ライブにご満悦。
 

ジジイもビール3本目に入ると酔いも回って舌好調に.....
彼女のバイクの後ろに乗って来ており、 酒酔い運転の心配無用。

弥(いや)が上にもピッチは上がる(これ、反省)。
酒飲みの爺さんが相手、 彼女も2時間半はキツかったろう。


再会を約して ”今日の日はさようなら”。
飲んで食ってばかりで、 これじゃあ ”めし友” だわな。

別れ際、 ジジイにこんな物をくれた。  「カノムよ」


pict-P_20180108_093042.jpg


ジジイはお菓子は食わないんだが....誰かにあげよう。
厚意を無にしちゃあダメか、 1個だけ食べて....



  そうそう、同じポリ袋にもう1つ入っていた。
pict-P_20180108_124129.jpg


これは食べ物ではなさそう。
いい匂いがするので香料の一種かな?

と考えて、 トイレの中に置いた。

                * *


匿名さんからコメントを頂戴した(下にコピー)。

美人の陰部は水仙の香りがする。 楚々とした腰に口づけしよう。 

もっと抱きしめて愛したい。
人の身に我が身を入れて揺さぶれば、 仏も知らぬ極楽の道とか..


入れて揺さぶれば.....









誰でも知ってる地獄の道だわ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:28| Comment(14) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする