2017年04月21日

独居老人の生活846(先取り2017年流行語大賞・中編)



国会議員の息子にはマトモなのがいるのか?
この男はとんでもない代議士(自民党・広島選挙区)。

pict-nakagawa.jpg
     ☝ 中川俊直政務官(47歳)



祖父が中川俊思、 父は中川秀直の政治家三代目。
秀直は官房長官、 自民党幹事長を務めたほどの大物議員。

そのバカ息子がハワイで挙式。 (「週刊新潮」 今週号より)
                   ☟
pict-kekonshikki-300x177.jpg




 結婚証明書まで作成(2013年9月9日)
pict-shorui.jpg


ところが中川俊直先生にはちゃんとした家庭があるの。
歴とした奥さんに子供が3人。

ハワイでの結婚相手は俊直先生の愛人。
結婚といっても入籍せず.....当たり前で二重結婚になる。


この中川俊直先生はどこまで行ってもスケベ。
他にも愛人がいて、 相手が何と現職の国会議員、 前川恵先生だ。


pict-20141225001416482.jpg
          ☝ 1年生議員の前川 恵先生(41歳)


もうこうなると政治家じゃないわ、 まさに性事家。
早く議員を辞職した方がいいよ、 俊直くん!

そしてチェンマイに.....いらっしゃい!

                * *


  本日は前回の続き、 中編です。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐846
                  (先取り2017年流行語大賞・中編)

 
  残念なことだが、 国家の操縦法を知っている人間は皆、

  タクシーの運転や散髪の仕事で忙しい。

                                ジョージ・バーンズ (米国のコメディアン)


D VXガス。

VXガスは猛毒の神経剤(V剤)の一種。

サリンなどと同様、 コリンエステラーゼ阻害剤として作用し、 人類が作った化学物質の中で最も毒性の強い物質といわれる。

呼吸器からだけでなく、 皮膚からも吸収されて毒性を発揮するため、 ガスマスクだけでは防護不可。

今年2月の金正男暗殺事件では、 VXガスが使用されていた。
てことは、 北朝鮮は兵器やテロにいつでもVXガスの駆使可能。

pict-5aQNc0oU_20170224140401.jpg
                      ☝ 暗殺された金正男。


オウム真理教のサリン事件どころじゃないぞ。
度重なるミサイル発射といい、 日本の隣にこれ程危険な独裁国家が存在する。

今そこにある危機、 日本の野党やメディアには危機感が皆無の
ようだ。

やられてみなくちゃ分からない。
いや、 日本の平和認知症憲法が全てを防いでくれるってことか。


               * *


E 二重のどこがいけないんですか?

二重顎(あご)や二重瞼(まぶた)ならお好きにどうぞ。
だが野党第一党の党首が二重国籍では........



pict-aa578209.jpg




こんなことが現実に日本で起こった → 日本人は怒った。
この影響もあってか、 民進党の支持率は過去最低にまでダウン。

加えて民進党には、 黒い噂の女がまだまだのさばっている。

                  ☟


pict-d6478014-s.jpg


このままじゃ福島瑞穂・社民党の轍を踏むぞ。
社会党 → 社民党、
民主党 → 民進党......党名変更に女性が党の顏。

よく似たコースを歩んでいる。  加えて蓮舫と福島の考え方が、
ジジイには似通っているように思える。


因みに低迷する社民党は、 党本部を永田町のオフィスビルから
移転。  下町の錦糸町(と聞いたが)に都落ちだ。

年間約4500万円の賃料支払いがきついからとか。
現在国会議員が4人(衆参各2人)だけ、 政党交付金も減るわ。


今もってはっきりしない蓮舫代表の二重国籍問題。
人の噂も七十五日、 逃げ切ったつもりでいるんだろう。

世間を舐めちゃあダメよ、 蓮舫先生!

今にこうなるぞー!



         ☟





pict-e6042471-s.jpg


                  * *


F ロヒンギャ漂流解決。


ミャンマーは移民による多民族国家。

シャン、 カレン、 アラカン(ラカイン)、 モンなど130を超える少数民族がいる。

多くは、 インド、 バングラデシュ、 中国、 ラオス、 タイとの国境
付近に暮らす。

シャンは推定350〜400万人、 カレンも推定300万人で、 「少数」 とはいえない。


ロヒンギャは北西沿岸部(ラカイン州)に住む南アジア系の民族。 
推定人口80〜100万人、 ほとんどがイスラム教徒だ。

近年、 この地の多数派民族アラカン(仏教徒)との対立が激化、
船を使った脱出民が続出。

pict-20150603-00000013-wordleaf-0aa145328014caf50a325a4491e26e514.jpg


ミャンマー政府はロヒンギャを自国民とは認めていない。
「バングラデシュからの不法移民」 の扱い。

2012年、 アウンサンスーチーはこれを問題視し、 ロヒンギャへの弾圧停止を訴える。

その後2016年3月、 国民民主連盟(NLD)政権(実質のスーチー政権)が誕生。

pict-34379944.jpg
                    ☝ 
     ミャンマーの鳩山由紀夫ことアウンサンスーチー


弱者の味方アウンサンスーチーは、 期待に反しこの問題には
触れずじまい。  国民の大きな反発を招くから。

人権だ虐待だ民主だ自由だのとわめいていたのに知らん顔。  
いい加減なもんだ。


タイは難民条約に加盟していない。
なので難民を認定し庇護する法律が国内に存在しない。

このためロヒンギャは、 難民ではなく不法入国者扱い。
これをいいことに、 タイの入管当局者と人身売買業者が共謀する
事例もある。

まあ、 タイも周辺国も来られちゃ迷惑ってこともある。

そこで期待を込めて、 バングラデシュ政府が全部引き取ることを発表。
ようやくロヒンギャ問題解決..となればいいが儚い希望か....


「数百万人の朝鮮人ボートピープルが日本に殺到」

これが2017年の日本流行語大賞にならないことを祈りたい。


今も苦難が続くロヒンギャ、 民族・宗教問題はややこしい。


                 * *


G 国民ファースト (The People First)


小池百合子東京都知事のキャッチフレーズが 「都民ファースト」。
都議会自民党のドン・内田茂を倒し、 今や自民に迫る勢いだ。

見るにつけ民進党の哀れなこと、 泥船から逃げ出す議員が続出。


所変われば政(まつりごと)変わる。
ここタイでは相変わらず 軍ファースト (Army First)

軍事政権誕生以来、 1度も選挙がない。
世界を見ても軍政は、 タイと北朝鮮の2か国のみ。

現在のプラユット政権は軍事力(クーデター)でもぎ取ったもの。

pict-n-PRAYUTH-large570.jpg
              ☝ 中央が現プラユット首相。


そこで何とかしようと軍事政権は方針転換。
国民ファーストで、 選挙をやって信を問うことにする。

プラユット首相を党首に ”プラユット新党” を発足させ、 他党との選挙戦に打って出た。

勿論、 プラユット首相は軍のトップを退任。
民間人として自らも立候補 → 結果 ”プラユット新党” の辛勝。


pict-main-11.jpg
             ☝ 
退役したプラユット氏が選挙に勝って首相に就任。
今、プラユットが恐れているのが軍事クーデターなんだとか。
 (注: あくまで架空の話です)


てなことで、 国民ファースト、

「The People First」 がタイの流行語になればいいが.....


ジジイは常に、











「Young Lady First」 です。


チェンマイって ホントいいですね!

(追記)
当初、 前編・後編の2回で完了予定でした。
しかし書いてるうちに長くなり、 3回に分けて掲載します。

本ブログは長すぎるというご意見・ご批判が多いもので.....
ジジイもその方が楽ですから。





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:44| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする