2016年11月30日

独居老人の生活714(通名の特権)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐714(通名の特権)


  特権は、 それ自体、 ある場合には不可避である。
  繰り返すが、 それは当分の間、 必要悪である。

  しかし、 これ見よがしに特権に甘えることは、
  悪であるというだけでなく、 犯罪である。

                                      トロツキー (ソ連の政治家)


先日のランチはトンカツ、 「MU's Katsu」へ行く。
ニマンヘミング通り、 「ヒルサイド3」 に行く路地にある。
 (場所はココをクリック)

 「ミューカツ」 の店先
pict-DSCN8912.jpg
             ☝ 表で空席を待つお客。



 店内。  タイ人客も多い。
pict-DSCN8916.jpg




 トンカツセット:99バーツ、  ビール大瓶:70B
pict-DSCN8915.jpg
          ☝ ジジイがカツを横に傾けました。

                * *


在日韓国人・朝鮮人の特権の1つに通名がある。
なので彼らが犯罪で逮捕されても皆日本人と思ってしまう。

通名は日本人の名が殆どだから。
メディアでは人権に配慮してか、 本名を秘匿すると聞く。

人権派新聞の朝日がこの筆頭だ。
ジジイはこんなもの、 人権に関係ないと思うのだが.......


なぜ特権か?
在日以外の外国人なら、 100%本名で発表されるから。
 
例えば ”アンジー、 窃盗容疑で逮捕される”
アンジーは愛称だが、 通名と言ってもおかしくない。

しかしこれは ”アンジェリーナ・ジョリー窃盗” と本名が出てしまう。

法の下に平等、 この憲法通りに在日も通名に加え、 本名を公表すべきだと思っている。

でなきゃあ、 通名など何度でも変更するわ。


ジジイは在日の人に通名があるなら、 日本人にだって通名を使わせろ、と言いたい。
そして逮捕されても通名で発表し、 本名秘匿にする。

そうなると通名に有名人の名を取る人が出る。
例えば ”北島三郎” と付けるかも。

彼ならファンも多い、 全国で1千万人の北島三郎が誕生だ。
そうなると頻繁にメディア登場となろう。

”北島三郎、 詐欺で逮捕される”  ”北島三郎、 強姦で逮捕”

”北島三郎、 恐喝で逮捕”   ”北島三郎、 殺人罪で逮捕”

”北島三郎、 少女買春で逮捕”   ”北島三郎、 DVで逮捕”


本物の北島三郎は怒るだろうなあ。

やっぱりみんな、 通名でなく本名で公表しましょー!

                * *


この日の夕飯は安価なタイ飯屋。
店名不明、 場所はココをクリック。

チェンマイYMCAから北に向かい、 5差路ロータリーを左折、 500mほど行った左手にある。


写真右側がタイ飯屋、 左が雑貨店の飲み屋。
pict-DSCN8935.jpg




店内。  日本人爺さんとタイ人パートナーの経営。
爺さんのお名前が林なので、 通名が 「林食堂」 らしい。
pict-DSCN8934.jpg
              ☝ 日本人客も多い。 



隣の雑貨店入口にはテーブルが置いてあり、 そこでタイ人は飲んでいる。
タイ飯屋から食い物を取ってもよし、 ビールを買って持ち込んでもよし。
pict-DSCN8932.jpg
      ☝ 雑貨店の店番.......中々の美人です。




ジジイはビールのお替りが面倒なので、 雑貨酒店の方で食う。
それに美女の近くが美味しく感じる。

ソース焼きそば:30B、 ビール大瓶:53B。
pict-DSCN8936.jpg
                   ☝
他のメニューは殆どが25B、 安いのが魅力だが味も行ける。

                 * *


27日(日)、中央競馬のG1レースが 「Japan Cup」。
北島三郎の持ち馬・キタサンブラックが優勝、 賞金3億円をゲットした。

3着がシュヴァルグラン、 馬主がハマの大魔神・佐々木主浩。
こちらは7,500万円の賞金。


ではその時の北島三郎の模様をどうぞ。
騎手・武豊も出てきます。
             ☟
https://www.youtube.com/watch?v=jX8Jv08bfwY


金持ちにはどんどん金が行く。

ジジイはどんどん金が減る。

今日は、










安いタイ飯屋で食おう、 これが貧乏人の特権.......じゃ寂しいな。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:53| Comment(4) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

独居老人の生活713(タイ・イミグレTM30の半券取得)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐713
                            (タイ・イミグレTM‐30の取得)


       冥加に余る

  (意味)
「冥加」 とは神仏から与えられる加護、 それが 「余る」。
つまり、 ありがたすぎて罰が当たりそう。 

               * *

@ 音の出ないパソコン。

今月23日の夕方から、 我がPCのyoutubeが動かなくなった。
X‐アプリ(音楽ソフト)からエロビデオまで動画はすべて全滅。

加えて音が出ない、 ピンという音すら鳴らない。
Skypeもダメ、 繋がらない。 (その他の機能は普通に作動)

で、 ジジイがこれまでパソコンを教わってきた先生に電話。
状況を話すと、 先生は

 「あーしてこーして、 そこをクリックして.....」

ジジイは電話越しで聴く 「あーして....」 の要領が分からない。
先生の手が空く28日(月)まで待つ、ということになった。


しかし待てないジジイは、 翌日タイ人経営のPC修理店に行く。
過去に2度ほど世話になっており、 優秀なPCのプロ。

そしてタイ人の店主は45分悪戦苦闘、 結局ギブアップ。

そして 「HPのサービスセンターへ行って....」 と場所を告げる。
PCそのものが故障しているらしい。

               * *


ジジイのPCはヒューレット・パッカード製で、 Windows-10。
HPのサービスセンターはチャンクラン通り、 セントラル病院の隣にある。

そこにPCを持ち込むと、 女性社員が何やらやるが分からない。
男性社員が出てきてちょっ見るが???

結論は、
「バンコックに送って修理します。 現在PCにある写真やソフトが全部消えてもいいですか?」


ジジイは 「友人と相談する」 と言ってPCを持ち、 ガックリして帰宅。  PCの中身を消されちゃ堪らない。

                * *

パソコンって4年も使えば故障してダメになるのか。
諦めてまた別のPCに買い替えよう。

とにかくPCの先生にアドバイスを貰おう....そんな気持ちで昨日(28日)出かけた次第。

「もうダメなら新たに買います、  このPCはまだ使えるから、
 先生所属の日本人会に寄付しますよ」 と先生に言う。

その 「日本人定住者の会」 では、 タイの学校に寄付するなどの
ボランティア活動もやっているとか。


先生はPCに向き合うこと1時間半、 ジジイはその間コーヒーを飲みながら仲間と雑談。

  「なおったよー」 

(先生の)神の声に歓喜したことは言うまでもない。

PCの寄付が期待できた 「定住者の会」、 これで1台取り逃がす。

機会あればこの会に、 たっぷり 「冥加金」 を.....の気持ちだけ。

                * *


A TM‐30でイミグレへ。

タイでは現在、 ホテルやアパート、 個人宅などが外国人を泊めた場合、 その都度届け出が必要となる。

それがTM−30。 (イミグレの書式番号)

ジジイは今月11日、 ラオスからチェンマイに戻ってきた。
で、 アパートのマネージャーに手続き(TM30)するよう依頼する。

マネージャーはネットで届け出完了、 次の紙をくれた。
                   ☟
pict-DSCN8941.jpg


しかしこれだけでは不十分。
1年ビザ延長などの申請手続きには、 イミグレ発行の証明書(半券)が要求されるとか。

ジジイのパスポートは、 有効期限が残り1年を切っており、 近々
その更新を予定。

となると現パスポートの中身の移し替えが必要で、 イミグレに行かねばならない。

という事で昨日(28日)、 TM−30半券のためチェンマイ・イミグレ
(空港近くの旧事務所)に赴いた次第。

(注) 12月から業務がプロムナーダ事務所に移管....の噂あり。


午前11時ころ到着、 かって馴染んだオフィスに入り受付で待つ。 
3、4分してジジイの番、 係官が言う。

「それはこの建物の後ろにあるBの事務所に行ってください」

で、 オフィスを出て後ろを探す。
pict-DSCN8940.jpg




敷地の1番奥にBオフィスがあった。
pict-DSCN8939.jpg



ジジイは受付の係官に、
 「TM(ティーエム)サーティ、 プリーズ」 と言って、
パスポートとアパートから貰った用紙(前掲)を渡す。

パスポートのコピーなどの要求なし。

 「外で待ってください」 の日本語。

5分ほど待つと、 目的のTM−30の半券を持ってきてくれた。
                   ☟
pict-DSCN8942.jpg



全てのイミグレ業務が、 このくらいスピーディならありがたいのだが......


昨日のジジイは、










 「冥加に余る」 一日であった。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:29| Comment(6) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

独居老人の生活712(団体さま襲来)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐712(団体さま襲来)


   不快感が来るときは、 単騎ではやってこない。

   かならず軍団で押し寄せる。
                                      シェイクスピアのパロディ


チェンマイは観光の街だ。
だからホテルやゲストハウスなど、 腐る程あると言っても過言ではない。

余程のことがない限り、 予約なしでも何処かに宿泊できる。
まあ安くていいところは当然人気があり、 予約した方が良いに決まってるが......

ホテルライフを満喫したい、 こういう人が選ぶのが四つ星以上の大きなホテルか。

料金が高いからサービスが良いのは当然だが、 これだって予期せぬ事にぶち当たる。

               * *

かなり前の話だが、 日本から仕事でチェンマイへ来た40代の知人がいた。
彼は1ヶ月間の滞在、 泊まったホテルがナイトマーケット近くにある 「ドゥワンタワンホテル」。  (場所はホテル名をクリック)

で、 朝、 勤務先に出勤するため部屋を出てエレベーターを待つ。
そのエレベーター、 彼が待つ階には停まってくれない。

何度もスルー、 1階まで階段を使うにも、 8階ほど下りねばならず甚だ難儀。

彼は4、5日我慢したというが、 イライラが募りチェックアウトする。  ホテルを変更、 別のホテルに移った。

何故エレべーターが停まらなかったのか?

中国人の団体さんが一斉にエレベーターを使用し、 満員で直行のスルー。
それが彼の出勤時間帯とぶつかったのである。

               * *


この11月にジジイの友人2名が 「ポンピンタワーホテル」 に宿泊。
料金は1,570B/泊(= 4,700円/泊、 税込み、 朝食含む)。

丁度ロイカトン観光で、 チェンマイが賑わう期間だった。

朝食はバフェ、 2人はレストランに出向く。
彼らが見たそこは仰天のカオス、 騒然たる有様。

中国人団体客が奪い合うようにバフェの料理を取っている。
とても入って行く勇気はなく、 1時間ほど朝食を遅らせたという。

これは時間に余裕があってできること、 難しいものだ。


大きなホテルには団体客が多い。 一考に値すると思う。

               * *


で、 友人2人はホテルを変更、 もっと静かで団体客のいないところを探す。

「飛び込みで決めてきたよ」 と言うのがここだった。

pict-DSCN8780.jpg

「Baan Kaew Gest House」 (バーンケーオ)
ワット・チャイモンコンの前にある。(ココをクリック)



広い庭園の中に入っていく。
pict-DSCN8781.jpg




レシェプションは庭の奥まったところにある。

pict-DSCN8782.jpg




お庭の中に部屋がある。
pict-DSCN8783.jpg




ゲストハウスというが、 部屋の内部も中々のもの。
pict-DSCN8784.jpg




室内に金庫あり、 これは嬉しい。
pict-DSCN8785.jpg


ナイトマーケットに近く、 ロケーションは悪くない。
加えて団体さんを収容できるほどの部屋数がなく、 とても閑静。

料金は800バーツ/泊( =2,400円/泊、 朝食なし)。
朝食は付いてないが、 ほぼポンピンタワーの半値。

まあゲストハウスにしては少々お高いが、 庭園の中でゆっくりしたい方には持って来いかも。

                * *


一昨年だったか、 ジジイの家族3人がチェンマイにやって来た。

出発前、 「2部屋、 ホテルを予約して.....」

出してきた条件が、 観光に便利なロケーション、 朝食付きで中国人団体客がいないホテル。

以前、 富士五湖で泊まった時、 中国人客に不快な思いをさせられトラウマがあるとか。


ジジイはどのホテルがいいか......思案する。
考えたあげくに決めたのが 「スターホテル」。

前述の 「ドゥワンタワンホテル」 の南隣にある。
たまたまか部屋数の関係か団体客ゼロ、 朝食もゆったりと.....

料金は忘れてしまったが、 家族は 「安ーい」 喜んでいた。
そりゃあ東京のホテル代と比べれば、 凄く安いと感じるだろう。

家族はここに7泊、 チェンマイ観光を楽しんで帰国。


日頃から
酒を飲むこと以外に能がない、とけなされているが......











ジジイの株........この時ばかりは上がった。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:14| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする