2014年12月24日

独居老人の生活141(チェンマイの夜でO Holy Night)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐141
                 (チェンマイの夜でO Holy Night)



  Silent night, holy night!
 All is calm, all is bright.
 Round yon Virgin, Mother and Child.
  Holy infant so tender and mild,
 Sleep in heavenly peace,
 Sleep in heavenly peace.


Olivia newton johnがしっとりと唄ってます(3分)。
お時間あればお聴きください。 下をクリック。
https://www.youtube.com/watch?v=J6P3fCDQVMI



さあクリスマス、Christianでない独居老人も浮かれ気分。
夜は麗しき女性と一緒に過ごしたい、 先日そんな思いからいち
早く訪れたのはクラブ 「チェンマイの夜」。

(場所はココをクリック)
「Hotel Meridien」の北側の建物(3F)の中にある。


この店は風俗店と異なり、ただホステスさんとお喋りしたり、歌を唄って楽しむだけ。
カラオケ店のような女性の連れ出しシステムはない。

店の社長がこぼす。
「連れ出せないので、お客様に怒られるんですよ。
 ブログに載せるなら、これ書いておいてください」



この日はジジイを含め爺さん4人で突撃。
店に入ると待機しているホステスさんを選ぶ。

自分に付いて貰う訳で、当然各々の好みで指名する。
日本と違って三十路を超えたホステスはいないので、必然的に若い女の子に当たる。

皆さんお綺麗な方々ばかり、目移りして”困っちゃうな〜” の
山本リンダ。
顔馴染みのホステスがいても、そんな事は関係なし。

ジジイは行ったその日の一番好みの女性を選ぶのだ。
残念ながら、これまでに通いたくなるようなホステスさんに出会った事はない。



お店の許可を得たので写真でご紹介。

下の彼女(21歳)は72歳の爺さんが指名。
pict-DSC_0064.jpg




こちら(22歳)を選んだのは64歳の超堅物爺さん。
pict-DSC_0060.jpg




カワユーイこの子(22歳)は60歳の既婚者爺さん。
pict-DSC_0059.jpg





そして独居老人のお好みはこの女性(27歳)。
この方、化粧が濃すぎて人造人間の様、よって目隠しせず。

pict-DSC_0066.jpg
お喋りの上手なホステスさんで楽しかった。




爺さんの熱唱、ホステスさんより歌がお好きな方。
pict-DSC_0070.jpg




こちらは我々の隣の席、どなたか知らぬがお一人で来店。 
pict-DSC_0069.jpg
ホステスをしっかり口説いてね!




この日の勘定(請求)は780バーツ/人。
飲み物は、Keepしてあったウイスキー(1000B/本)だけ。

ここのホステスさん達は、決して「ドリンク飲んでいい?」等とねだらない。 これは好感がもてる。
ホステスさんに200B/人のチップを渡したので、結局一人頭1000Bの支払い。



ではここで独居老人がクリスマスソングで一番好きな曲、
「O Holy Night」 歌うはJessica Simpson。

ココをクリック、是非お聴きください。いい歌ですよ。

            * *


たまにはカラオケで唄ってストレス発散もいいね。

あ! ストレスなんか全然ないか。


んじゃあ若い女の子のエネルギー吸収だ。

でも歌じゃなく、肌から直接吸収したいな。





吸収力=資金力、 カネがないから絶望。

こりゃダメだ。



皆さま、楽しいクリスマスをお過ごしください。

チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:01| Comment(0) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする