2015年01月18日

独居老人の生活161(東京大学とは?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐161(東京大学とは?)


     天は自ら助くる者を助く    

               自助論(self-help by Samuel Smiles)



上記は当ブログ‐17(昨年8月2日投稿)で使った言葉である。
このブログの中でジジイはこう書いた。


日本では軍事研究でさえ不自由である。

東京大学では、昭和44年3月の同職員組合との労使合意により、軍事研究は禁止され、現在に至っている。

学問の自由は何処行った!
日本国憲法第23条を読んでみろ。



因みにこの労使合意の中身とは次のようなモノである。

  合意文書骨子

 ・大学当局は「軍事研究は行わない。軍からの研究援助は受けない」との大学の慣行を堅持し、基本的姿勢として軍との協力関係を持たないことを確認する。

 ・大学当局は、大学の研究が自主性を失って資本の利益に奉仕することがあれば、そのような意味では産学協同を否定すべきであることを確認する。



独居老人から言わせると、よくも真面目くさってこんな阿呆な事を文書にしたものと、ただ呆れ返るばかり。
軍隊や軍事の何がいけないの?


昭和44年と言えば、東大安田講堂攻防戦の事件があった年。

全学共闘会議(全共闘)および新左翼の学生が、東京大学(本郷)安田講堂を占拠。

警視庁が昭和44年(1969年)1月中旬、2日掛りで封鎖解除を行った。

pict-300px-Yasuda_Auditorium.jpg
東京大学本郷キャンパス・安田講堂



1960年代後半はベトナム戦争が激化の一途。

また、1970年で期限の切れる日米安全保障条約の自動延長を阻止・廃棄を目指す動きが左派陣営で起きていた。

このような左派の活動激化、安田講堂騒乱などを背景に、左派に対する融和策だったのか?(は知らぬが)、軍事研究禁止の文書合意に至ったのだ。



同様な動きはそのずっと後、埼玉大学でも起こった。

大学で軍事学を開講しようとしたら、教職員組合などから大反対の声があがり、結局日の目を見る事なく終わった。

               * *

なぜ大学が軍事を研究したらダメなのか?

大学は、治安や犯罪の研究をしているではないか。
研究しても、治安悪化、犯罪率上昇をもたらす事はない。


大学は、火事や自然災害の研究をしているではないか。
研究すると、火事や災害が多発すると言うのか。


大学は、医療・医学の研究をしているではないか。
研究しても、病気や健康害をもたらす事はない。


大学が軍事を研究しても戦争が勃発する訳ではない。
防衛大学は長く軍事学をやってるが、一度たりとも戦争なし。



軍事学と言っても、ただ好戦的で戦争に駆り立てる学問ではない。

戦争哲学、戦争心理学、軍事史、地理・地政学、気象学、軍事工学、軍事医学、安全保障、軍事行政、戦争法、戦略・戦術論、統率論などたくさんある。

一般学生がこれらの全てを学ぶことはないだろう。
しかし”戦争と平和の常識” を理解する一つの教養として、これらの幾つかを勉強する価値がある。



海外の大学では戦略学、軍事学が当たり前。
学生がそれを学び教養として身につける。

ハーバード大学(米国)、オックスフォード、ケンブリッジ(英国)等の有名な大学では、殆どが戦争学部、戦争研究学科、ないしは戦争学の講座を持っている。


リデルハート(イギリスの戦略家)は言う。

「”君が平和を望むなら、戦争を理解せよ”ということだ」


独居老人は言う。

「”軍事学を軍人だけに任せておくと危うい” ということだ」

軍人でない我々の首相が ”Civilian Control” する訳で、ジジイも軍事学に関心を持つ一人である。

               * *


前書きが長くなったが、一昨日嬉しいニュースを聞いた。

「東大が軍事研究解禁 軍民両用技術研究容認 政府方針に理解」

東京大学(浜田純一総長)が禁じてきた軍事研究を解禁したことが15日、分かった。 東大関係者が明らかにした。

安倍晋三政権が大学の軍事研究の有効活用を目指す国家安全保障戦略を閣議決定していることを踏まえ、政府から毎年800億円規模の交付金を得ている東大が方針転換した。

軍事研究を禁じている他大学への運営方針にも影響を与えそうだ。


 
ところがこれは糠喜びだった?
昨日(18日)のニュースで驚いた。


「東大「軍事研究認めない」 「解禁」の一部報道を否定」

軍事に関わる研究を禁止している東京大学で、大学院の情報理工学系研究科が昨年12月、「科学研究ガイドライン」を改訂した。

これについて一部の報道機関が16日に「軍事研究を解禁」などと報道。
東大は同日、「報道内容が間違っている」と否定した。

広報課は「誤解を招いたようだが、軍事研究禁止の方針はこれまでと変わらず、一部でも認めない」と説明した。

                * *

インテリの世間知らず、左翼の独り善(よ)がり。

東大は永遠に軍事研究を忌み嫌うのか。
こんな大学に毎年800億円もの税金を投じている。



世界中を見渡しても、極東の果ての日本ほど、危険極まりない国々に接している国はないのでは?

超独裁国家の北朝鮮、一党独裁共産国家且つ軍事大国の中国、反日嫌日に明け暮れる韓国、日本はこれら3国に睨まれている。



大学が軍事研究を等閑(なおざり)にしたままでいいの?

防衛大学校だけに軍事学を任せておいていいの?
因みに防大生はこれを学ぶ。

無題.png
防衛大学校・防衛学研究会 編




最後にもう一度言う。

学問の自由は何処行った!
日本国憲法第23条を読んでみろ。


学問の自由

第23条 学問の自由は、これを保障する。

研究・講義などの学問的活動において外部からの介入や干渉を受けない自由のことをいう。自由権のひとつ。

一般的には、研究の自由、研究発表の自由、教授の自由(教育の自由)を指す(具体的権利)。

そして、学問の自由を保障するため大学の自治が制度的保障として認められている。
日本においては、日本国憲法第23条において規定されている。



東大内部にも軍事研究を望む教授たちが存在する。
何故やらせてあげないの?


東大は憲法改正を訴えるべきだな。

ああー腹が立つ。




独居老人、冷静に考えてみて分かった。

「東京大学並びに同教職員組合」とは?  

コレ(をクリック)なんだろうなあ。




こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!

(追記)
昨年、今回と同様のテーマで下記をアップしております。

当ブログ‐33(鬱憤晴らし) 2014年8月10日。
当ブログ‐34(続・鬱憤晴らし) 2014年8月11日。

併せてお読み戴ければ幸いです。        以上





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:22| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

独居老人の生活160(履歴書)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐160(履歴書)



 履歴書にも、”猥談でけます”、”猥談聞けます”

 なんちゅうことを書いてもエエ、思うてますが・・・・。
      
                               田辺 聖子箴言集



昨年11月アップの当ブログ‐106(心の恋人、 '14年11月8日掲載)はテーマが習字だった。

チェンマイ大学の学生がジジイのリクエストに応え、達筆で書き上げたのが下の写真である。

pict-006.jpg


これを見た独居老人の友人鹿沼さん(仮名、67歳)が、同じ春夏秋冬を書いて送信してくれた。

上の写真を見て刺激を受け、久し振りに筆を取りたくなったそうな。

同じ書体じゃ面白くないからと、敢えて崩したと言う。
鹿沼さんは子供の頃、書道の手ほどきを受けた由。

ジジイがブログに出すと言ったらテレまくるが、何とかOKしてくれた。 これが下の写真。


pict-1415847392488.jpg


鹿沼さん曰く:

あのチェンマイ大生(女の子)の習字の実力は凄いですよ。
私よりずっと上(そんなご謙遜を、鹿沼さん!)。

使用する紙を和紙にすれば毛筆の良さが出て、もっと上手く書けるでしょうね。
あんな滑る紙の上に書くなんて気の毒ですよ。

             * *


この日の夕食はその鹿沼さん、彼の元タイ語の先生(37歳)の
3人が一緒に・・・・・・。
店名タムモア(と聞こえた)。

場所は北タイ情報紙「Chao」の地図(D‐7)の先。
ランプーン街道を南下、121号を左折して50m右手。

店の入口。 看板がある。
pict-001.jpg


店の屋内。
pict-003.jpg



我々は屋外、ガーデン席に陣取る。
女性は鹿沼さんの元タイ語の先生(個人レッスン)。
彼の恋人じゃないのが残念(これホントです)。

pict-pict-004-e2790-thumbnail2.jpg




フレンチフライ:49バーツ。
pict-012.jpg



Beer Leo大瓶:65バーツ。
pict-006.jpg

ビールの泡ではありません。
上部だけビールが凍っているのです。
pict-008.jpg



手羽先:49バーツ/皿。
pict-009.jpg



ポークのカレー:69バーツ。
pict-014.jpg



この店の名物、魚のスープ:89バーツ。
pict-015.jpg



チャーハン(シーフード):40バーツ。
011.JPG



外から売りに来たので・・・。こうろぎ:20バーツ。
pict-016-daa2d-thumbnail2.jpg



ビールのツマミに少し食べたが・・・・・・???
pict-018.jpg
もう結構です。

            * *


鹿沼さんは書道がお得意なばかりじゃない。
聞いてびっくり玉手箱、彼の持つ国家資格などこれまた凄い。


履歴書の特技・資格欄に入り切るのか心配になる程。


・教員免許。 しかし学校の先生にはならなかった由。

・調理師免許。 鹿沼さんの料理の腕はプロ級。

一緒にスーパーへ行くと、材料の見分け方、使い方などを教えてくれる。 ありがたい。


・衛生管理者。 トイレ掃除を管理するんじゃなさそう。

・宅地建物取引主任者。 不動産屋に勤務した事はないと言う。

・2級販売士。 こんな資格があるとは知らなかった。

・商業簿記検定2級。 お店経営、経理マンには必須の簿記。



しかし鹿沼さんが持つ国家資格は、恋人作りには役立たない。

               * *


カフェーで待ち合わせすると、鹿沼さんは自家用車で颯爽と現れる。

彼もジジイと同じ、チェンマイ市内で独居生活。
恋人も長くおらず、会えばオウムの様に同じ事を喋る。

「恋人できた?」

「風俗行ってる?」

こんな若者みたいな話題を枕に振って、70近い老人が女の話をする。  元気なもんだとつくづく思う。



しかし今もお互いカノ女はいない、風俗店にも行かない、

何だ、話だけかー。



しかし鹿沼さんの履歴書には特技・資格がいっぱい。
カレ氏になる資格も持っている。


履歴書には有りっ丈、もっと書こう、


”猥談でけます”、 ”猥談聞けます”、

”ナンパでけます”、 ”恋人直ぐ作れます”、

”浮気でけます”、 ”浮気許します”

”起きて歩けます”、 ”ボケてまへん”







”薬のまずにでけます”


こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね! 




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:00| Comment(7) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

独居老人の生活159(ヤンゴンの切腹)


日々、清く貧しく美しい生活を送る独居老人です。
今日は若干、そのジジイのイメージにそぐわない面も出て参ります。
それは男には付き合いというモノがありまして・・・・・・。

清く美しくない独居老人のエピソード、恥ずかしながらの内緒話です。 では、どうぞご覧ください!



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐159(ヤンゴンの切腹)


   本日は、前にアップした当ブログ‐125(ヤンゴンの休日、
   ココをクリック)の続編です。



 我々は恥辱の世界に住んでいる。

我々は真実に存在するあらゆるものに恥をかかされる。
      
                            バーナード・ショウ

(意味)
私たちは、悪くも何ともない事にも、恥ずかしいと感じることが多々あります。
本当は、それほど恥と感じる必要はないのでしょう。



精力絶倫の友人2人と一緒にヤンゴンへ行った独居老人、 己の軟弱ぶりをホトホト実感、お二人の助平劇場を見るだけの毎日だった。

pict-200px-Kandawgyi_Lake,_Yangon.jpg
ヤンゴン市内、カンドージー湖。



ヤンゴンで4日経った頃、二人してジジイに言う。

Hさん(73歳)、
「薬をのまなきゃ出来ないなんて、それは思い込みよ」

Gくん(54歳)、
「そう言う先入観があるからダメなんです」

Hさん、
「ビールは1本だけにして、1回トライしてみたら?
 薬なしでも絶対できるはず、付き合いなよ!」


男の付き合いは大事である。
そう言う事で夕食後、タクシーに乗り、3人してヤンゴンの有名店
「J J」へ向かう。

店に到着したら開店時間前、それでも入店させてくれる。
フロアには大勢の従業員が集合、立ち並んで幹部の指示を聴いている。

そして業務開始、我々はビール(ジョッキで500円/杯)を注文。

間もなく数名の女性陣が現れて我々のテーブルを囲み、妖艶に微笑む。 これらの女性は店の従業員ではない。

Hさん(73)が直ぐに前回と同じ女性を選ぶ。
Gくん(54)は、好みの女性が見当たらず、今日はパスかなと呟く。


いよいよ決めねばならぬ独居老人。
フロアの中央、ディスコの曲で踊る1人に目を止める。

T‐シャツ、ジーンズ姿、完全に素人の感じ。
ジジイはこう言うタイプが好みで、テーブルに呼んで貰う。


彼女とは”お泊まりなし”で合意、Hさんの女性共々ホテルへ戻る。
ホテルに払う連れ込み料は10USドル/人。


ジジイの部屋に来た女性(Pちゃん)は23歳だと言う。
薄化粧の明るい女の子で感じがいい。


そのPちゃんはシャワーを浴びにトイレに入る。
間もなくして声がかかる。

「シャンプー使ってもいいですか?」  「OK」

”何だいこの子は、髪くらい家で洗っておけよ” がジジイの胸の内。



次にPちゃん、トイレのドアを開け、顔を出して言う。

「ヘアードライヤーありませんか?」

”ここはパーマ屋じゃねーぞ” と思うジジイ。


ジジイはチェンマイから持参したドライヤーを手渡す。
ガーガー、ドライヤーの音が聞こえる。

その音と共にジジイの士気が落ちて来る。



暫くしてPちゃん、またトイレから顔を出し今度は、

「ブラシ貸してくださいます?」

”ウエーッ、まだあんのかー” とジジイはうんざり。
その都度、丸裸・フリチンのままベッドから起き上がり、Pちゃんの要求物を渡しに行く。

ジジイは部屋の鏡の前のブラシを取って渡す。
勿論、ブラシはジジイがチェンマイから持参したモノ。



髪を整えたPちゃんはバスタオルを体に巻き、トイレから出て来た。
照明を落とし、Pちゃんがベッドに入って来る。

いよいよ戦闘開始。


薬はのんでいない、
ビールはかなり飲んでいる、
加えて戦意喪失に近い。



何をどうあがいてもジジイの股間はピクリともしない。

友人2人のアドバイスは単なる元気づけ。
真に受けた自分がバカだった。



独居老人、男として受けたヤンゴンの屈辱。
何とも情けない、居た堪らない。

「今日はダメみたい、帰っていいよ」

Pちゃんニッコリ笑って服を着始める。 「Thank you!」
お金を受け取って部屋を出て行った。



Pちゃんがジジイの部屋で過ごした時間は約30分。
”ヤンゴン娘はここへシャンプーしに来たのかー”

これがヤンゴンの夜の思い出である。
独居老人にとっては屈辱に堪え難いこと、今でも記憶に残る。

pict-220px-01-yangon-calles-d02.jpg
ヤンゴン市内、マーケット。

             * *


ジジイの部屋を出たPちゃん、そのまま店に戻ったのかと思いきや然(さ)に非ず。

翌朝、顔を合わせるやいなやHさんがジジイに言う。

「彼女は随分早く帰ったんだね」

「ええ、全くの戦闘不能、途中で帰らせました」


「いやーまいったよ、

 彼女、帰り際にオレの部屋のドアを開けたんだよ。

 鍵を掛けてなかったからね、モロに見られちゃったよ、

 ヤッてるところを・・・・・・・(笑い)」

                * *

ヤンゴンのPちゃん、シャンプーした上に他人のHまで見て帰ったのである。

逞しく頑張るミャンマーの女性たち、
比べて軟弱、日本男児の評価を落とした独居老人である。



「屈辱に生きるよりは、報復に死ぬがいい」
   アラブの諺



こんなみっともない屈辱に報復など出来ない。
再チャレンジの意欲さえなかった。



 チェンマイに戻り次第、潔(いさぎ)よく切腹し汚名返上する、
 そんな思いでヤンゴンを後にする。









切ると痛いので止めにした。


こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね! 





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:24| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする