2015年01月19日

独居老人の生活162(場違い)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐162(場違い)



Music is moonlight in the gloomy night of life.

 音楽は人生の薄暗い夜を照らす月の光である。

               * *


昨日Jazz Concertに行って来ました。

1月17(土)〜18日(日)の2日間で開催されたもので、11組のバンドが出演。
今日はその模様を写真でお楽しみください。

場所はチェンマイNIM CITY。 Airport Plazaの近く。
北タイ情報紙「Chao」の地図(B‐5)



6時過ぎ会場に到着。
pict-001.jpg



キャラクター人形がお出迎え。
涼しいので、中の人間は助かってますね。

pict-012.jpg




記念撮影、羨ましいねー、美女に囲まれて。

pict-011.jpg




バイクの展示場にはこんな美女がニッコリ。

pict-002.jpg


アップして見ましょう。 ホントお綺麗です。

pict-0031.jpg




ブースには各種料理が並ぶ。

pict-0051.jpg

pict-0061.jpg




こちらはポークの串焼き、売り子さんが美人ですね。

pict-0071.jpg




演奏者の出番を待つステージ、あと暫くでスタート。

pict-0091.jpg




一旦会場外へ出て夕飯、食事後戻って来たら既に盛り上がり。

pict-009.jpg




ステージ横には子供の遊び場、射的などもある。

pict-007.jpg




観客はタイ人の若者が多いですね。

pict-003.jpg




舞台のスクリーン用かな? 撮影クルーも大忙し。

pict-005.jpg




ジャズバンドと言うより、アイドルの歌謡コンサートみたい。
こちらの歌手は人気があるようですよ。
喋りも歌もタイ語、ジジイにはさっぱり分かりません。

pict-008.jpg




食事にビールやワインで楽しむコンサート。

pict-006.jpg

                 * *


独居老人、この手の催しはいつもターペ門広場で見ることが多い。

この日行ってみて気付いたのは、ファラン(白人)など観光客が少ない事。 中国人グループも見かけない。


タイ人若者が圧倒的に多い観客の中に混じり、ジジイは場違いの感じ。
夜12時まで演奏は続くようだが、年寄りはスゴスゴお帰りです。


それにしてもこれだけのコンサートが無料で開催、必要経費は誰が負担しているのだろうか?

出店の売上(儲け)だけで賄えるとは思えないし・・・・・。


これが観光の街チェンマイの底力かな?




コンサートに一人で行くってのは、いつもながら寂しいモンでんなー。

爺さんは家に帰って早く寝ろ! ってことか。



  音楽は人生の薄暗い夜を照らす月の光である。





独居老人にはその光がちっとも差して来ないのよ。

迎えるは薄暗い夜ばかり・・・・・・・・・。



こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:38| Comment(4) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする