2015年01月31日

独居老人の生活173(プノンペンのホテル)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐173(プノンペンのホテル)


  旅とは結婚と同じようなものであり、

 コントロールしようとするのは間違いなのである。




独居老人、友人Hさん(68歳)と共にカンボジア旅行中。
我々がプノンペンで宿泊したホテルを紹介します。

「Channsoda Hotel」

pict-024.jpg

場所はトンレサップ川沿い界隈、王宮の近く。前回もこのホテルに宿泊した。



部屋は2ベッド、一つは荷物を置くのに便利。
チェンマイ同様、一人寂しく眠る。

pict-001.jpg

pict-010.jpg

エアコン、扇風機、テレビ、冷蔵庫付き。
エアコン使用は昼のみ、夜は涼しいので自然のまま、窓を少し開けて寝る。

尚、Hさんの部屋はベッドが一つ、その分スペースあり(広い)




バス・トイレ。
pict-002.jpg

前回泊まった時は、Hさんのシャワーはお湯が出ず、ジジイの部屋は生ぬるいお湯だったが、今回は言う事なし、満足。




ホテルの外に見えているのが王宮。
pict-033.jpg



チョッと脱線して王宮周辺を覗いてみましょう。
夜の王宮前の広場、飾り付けが綺麗です。

pict-022.jpg




売り子さんが何かを出してます。
pict-024.jpg




家族のパーティーかな?
pict-025.jpg





昼の王宮の正面。
pict-005.jpg

これは2013年11月、カンボジア独立50周年記念祝典の時に撮影したモノ。
この時は王宮広場前の通りで軍隊のパレードがあり、興味深い観光の一つになった。


宿泊のチャンソダホテル、本線に戻ります。

料金は1,890円/泊、Hさんがホテル・ネット予約会社「agoda」を通じ日本で予約。
ロケーションと料金でチョイス。 朝食なし。



友人Hさんは富裕層に属し、チェンマイで利用するのは四ツ星ホテルばかり。 
今回はジジイの希望に合わせ、レベルを落としてくれた。

ジジイの方はHさんの意向を汲んでレベルを上げる。
言ってみれば富裕層と非富裕層(貧乏)、その2人の中間を取った感じかな。


プノンペン市内には10ドル/泊程度の安価なゲストハウスが多くあり、選ぶに苦労はない。

独居老人の考えだが、ホテル選択に不可欠は清潔と安全。
これを基本にいつもは出来るだけ安い宿泊先を探す。

早い話、金がないからそうせざるを得ないのが実情だ。


しかし死ぬまでに一度でいい、若き美女と一緒に旅行し、ロマンティックな高級ホテルに泊まりたい、と切実に願っている。

その為のカネは「冥土の土産・旅行基金」として積み立ててあるのだが・・・・・・・。









先立つオンナがいない。



こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:56| Comment(0) | カンボジア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

独居老人の生活172(朝のプノンペン)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐(朝のプノンペン)


人生はただ一回きりである。  あの世などどうでもよい。

  単なる安穏無事な生活を送るより、

この世で何かやり遂げんと冒険を試みるほうが人生にふさわしい
                                             ルーズベルト


1月26日からプノンペンに滞在中、そこからのレポートです。


プノンペンの朝、涼しくて気持ち良く、ブラリ散歩。
市内を流れるトンレサップ川沿いは絶好の散歩コース。

川沿い.jpg




扇子を持って踊り? かと思いきや、これが体操のようで。

pict-014.jpg




こちらは剣戟、7、8人でやってました。 これも体操です。

pict-009.jpg




これはもう分かります。 エアロビクス。

pict-015.jpg




トンレサップ川に沿ってお洒落なレストランやカフェーが並びます。

pict-029.jpg

pict-031.jpg




川沿いから離れ街中へ。
こんな看板のある建物を見つけました。

広島ハウス。
pict-024.jpg



チョッと中に・・・・・・・。
pict-027.jpg



建物は封鎖されている、戻りましょう。
この建物、何だったんでしょうね?

pict-028.jpg




洗濯屋の看板かな? それとも隣の店のモノか。
何で相撲取なの? カンボジア人は知ってんのかな。 

pict-023.jpg





通りに混み合っている店があったので一人で朝食。

pict-022.jpg



pict-018.jpg




調理する女性がとてもお綺麗な方。

pict-017.jpg




ヌードルスープ(そば)を注文、6,000リアル(1.5ドル)。
もやし付き。
pict-016.jpg

肉と野菜がタップり入っていて旨い、 いいね!



プノンペンに居ても、どうしてもここに行きたいと言う所がなく、
1日ただブラブラしてます。




それならチェンマイにいた方がマシだって?


こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 18:55| Comment(0) | カンボジア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

独居老人の生活171(昼のプノンペン)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐171(昼のプノンペン)


   長生きするものは、多くを知る。

   旅をしたものは、それ以上を知る
        アラブの諺



カンボジアの首都プノンペンに来て2日目。
午前10時過ぎ、同行者Hさん(68歳)とセントラルマーケットへと足を向ける。

一昨年の11月に来た時と比べれば涼しいが、やはり日中は暑く、チェンマイの気候の良さを実感。 



ホテル前に待機するツクツクから声を掛けられる。
料金は前交渉、運転手は2ドルと言う。

こちらは現地通貨リアルで6000リアル(1.5ドル)を提示、
交渉成立。
US$のセントが通用しないので、細かいがリアルにする。

pict-005.jpg

走ること約10分、セントラルマーケット到着。



Hさんが絹のクロマー(布地)に興味があり、あちこち見て回る。

pict-006.jpg




必死に売り込む店員さん。

pict-007.jpg

pict-008.jpg

結局ひやかしだけに終わったHさん、次にオルセイマーケットに徒歩で向かう。

ここでも何も買わず、ただ見るだけのHさん、ランチにしようと言う事で近くのレストランへ歩いて行く。


店名不明。営業は朝5時〜午後2時まで。
店内。
pict-012.jpg


pict-013.jpg



ご機嫌のHさん。
pict-014.jpg




厨房が広くて清潔です。
pict-016.jpg





食器は洗った後、熱湯消毒をしている。 驚き。
pict-015.jpg




何の魚か知らないが、美味しい! 3ドル。

pict-017.jpg





ビーフ野菜ブロッコリー炒め3ドル。
Hさんはビーフカレー3.25ドルを注文(写真撮り忘れ)

pict-018.jpg




アンカービール小瓶が1ドル。 5本飲む。

pict-019.jpg




この店を仕切る義理の姉妹(亭主が兄弟)
前回もこの店に来ており、懐かしく感じる。

pict-003.jpg


pict-004.jpg


満腹、ホテルへツクツクで戻る。 昼寝をするため。
我が部屋は丁度ルームキーパーが掃除を終えたところ。

「サワディーカップ」、タイ語が出る。 バカ丸出し。


チップを2000リアル(0.5ドル)渡し、パチリ。
ルームキーパーさんです。

pict-021.jpg



可愛い女の子、なので独居老人、2人をお誘いする。
pict-020.jpg

「今晩一緒に食事しませんか?」

「Bussy」

「それじゃ明日は?」

「No, bussy, Everyday bussy!」

あっさり断られました。



煮て喰おうって訳じゃなし、冷たいプノンペンの女の子。

振られのプノンペン、夜の部に期待しよう。



こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね! 




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 01:30| Comment(0) | カンボジア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする