2017年04月03日

独居老人の生活831(読んでも全く感動しない話)


    ”チェンマイ独居老人の生活” は低俗娯楽ブログです。
     紳士・淑女、 18歳未満の方はご遠慮ください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐831(全く感動しない話)


       人生、 生きてるだけで丸儲け

                                            明石家さんま


 @ 春巻き。

ジジイの友人Kさん(67)はチェンマイに長く定住している。
タイ人の奥さんと離婚、 現在チェンマイ郊外で一人暮らし。

驚くことにKさんの食事は和食一辺倒、 他は受け付けない。
それでよくタイ生活ができるものと感心してしまう。

困るのは数人での食事、 Kさんに合わせて和食店を選ぶのだが、 和食店の数も限られている。

で、 ジジイが訊いた。

「中華はどう?」     「ダメ」 
「イタリアンは?」    「ダメ」

「じゃあヤム茶はいいでしょ?」   「ダメ」
「春巻きならどうですか?」     「OK」

    pict-5b3684f6c6bd15da9eb995d37ea475b4.jpg


ということで、 ジジイはベトナムレストランに決めた。
ここの春巻きは美味しくて、 Kさんの口にも合いそう。


レストランに集合、 Kさんにメニュー(写真付き)を見せて、

「揚げた春巻き、 旨いよ」

するとKさんが言う。

「春巻きって、 オレ寿司だと思ってたよ」

                * *


A 中折れ。

女の子とベッドで奮戦中。
彼女のスマホから ”ピポン” とLineの着信音が聞こえた。

と、 その音に気が散って中折れ発生。
ムカッときて女に言う、 

「なぜ切っとかないんだ、 ダメになったぞ!」

彼女はスマホを取り出し何やら操作。

 「これ見て!   元気でるから」  

彼女が差し出したスマホを見ると、 エロ動画が映っていた。


そんなもんで勃起するなら苦労しねーわ、 バカ!

                * *


B 入社試験で読み書き問題が出された。

「生乳」 の振り仮名は?   色々解答が出た。

せいちち、   なまちち、   なまにゅう、

しょうにゅう、  いくにゅう、   せいにゅう、

オッパイ、  ボイン、  乳しぼり........ 

ノーブラ。

                 * *


C 男性器攻撃。

亭主の浮気を知ったタイ人女房は、 激怒して亭主のチンコをチョン切るケースがあるそうな。
 
如何にもありそうな話だが、 日本人がやられたという話は聞いたことがない。  日本人男性はきっと真面目なんだろう。


亭主の股間を攻撃するのはタイ人女性だけではない。
先月、 ルーマニア人の亭主が女房から急所を狙い撃ちされた。

女房が 「ガーデニングで穴を掘るのを手伝って」 と頼んだ。

すると亭主が、
「オレは男だからそんなことはしたくない」 の返答。

口論となり、 怒り狂った女房、 どれだけ男っぽいのか見てやろうと、 亭主のキンタマを掴んで引っ張った。

で、 キンタマが引き裂かれ、 左の中身が飛び出したという。
すぐ病院に搬送され緊急手術、 命に別状なし。

その後この夫婦が離婚したか、 亭主の男性機能は正常に戻ったか、 これらについての言及(ニュース)はない。


それにしてもガーデニング程度でキンタマ損傷では、 男は堪ったもんじゃない。  きつい女房がいるもんだ。

どんな女性なのか写真を見た。



              ☟





              ☟




pict-lRuwrkC6.jpg
              ☝ これ女?


皆さま、  気を付けましょう。


                 * *


D 日本のキャバレー。

昔、 「処女林」 という店があった。
結構あちこちでこのキャバレーを目にしたものだ。

ところが1度も出会ったことのないキャバレーの名がある。



 「処女膜」   なぜ店名にしないんだろう。


                * *


キャバレーに 「制服の処女」 という店があった。
しかしこんな名前のキャバレーには行ったことがない。


キャバレー 「婆さんの処女」、  キャバレー 「制服のマネキン」、  

キャバレー 「制服の巫女」、   キャバレー 「オカマの処女」、  

キャバレー 「制服の女警官」、  キャバレー 「制服の猿」


               * *


キャバレー 「ハリウッド」 は福富太郎が経営していた。

pict-eb5b690be2d57c8bfe21be366872fc54.jpg
         ☝ 福富太郎。


だったらこんな競争相手が出てもよかったのに......







 キャバレー 「京都太秦」。


                * *


キャバレー 「ハワイ」 は日本にある有名チェーン店。

pict-20090412173716.jpg


この 「ハワイ」 に対抗する店が現れない。  
例えば、

キャバレー 「ニュージーランド」  

キャバレー 「フォークランド」

キャバレー 「佐渡島」

キャバレー 「歯舞・色丹」

キャバレー 「サウジアラビア」   

キャバレー 「東海村」

キャバレー 「アリューシャン列島」

キャバレー 「サムイ」  

キャバレー 「オムコイ村」 等々。


新宿・歌舞伎町を歩いたが、 ついぞ見たことがない。


               * *


キャバレー 「日の丸」 にはジジイも行ったことがある。

pict-9c0c08a4cb5ba0dd631c4401db91002b.jpg


しかしこんな店名は聞いたことがない。
それがこれ。


キャバレー 「旭日旗」  
キャバレー 「星条旗」

キャバレー 「太極旗」
          ☟
pict-83af4aa4.jpg




キャバレー 「五星紅旗」 
           ☟

pict-Flag_of_the_People's_Republic_of_China_svg.jpg



キャバレー 「君が代」 

キャバレー 「国会議事堂」   
キャバレー 「経団連」

キャバレー 「日教組」   
キャバレー 「山口組」


流行ると思うのだが........

                * *


E チェンマイの風俗店。

チェンマイの日本人向け風俗店も、 店名を考えた方がいい。
サクラ、  ナミキ、  サチコ......いかにもありきたり。

pict-DSCN9874.jpg
             ☝ カラオケ 「サチコ」



こんな名前が日本人客を呼び込むのだ。


カラオケ 「ミチコさま」、   カラオケ 「マサコさま」

カラオケ 「アイコさま」、    カラオケ 「ヒロノミヤ」。

               * *


マッサージパーラー(ソープ)の店名もイマイチ。
チェンマイの有名店 「SAYURI」 ではインパクトが小さい。

そもそも 「さゆり」 なんて、 吉永小百合に失礼だ。

ジジイなら荘厳、 且つ高貴な雰囲気を出してこう改名する。











マッサージパーラー  「御萬公」

                 

こりゃだめだ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:21| Comment(2) | 小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする