2017年08月03日

独居老人の生活936(#1とんでる女の今昔物語)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活936
                      (とんでる女の今昔物語ー1)


   結婚をしばしば宝くじにたとえるが、 それは誤りだ。

   宝くじなら当たることもあるのだから。

                           バーナード・ショウ (アイルランドの文学者)


俳優・船越英一郎(57)が窮地に立たされている。

妻のタレント・松居一代(60)に対し離婚を申し立てるやいなや、
大逆襲に曝されたのだ。

松居一代は恨みつらみをブログやらyoutubeで延々と述べる。
浮気相手、 NHK出演料、 はたまたカツラ使用までバラす。

      pict-松居一代.jpg



ジジイの娘(44歳)に 「これ見たか?」 と書いて、 松居一代の
youtubeを送信してやった。

返事が来て、
「あんなホラービデオ、 よく見てられるよ」


松居一代は気が狂ったわけじゃない。
妻を騙した夫・船越英一郎への復讐を開始したのだ。

              * *


女が男に対する復讐は昔からよく聞く話。


宇野 宗佑(享年75)元首相の惨めな顛末は記憶に新しい。

pict-宇野宗佑.jpg


神楽坂の美貌の芸妓・中西ミツ子は宇野との愛人関係をマスコミにリーク。

宇野は非常にケチで、
「これで愛人にならないかと、 指3本立てた」

中西はこれを300万円だと思ったが、 実際は30万円ぽっち。
とんだ勘違い。

加えて 「別れる時に、 手切れ金をロクにくれなかった」 と
中西の不満が爆発。


このスキャンダルが影響し、 宇野内閣 (1989年6月3日〜)は
在任期間69日の短命に終わる。

大の男がカネをケチると、ロクなことにはならないという事例。


              * *


水戸黄門の格さん役でお馴染み、 俳優・横内 正(現在76)も妻から逆襲された。


pict-横内正.jpg
      ☝ 左が横内正、 右は黄門役の東野英治郎。


横内は不倫の果てに女優の堀越陽子と2度目の結婚。
ところがまた別の女(28歳年下)ができて、 離婚を申し出る。

ここで妻・堀越は怒り心頭に発してマスコミにリーク。

「横内は家を出て、 生活費も子供の学費も出さない」

テレビのワイドショーにも取り上げられ、 爽やかな格さん・横内 正のイメージは大きく傷ついた。

最終的に横内/堀越夫婦は離婚成立、 横内正は3度目の結婚に至る。

pict-横内正2.jpg
       ☝ 最近の横内正。


              * *


明治の時代にも強い女はいた。

岩野泡鳴(享年47)は1873年(明治6年)生まれの小説家。
どの時代でも作家というのは女好きのド助平。

pict-岩野泡鳴(.jpg


35歳の時、 妻子がありながら増田しも江を愛人とする。
翌年、 しも江と心中し損ない、 結局別れる。


そしてこの年に岩野の代表作となる 「耽溺」 を発表。

pict-岩野泡鳴耽溺.jpg
         ☝
この小説をお読みになりたい方はココをクリック。



40歳の時(大正2年)、 女権運動をしていた遠藤清子と同棲後2度目の結婚。

42歳の時、 雇った筆記者・蒲原英枝と懇ろになり清子と別居。


ここから妻で作家の遠藤清子が逆襲に転じた。
先ず裁判をおこし、 判決で勝利を得る。

そして清子は 「女の世界」 で発表する。
「なぜ私は離婚しないか」

”妻としての権利を保留しておかなければ十分な復讐ができない”
というもの.....ああコワ。


遠藤清子は亭主を寝取った蒲原英枝を ”淫売、 泥棒猫!” と
罵倒し、 ジャーナリズムを味方につける。

そして岩野泡鳴との同棲から別居に至るまでを 「愛の争闘」 として刊行、 作家としても名を売った。

何とも凄まじい、 転んでもただでは起きぬ根性。


結局泡鳴と清子は大正6年(泡鳴44、 清子35歳の時)、 友人たちの斡旋で協議離婚。  婚姻は4年で終わる。



遠藤清子は泡鳴より9歳下で1882年生まれ。

小学校教員、 電報通信社(電通)、 新聞記者などの仕事をしながら治安警察法第5条撤廃運動および婦人参政権運動をする。

電報通信社で妻子ある同僚との恋愛に悩み、 27歳の夏、 国府津の海に身投げしたが漁夫に助けられる。

明治44年(29歳)、 「青鞜社」 に加わり、 婦人の思想の自由、
経済的独立の必要性を説いた。

のちに洋画家・遠藤辰之助と同棲、 37歳で長女を生むが、 その
2年後、 京都で客死した(享年39歳)。


長生きしていれば、 もっと泡鳴の悪口を書けたものを.....

テレビもyoutubeもなかった時代、 著書が復讐の手段だった。



こんな復讐劇を見れば、 松居一代はまだまだ頑張れそう。

でもこんな幸せな時もあったんだよね.......




             ☟






pict-松居一代2.jpg
             ☝

https://www.youtube.com/watch?v=vLNyQrcZKro

命かけてと 誓った日から
素敵な思い出  残してきたのに

あの 素晴らしい愛を もう一度....は絶対にあり得ない2人。


チェンマイなら大丈夫、 タイ人と結婚すれば当たり、

爺さんはみな幸せになってます。








 例外もありますが.......


チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:11| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする