2015年01月14日

独居老人の生活158(これがアメリカ)


本日は音楽の話です。
と言っても演歌やクラシックではありません。
えー、また猥歌?
いえいえ、音楽に興味のない方も、チョットだけ目を向けてください。
音楽も様々です。  ではどうぞ!



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐158(これがアメリカ)


   生き様は顔つきでわかる

   しゃべり口調で性根がわかる

   好きな歌でその人の性格がわかる
                                 ある精神科医



独居老人が21、2歳の頃、お遊びでフォークバンドをやった事がある。
5人編成で、時にはヴォーカルに女性を加えた事もあった。

演奏のレパートリーはアメリカのカントリー&ウエスタン、フォークソングや日本製のフォークと呼ばれた曲であった。


例えばハンク・ウイリアムズの
「Your Cheatin' Heart」、 「Hey Good Lookin'」。

下はハンク・ウイリアムズ。
pict-Hank_Williams_Promotional_Photo.jpg


昭和40年代前半はボブ・ディラン他の反戦フォークが人気、ジジイのバンドもこれにあやかった。

ピーター・ポール&マリーの
「Gone The Rainbow」(虹と共に消えた恋)、
「The Cruel War」(悲惨な戦争)、

Borthers Fourのヒット曲「500マイル」等も唄った。


演奏はアマチュアのジャズバンド・コンサートの前座とか、ビアガーデンでもやったことがある。

海辺のキャンプ地で練習がてら唄っていたら、いつの間にか多くの人が集まって来る。

こんな時はフォークに加え、ワイルドワンズの「想い出の渚」等ヒット曲を唄うと喜ばれた。

             * *


20代のジジイは時たまバーへ飲みに行っていた。
そこのホステスに我々の前座演奏を見に来るよう誘う。

ジジイより年上の彼女は会場に来てくれた。
演奏終了後、彼女に誘われて2人で近くの居酒屋に行く。

そこで出来上がった頃、ジジイが言った。

「次に何処か行きたい所、ある?」





「ホテルに行きたい!」

独居老人69歳、女性からホテルに誘われたのは69年間でこの一度だけ。


バンドマンはモテる、とは聞いていたがやはりなーと実感。

アマに毛の生えた程度でもこれだけ、これがプロの人気グループならモテモテ、女に不自由しないのが分かる。


残念ながらジジイの懐は然程暖かくなく、加えてその当時恋人がいた。
美人でもない年上ホステスと無理してヤリたくもなし。

居酒屋を出た後、安いスタンドバーに行き、2人はそこで別れた。
ジジイが人生でたった一度のモテたケース、良き時代の思い出。

今考えるとなんでヤンなかったのか、勿体無い事・・・。



ではここで独居老人の思い出の曲、
ハンク・ウイリアムズが唄う「Your Cheatin' Heart」。 

お暇なら下をクリックしてお聴きください。
https://www.youtube.com/watch?v=cS4LCoh0VGQ

             * *


チェンマイでもカントリー&ウエスタンのライブ演奏が楽しめる。

その店は「Players」、 場所は両替店「SK」の直ぐ近く。
北タイ情報紙「Chao」の地図(F‐5)


下はナイトマーケット、アヌサーン市場の東入口。
ここから徒歩2分ほどにお店がある。
pict-001.jpg



先ずはママさんのご挨拶、「みんな来てねー!」

pict-ママさん.jpg
ファラン(白人)の恋人と一緒に経営しているようだ。



店内
pict-046.jpg



店内から表を見た所。
外のテーブルでは喫煙可、スモーカーが溜まっている。
pict-045.jpg




さあ演奏開始。 Beer Chang小瓶80バーツ。
pict-048.jpg




歌はウエスタン、客はファランばかり、
ここがチェンマイとは思えない雰囲気だ。

pict-043.jpg




歌はOld Daysのものばかり、老人にピッタリ。
このバンドのライブは毎週土曜日、8時前にはスタートする。
pict-011.jpg




ジジイの隣席には可愛い女の子の客。
チェンマイ大学の学生とか。 美しい英語を話し魅力的。

pict-047.jpg

独居老人、ここぞとばかりに話し込み、電話やMail Addressを記したカードを渡す。

「今度食事でもご一緒に! お電話待ってます」





その後、梨の礫(つぶて)。




左はここの店員さん、中はその友人。
pict-012.jpg



右側のオッサンは、近所で店を経営するタイ人の客。
日本人ではありません。
pict-013.jpg

(追記:2016年12月28日)
ご案内した上記のお店は、 現在閉鎖されております。

             * *


アメリカのカントリーソングは今も全米で人気が高い。
しかしハンク・ウイリアムズ(1953年死没、29歳)の時代から変遷を経ている。


ヤングカントリーとしてロック調、ビートを効かせた曲に乗って独特のカントリーダンスに興じる。

ジジイの40代後半、米国での独居生活はこのカントリーソングで寂しさを紛らわせた。


ではカントリーダンスとはどういうモノか?
お試しに、曲は「カントリーロード」でご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=X6WRROoQqJw




カントリーソングも変遷、こんな様になって来てます。
Carlene Carter のコンサート、「 Every Little Thing」

ジジイの大好きな曲、ご参考までにどうぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=LZCzddptTJI

               * *


独居老人、アメリカでも一人寂しい生活4年弱。

チェンマイでも一人寂しい生活5年。



寂しい寂しいと言いながら、一人寂しく死んで行けば良いのだが・・・・・・。

これが得てして闘病生活、苦しんで苦しみ抜いてもまだ死なない。
寝たきり、糞まみれでも生きている。



オー、想像するだけでも嫌だー。



元気なうちはこれで行こう!



女と酒と歌を愛さないものは、一生の間阿呆のままだ。 
  
                             フォス   ドイツの詩人



あんれまあー、 ジジイには女だけないよー。


こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね! 





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 00:44| Comment(4) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする