2015年01月22日

独居老人の生活164(オトナのいる場所)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐164(オトナのいる場所)



オトナのいるべき場所に、
コドモを出没させないというのが、オトナの見識である。

それができない人は、
自分もコドモであることを証明してるようなもの。

                                 田辺聖子「ああカモカのおっちゃん」



今日は独居老人の一つの考え方を述べさせて戴く。

恐らく9割程度の読者は同調されないかもしれない。
しかしこう言う見方もあるという事を知って戴きたいと思う。


2年程前の夜6時頃、友人と飲み屋に行った時のことである。
店はチェンマイ市内にある日本人経営の和食の焼き鳥屋。

そこは棟続きでオープンタイプの小さな店舗が幾つか並び、殆どが飲み屋である。
店先では若いオネエちゃんたちが色気をチラつかせる。

焼き鳥屋から10mほど離れた向かいにも同様の建物があり、そこにも飲み屋やカラオケ店がある。

なぜ6時に行ったかと言うと、7時半頃からそれらの飲み屋からガンガン歌曲が流れ出し、煩(うるさ)くて会話にも苦労するからである。



我々が焼き鳥屋に着いた時には、既に3人の客(日本人)が店外の席を占めて飲食中であった。

仕方なくジジイと友人は店内のテーブル席に座る。
席から1m程の通路を挟んでカウンターがあり、とにかく狭い店。


20分ほど経った頃、一人の日本人(50代か)が7、8歳の子供を連れて現れる。

その男は店外の席で飲んでいた3人の客の輪に入り、4人でワイワイやり始めた。

すると子供(女の子)は父親から離れ、カウンター席に一人陣取り、バッグからCDを取り出した。

アウンの呼吸で日本人の店主が、そのCDをカウンター内のテレビにセットする。 映像が流れ出す。

子供用アニメ(漫画)が大きな音量で聞こえて来る。
子供はドリンクを注文する訳でもなく、ひたすらアニメに見入る。


ジジイの席はそのテレビに近く、喧(やかま)しい事この上ない。
気が散るし、こんなモノ、観たくも聴きたくもない。

店外の席では、子供の父親が仲間に交ざり、平然と飲んでいる。

ここで独居老人、気分を害する、腹が立ったのだ。
(こんな程度で苛立つなんて、人間ができていない?)



飲み屋に子供を連れて来るな、とそこまで厳しく言う積もりはない。

しかし、連れて来たなら親と一緒の席に座らせ、大人しく食事をさせろ!

飲み屋は、託児所でも保育所でもない!

他のオトナの客の邪魔をさせるな! 

子供にアニメを見させたかったら、親の隣に座らせI‐Padでも使え!

と子供の父親に言いたいのだ。


独居老人が店主ならば、

無音にするか子供にイヤホンを付けて貰うか、
「他のお客さんに迷惑だから・・・・・・」 と言ってアニメの放映を断るだろう。


代金支払い時、ジジイはテレビを指差して店主に言った。
「あれはうるさい、観たくもないよ」

一緒に居た友人は、
「まあ、子供のやる事だから大目に見て・・・・・・・」

だから独居老人、この時は子供の好きにやらせていた。
親に文句を言って諍いを起こしたくない。


子供の行いではあるが、これはオトナの父親の見識、行為だと思う。


この和食焼き鳥屋には、それ以来一度も顔を出さなかった。

1年ほど経った頃か、理由は知らぬが店は廃業していた。



オトナがいる場所にコドモを連れて来ても、オトナの邪魔をさせないというのが、オトナの見識である。

それができない人は、自分もコドモであることを証明してるようなもの。

チェンマイでコドモのようなオトナに出会う、残念ながらそれが日本人だった。



これなら邦人スケベ爺さんの方がよっぽどマシ、
若いオンナに入れ揚げる方がどれほど社会に役立つか。


ガキが出没しないオトナの世界でオトナの行動だ。




よし、若い女を追っかけ回そう!


”それでもガキは付いて来るぜ”   「えー、 なぜ?」








”女が子持ちだったりするからな、よくある話よ”



こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!

(追記)
読了した書籍を紹介させて戴きます。

pict-002.jpg
「不良定年」嵐山光三郎著(筑摩書房)

引退しても”良きお爺ちゃん” にならなくていい、堂々遊びましょう! って言ってます。            以上





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:33| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

独居老人の生活163(上がる)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐163(上がる)


      屋根に上がる
      陸に上がる

      筍(竹の子)が上がる
      座敷に上がる

      気が上がる
      資格が上がる

      地位が上がる
      効果が上がる

      気温が上がる
      スキルが上がる

      ピッチが上がる
      学校に上がる

      仕事が上がる
      雨が上がる

      双六が上がる
      月のモノが上がる

      男っぷりが上がる

こんなのが「上がる」なら、いくらでも上がって貰っていい。

                 * *


今年始めて寿司を食いに行く。
「寿司一番」、ここは既に当ブログでご紹介済み。

いつもの通りランチの寿司セットと缶ビールを注文。
いざ勘定で「ありゃー」。

寿司セットが、170バーツから190に値上げされていた。

女将が言う。
「仕入れ値はみな上がってるし、ずっと値上げしてこなかった」

ビールのLeo小缶は変わらずの50バーツ、合計240Bを払って帰る。 「値段が上がる」



このあと行きつけの床屋に立ち寄る。

床屋はあちこち行って試したが、この店がジジイの好みに適っていた。 バリカンを使わず、ハサミだけでカットする。

pict-010.jpg

行ってみたら先客がカット中、15分待ってくれと言われる。


ならばと、時間つぶしで一軒置いて隣にあるマッサージ店へ行く。

pict-013.jpg

タイ・マッサージ200B/時間。
この辺の店は以前180B/hだった。既に値上がり済み。


偶々21歳の女の子が揉んでくれると言う、ラッキー。

ウトウトしながら1時間、マッサージ終了。
そうすると21歳の可愛いマッサージ嬢が言う。

「これ、OK?」
21歳は指を丸めて竹輪のような形を作り、手を上下に振る。

独居老人、全くその気はなかったが情報として訊く。
「タオライ(いくら)?」

「マイルー(知りません)」と恥ずかしそうに答える。

ジジイは「オヤッ!」と思った。
そうか待機している他の年増がやるんだな・・・・・と。

「オレは老人でそれはもう無理よ」と言って勘定場へ。
ジジイの声が聞こえたのであろう。 案の定年増の女が言う。

「老人? 老人じゃないわよ・・・・・」

可愛い21歳が”竹輪擦(こす)り” を勧誘。

客がOKしたら代わりにババアがやって来て、
「ハイ、擦るわよー!」 では一種の詐欺だよ、これー。


とにかくセンズリであれオスペであれ、正直ジジイにはもう無理なのだ。

因みにセンズリはタイ語で”chak wao"、
「凧をあげる」の意味もある。 何となく分かるような感じ。
これが上がるなら大歓迎だが・・・・・・。



オスペは無視してお隣の理髪店へ移動。
年増も年増、店主のオバはんがお待ち兼ね。
pict-009.jpg

オバはん店主は誰も雇わないで一人で経営。
一人モンとかで、男は一切要らないと言う。

pict-008.jpg

ここは10分ほどでカット完了。 洗髪はしない。


料金を払おうとして「あんりゃまあー」。
これまでの100バーツが、新年から150Bだと言う。

なる程壁の料金表を見ると、そう書いてある。

「10年間料金は変えなかったから・・・・・・・」

それにしても一挙に50%アップとは凄すぎる。

「料金が上がる」


料金がまだ二桁台の床屋は他にある。 次はそっちへ行くかな。




チェンマイ空港のタクシーも値上げしている。

これまで空港 → 市内は120バーツ、これが160にアップ。
約35%の値上がり、嫌んなるなー。  

まあ使用頻度が低いから目をつぶろう。
「タクシー代が上がる」




こんな”上がる” なら好きなだけやるがいい。

ジジイが住むアパートの駐車場に置いてあるこのバイク。
なんでこんなにまで車体を上げてるのかな?

pict-014.jpg

pict-002.jpg


この方はバイクの所有者ではありません。モデル?です。
pict-015.jpg


バイクに跨っても足が地面に届かない。

pict-016.jpg
持ち主は大男のファラン(白人)であろう。

               * *


何処かしこ値上げ値上げ、円は値下げ値下げ。
貧困定住者の独居老人、堪(たま)らんわー。

世知辛いチェンマイになったもんじゃのう。
(もんじゃ焼きが食いたくなった)



タイ人の奥さんや恋人がいる同邦ご老人殿、
彼女からお手当アップの要求があればOKしましょうね。

他の処はみな値上げ、彼女のお手当値上げも当然至極。
ジジイが行った床屋並み、50%アップくらいか。


ジジイにはタイ人女房も恋人もいないから、お手当はどんだけ上がってもいい。

カノ女なしの独り者には唯々こんな言葉が浮かぶだけ。

羨む、やっかむ、妬む、嫉む、僻む(ねたむ、そねむ、ひがむ)。








独居老人、「ムスコは上がらず」、諦め。


寂しい。



こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 08:20| Comment(6) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

独居老人の生活162(場違い)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐162(場違い)



Music is moonlight in the gloomy night of life.

 音楽は人生の薄暗い夜を照らす月の光である。

               * *


昨日Jazz Concertに行って来ました。

1月17(土)〜18日(日)の2日間で開催されたもので、11組のバンドが出演。
今日はその模様を写真でお楽しみください。

場所はチェンマイNIM CITY。 Airport Plazaの近く。
北タイ情報紙「Chao」の地図(B‐5)



6時過ぎ会場に到着。
pict-001.jpg



キャラクター人形がお出迎え。
涼しいので、中の人間は助かってますね。

pict-012.jpg




記念撮影、羨ましいねー、美女に囲まれて。

pict-011.jpg




バイクの展示場にはこんな美女がニッコリ。

pict-002.jpg


アップして見ましょう。 ホントお綺麗です。

pict-0031.jpg




ブースには各種料理が並ぶ。

pict-0051.jpg

pict-0061.jpg




こちらはポークの串焼き、売り子さんが美人ですね。

pict-0071.jpg




演奏者の出番を待つステージ、あと暫くでスタート。

pict-0091.jpg




一旦会場外へ出て夕飯、食事後戻って来たら既に盛り上がり。

pict-009.jpg




ステージ横には子供の遊び場、射的などもある。

pict-007.jpg




観客はタイ人の若者が多いですね。

pict-003.jpg




舞台のスクリーン用かな? 撮影クルーも大忙し。

pict-005.jpg




ジャズバンドと言うより、アイドルの歌謡コンサートみたい。
こちらの歌手は人気があるようですよ。
喋りも歌もタイ語、ジジイにはさっぱり分かりません。

pict-008.jpg




食事にビールやワインで楽しむコンサート。

pict-006.jpg

                 * *


独居老人、この手の催しはいつもターペ門広場で見ることが多い。

この日行ってみて気付いたのは、ファラン(白人)など観光客が少ない事。 中国人グループも見かけない。


タイ人若者が圧倒的に多い観客の中に混じり、ジジイは場違いの感じ。
夜12時まで演奏は続くようだが、年寄りはスゴスゴお帰りです。


それにしてもこれだけのコンサートが無料で開催、必要経費は誰が負担しているのだろうか?

出店の売上(儲け)だけで賄えるとは思えないし・・・・・。


これが観光の街チェンマイの底力かな?




コンサートに一人で行くってのは、いつもながら寂しいモンでんなー。

爺さんは家に帰って早く寝ろ! ってことか。



  音楽は人生の薄暗い夜を照らす月の光である。





独居老人にはその光がちっとも差して来ないのよ。

迎えるは薄暗い夜ばかり・・・・・・・・・。



こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:38| Comment(4) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする