2017年04月15日

独居老人の生活841(忘れられない旅の記憶 S セヴィーリャから陸路でポルトガルへ)



昨日(14日)もソンクランの狂騒は続く。
今日は皆さまが行きたがらないお堀端の模様をどうぞ。

ジジイもお堀周辺は嫌なのだ。
堀の汚い水をかけられたら堪らない、 眼病に罹る。

で、 内堀通り北側から見物。
  (Street View はココをクリック)

こちら側はさほど過激でない。
水鉄砲売りや食い物屋台が出ている。

pict-DSC_0059.jpg




 堀の中に入り泳ぐ人、 ああ汚い。
pict-DSC_0050.jpg




 座って見物する人。
pict-DSC_0051.jpg




外堀側では、 堀の水を汲んでぶっ掛ける人でいっぱい。
これだから外堀通りには行かれません。
                  ☟
pict-DSC_0056.jpg


                 * *


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐841
(忘れがたい旅の記憶‐20:セヴィーリャから陸路でポルトガルへ)


     すべての旅行は
    その速度が正確に定まってくるにつれ退屈となる。

                        ラスキン (19世紀イギリスの評論家)


絵にも書けないような美しい風景を眺めて、
「ああ〜素晴らしい!」 と、 感動する。

でも、 生涯残る旅の記憶は、 旅先での思いがけない出来事に
あると思う。

独居老人の 「忘れがたい旅の思い出・Top‐10」 をシリーズで
お届けしております。
本日はその番外編‐30(Top‐30) です。

                * *

旅をするとタクシーなど現地の乗り物を利用することが多い。
今回は船です。


今から17年前の2000年1月下旬、 ジジイはスペインからポルトガルに入った。

1人旅でその1日の行程は、

セヴィーリャ(スペイン) → (列車) → ウエルバ → (バス) →
アヤモンテ(国境の町) → (船) →
ヴィラ・レアル・デ・サント・アントニオ(ポルトガル)




国境越えはボートに乗り(出国)、 川を渡ればそこがポルトガル(入国)。

                 *

バスが終点アヤモンテに到着、 しかしボート乗り場が分からない。

近くにいた人に訊くが英語は通じず。
ジジイはスペイン語が全くダメ。  (地図はココをクリック)

ポーチュグル、 ポーチュグルと言うと3人目で何とか分かり、 徒歩でボート乗り場を目指す。

道路が石畳、 コロ付き荷物を引っ張れず、 背負って歩く。
6、7分歩いたろうか、 ボート乗り場到着。

k2106%A5ե%A7%A5.jpg
   ☝ ボートといっても車数台が乗る小型フェリー。
                
                ↓
                
10数分の乗船でポルトガルに入国(ただの下船、 イミグレなし)。
  (Street Viewはココをクリック)

ジジイは船着き場からすぐタクシーを拾い、 サント・アントニオ駅(鉄道)へと移動。

駅に着いて時刻表を見ると、 30分前に出たばかり。
次の出発まで数時間待ち。
これは堪らんと、 切符売り場の駅員に尋ねた。

「近くにカフェーかレストラン、 ありませんか?
 次の列車まで時間を潰さないと......」

 「30分後に出ますよ」


ここでジジイは駅員に教わった。
スペインとポルトガルには時差があることを。

スペインの正午はポルトガルの午前11時、 1時間の差。
知らずにいたら置いてきぼりを食うところだった。
  
そのまま駅で時間を潰し、 定刻発車の列車に乗りファロに行く。

pict-500_24373287.jpg




ファロで3日間滞在後、 また列車に乗り、 リスボンへと北上。
ファロ、 静かな街であった。 
              ☟
pict-DSCN0159.jpg


 (リスボンでの思い出は次回で........)


スペイン → ポルトガル、 国境越えの忘れられない思い出は、

時差の違いに気付かず...アレレと思ったこと。


まあ有り体に言えば、 ジジイが












 能天気....なだけだった。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:59| Comment(0) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする