2017年02月28日

独居老人の生活801(#4チェンマイ独居老人のなんでも人生相談:結婚)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐801
            (#4チェンマイ独居老人の何でも人生相談)


  結婚は、
  第一章でヒロインが死んでしまう恋愛小説である。

                * *

本日は独居老人の 「人生なんでも相談」 の第4回目です。
人生いろいろ、 お悩み事がありましたら遠慮なくご連絡ください。


相談者: KYさん(58歳、 結婚歴なし、 元プログラマー)

私は早期退職し、 チェンマイに住み始めて1年半です。
母親が81歳で一昨年死亡、 一人っ子なので家・土地を相続。

私の相談は、 チェンマイで結婚したいと思っているのですが、
中々これはという、いい相手がおりません。

チェンマイでは知人から紹介され、 2回お見合いもしました。
しかしいずれも私の条件とは異なる上に、 お金が目当てのようにも感じ、 私から断りました。

見合いの相手は28と33歳。
28歳はとてもいい感じでした、 しかし子持ちなのでNG。

33歳は子供がなく条件としては抜群ですが、 顔がイマイチで....


私は日本でも未婚、 年金はまだ貰ってません。
ただ退職金を含め預貯金は5千万円ほどあり、 生活に困るようなことはありません。

私は身長162cm、 体重92kg、 30代から若ハゲで悩みカツラを使用。  でも今は吹っ切れて自然のままです。

明朗快活、 まあ男っぷりは普通だと自分では思ってます。


結婚したら家を建て、 チェンマイに骨を埋めたいと願ってます。
理想の相手は30歳前後で、 頭脳明晰、 気立てのいい美人。

どうすれば結婚できるか、 よろしくお願いします。


                * *


独居老人の回答:

KYさんはチェンマイで結婚相手をお探し、 いいですね。

ジジイの言う通りにやってください。
必ず結婚できます、 そして幸せになれますよ。

先ずKYさんは独身でお金持ち。
加えて相続した日本の家と土地を処分すれば、 チェンマイで一生安楽に暮らせます。

日本では未婚だったとか、 でも自信を持ってください。
タイ人女性から見て、 KYさんは結婚相手として理想の男性です。

容姿を除いては......
”男の顔は履歴書、 女の顔は請求書”、 これは藤本義一の言葉。

女性は世界共通みんなカネ目当て、 これは当然です。
ホームレスの貧乏人と結婚する女はまずいないでしょうね。

                 * *

2人と見合いして断ってしまわれた由、 惜しいですね。
とても感じのいい28歳の子持ちの女性、 KYさんはそんなに子供がお嫌いですか?

子持ちの女性は意外といいかも。
いい教育をしたい → そのためには良き家庭 → 夫に尽くす。

こういうポジティブな考えが必要だと思います。


条件が抜群にいい35歳は顏がイマイチ?
それは相手の女性が使いたい言葉、 KYさんは贅沢言い過ぎ。

KYさん、 ご自身の顏と全身を鏡でじっくり見たことがありますか?

女の顏は、 見て吐き気を催すレベルでないなら良しとしましょう。

               * *


ここでジジイの結婚観を述べます。
結婚というのは妥協あるのみ、 結婚する前もした後もずっとです。

KYさんが理想を追っていたら、 結婚は永遠にできません。
理想の女性などこの世にいません。

で、結婚の条件は低めに設定してください。

あーして欲しい、 こうでなくちゃあ....相手に望むことが多ければ
多いほど纏まりません。

なので、 これだけは絶対ダメ、 譲れない条件2つをお決めください。  いいですか、 2つだけですよ。


ジジイは2つの条件を付けて、 26歳で結婚しました。
参考までにその2つとは、

@ 過度な宗教活動をしていない。

カルト信者、 例えばオームの女はどんな美人でもダメ。

毎朝太鼓を叩いて”南無妙法蓮華経、ドン、ドンドン” とやる女も
ダメ。
二日酔いで七転八倒する枕元で、 これをやられたら堪りません。


A 淫乱でない女。

若い頃、 ジジイはやや淫乱なところがありまして、 夫婦揃って
淫乱では家庭崩壊間違いなしと考えたからです。
(現在のジジイは全くその反対、 清く正しい真面目な生活です)


もうご理解戴けたと思います。
つまり上記2つならクリアする女性が多く、 結婚は容易くなります。

例えばKYさんの条件が、

@ 子持ちでない女性。  A 病弱でない女性。

または
B オッパイが小さくない女性。  C 根暗でない女性。

以上、たとえ4つの条件全部を付けたとしも、 結婚の可能性は大きくなります。


次の写真をご覧ください。  印象は如何ですか?
左は50歳、 右の男性は28歳、 2人ともタイ人です。

pict-DSC_0030.jpg
                  ☝
      親子に見えますが、 実はご夫婦なんです。


50歳の女性は、 上記4つの条件を全てクリアいたします。
28の男性は、 斯様にして結婚できたわけです。

女性の方が圧倒的に裕福..と聞いてはおりますが.......

                * *

いや、 オレはもっと美人がいい....もっともなご希望ですね。
しかし次のような同胞爺さんの結婚事例もございます。

この方が言うには、
『とっても美人なので結婚した、 そしたらタイ人ヨメは、

うるさい、 気が短い、 物を投げる、 叩く、 ヤキモチ焼き、
謝らない、 すぐキレる、 そして凄く臭い屁をこく』

この美人妻のご亭主は、 現在タイ東北部にお住まいで、 本ブログ読者のRさんです。


下の美女だって、 結婚後はR奥さまのようになるんです。

pict-1470713878962.jpg
                ☝
   ”この世で美女の屁ほどに臭いものなし”、 これ通説。


読者のRさんはおそらく、 鼻を摘まんでの毎日...だと思います。
それでも幸せいっぱいだとか、   イイね!

                 * *

お分かり戴けたでしょうか。
美女だって一緒に生活すれば粗がいっぱい見えてきます。

美人は3日で厭きる、 ブスは3日で慣れる....ですよ。
とにかく高望みしないこと、 普通で十分でしょ?

下は一般的タイ人女性、 明るい感じでボイン、 結婚願望あり。
KYさんにピッタリかも。




              ☟







pict-1448425068835.jpg


ダメですか?

じゃあこちらは如何?  
タイのセーラー服の感じがとてもお似合いで可愛いと思います。





                  ☟








pict-1452325776573.jpg


これもダメ?  
ああそう、 もっと若々しく派手さが欲しいってわけですか。

そうですよね、 こちらならKYさんに自信を持ってお勧め!





                 ☟








pict-1486848326973.jpg



まあ、 何はなくても人柄一番、 











臭い屁をこく ヨメ....可愛いじゃないですか、  お幸せに!  


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:17| Comment(6) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

独居老人の生活800(手助け)


    ”チェンマイ独居老人の生活” は低俗娯楽ブログです。
     紳士・淑女、 18歳未満の方はご遠慮ください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐800(手助け)


    独り者は人生の半分しか生きていない

                                          モーツァルト


@ 独り者も負けないぞ。


右の部屋は子持ちの母親、 赤ちゃんにお乳を飲ませている。

赤ちゃんがチュッチュっと吸ってると、 わざとオッパイを赤ん坊から放して、 じらせて遊んでる。

 「オッパイ ナイナイ、 お乳 ナイナ〜イ」


左の部屋は新婚夫婦、 昼間っから始まった。
2人が興奮してくると、 夫は妻をじらせて抜いた。

 「オチンチン ないない、 オチンチン ないな〜い」 


真ん中の部屋の独り者、 堪らず1人で......始めた。
で、 イキそうになると、 己の手を離して、

 「お手々 ナイナイ、 お手々 ナイナ〜イ」








    

     pict-Uncircumsized_male_masturbating_ogv.jpg


                 * *


A レストランの引っ越し。


以前、 本ブログでご案内した和食店 「圭織」 が引っ越した。
 (2016年9月14日掲載:#646をご参照ください)

 以前あった店。 
pict-DSCN8063.jpg

新しい店は、 (場所はココをクリック)
情報誌「Chao」の地図(E‐2)、 チェンマイロッジの近く(東側)。

今度は大変便利なロケーション、 但し店が小さくなった。
値段は前の店と同じ、 客としては行きやすくなる。

pict-DSCN9654.jpg



pict-DSCN9655.jpg




 店内
pict-DSCN9653.jpg




ジジイが注文したのは、
トンカツ:65B、 枝豆:40B、 Beer Chang大瓶:65B。

pict-DSCN9656.jpg


寿司もやっており、 太巻き:70B、 鉄火巻:70Bなど。
廉価で美味しい和食店、 近くにできてありがたい。


                * *


B 独り者の身内。


「アラッ、 お兄さん、 独りでナニしてたの.......」

「・・・・・・・」

「そんなにしたいの?  なら私としていいよ」

「バカ言え。  いくら仲がいいたって、 妹とデキるか。
 こればっかりは他人とヤルもんだ!」


「アラ、 お兄さん、 その手は他人?」





    pict-367.jpg
                  


   センズリは 日本一の富士の山

   かいてみるより   (甲斐で見るより)

   するが一番    (駿河一番)







 手助けでも 出来るうちが華ですわ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:32| Comment(2) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

独居老人の生活799(日本映画祭:ハーモニウム)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐799(映画:ハーモニウム)


   何かいい物語があって、それを語る相手がいる。

   それだけで人生は捨てたもんじゃない。

                                         映画 「海の上のピアニスト」 より


昨夜(24日)も Shopping Mall 「MAYA」 に行く。
  (場所はココをクリック)
目的は映画 「淵に立つ」 を観るため。

今、 「日本映画祭」 が 「MAYA」 にて開催中。
入場したらこんな立派な冊子(を貰う)、 各映画の解説がタイ語と英語で書かれている。

pict-DSCN9665.jpg




この冊子の封筒がこんな豪華モン。
アンケート用紙などが添付、 主催者にはお金がたっぷりあるようだ。

    pict-DSCN9667.jpg


この映画祭の主催は 「Japan Foundation(国際交流基金)」、
在タイ日本大使館がスポンサーとして名を連ねる。


一昨日のお目当て 「この世界の片隅で」 は満席で観られなかったが、 その時入場券を購入しておいた。

pict-DSCN9662.jpg




さあ、 劇場に入っていく。
チェンマイでの映画鑑賞はジジイにとって初めて。
pict-DSCN9661.jpg



小さな館内はほぼ満席、 驚いたのは客に白人が多いこと。
ジジイは日本人ばかりだと思っていたのだが.......

入場券は80バーツ(約240円)、 それでいて素晴らしい座席。
日本のロードショー劇場よりも立派かも。

でもタイ人の平均収入からみれば、 この80Bは高い。
日本の入場料は一般で1,800円、 60歳以上で1,000円。

日本の映画館入場料は世界一高いと評判だ。
一般料金でチェンマイ(80B)の7.5倍になる。 60歳以上の料金ならば4倍。

チェンマイでは、 日本人は安く映画鑑賞ができるということ。


               * *


場内が暗くなっていよいよ......すると周りが起立する。
音楽が流れ、 スクリーンには新国王のお姿。

ジジイも起立して3分ほど歌に聴き入る。
歌詞の意味は全く分からないが....... 

                * *

映画 「淵に立つ」 (英語名:Harmonium、 ハーモニウム)
日本での劇場公開日は、 2016年10月8日。
 pict-T0020965p.jpg


監督:深田晃司、
出演:浅野忠信、 筒井真理子、 古舘寛治。

pict-intro_img1.jpg



pict-70185b1113178a5f.jpg


映画のストリーは、

下町で小さな金属加工工場を経営、 平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘の前に、 夫の昔の知人が刑期を終えて現われる。

奇妙な共同生活を送りはじめる彼らだったが、 やがて男は残酷な爪痕を残して姿を消す。
8年後、夫婦は皮肉な巡り合わせから男の消息をつかむ。

しかし、そのことによって夫婦が互いに心の奥底に抱えてきた秘密があぶり出されていく。


要は、 亭主の昔の悪仲間(前科者)が現れ、 平穏な家庭を滅茶苦茶にするお話。


ここで予告編をどうぞ。
          ☟
https://www.youtube.com/watch?v=HAbmz8Qyj4w


上映時間は約2時間。
映画館に入る前に近くの和食店で夕食、 ビール大瓶1本を飲む。

で、 映画の始まる前にトイレへ。
しかし途中でまた尿意、 我慢できずまたトイレに駆け込む。

トイレに行った時、 このまま帰ろうかとも思ったが、 せっかく来たんだから最後まで観ようという気になって.......

ジジイはこの手の暗〜い映画はどうも苦手。
加えて話の筋に無理があるようで、 「なんで〜?」 と思ってしまう。

まあ好みの問題だが、 他の作品を選べば良かった。


映画終了、 入場口から出たら、 その真向かいにこんなモノがあった。
 
いつオープンしたのだろう。  実に豪華で綺麗な.........



                
                  ☟








pict-DSCN9663.jpg
             ☝ モエタイの道場か。




チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:12| Comment(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする