2014年12月22日

独居老人の生活140(XXXX)


またやっちまった。

昨日スーパーで買い物し、バイクで帰宅途中に電話が入る。
女性からで、タイ語で何か言っているが意味が分からない。

ようやく理解できた。
独居老人、財布をレジに置き忘れてきたのだ。
直ぐにそのままリンピンスーパーへ引き返し、財布を受け取った。

財布の中にジジイの電話などが書かれたカードが入っており、それを見た店員さんが電話をくれたのだ。
同様のミスは、以前当ブログ‐41(ココをクリック)でお伝えした事があり、これで2度目。

己への腹立ち、情けなさ、惚けの心配など、漫談の牧伸二じゃないが

     ”あーあやんなっちゃた”。



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐140(XXXX)


   梅もきらいよ 桜もいやよ 
   ももとももとの間(あい)が良い
   
    (注)ももは桃と腿がかかってます。意味がお分かりでしょうか?



「ロイヤルプロジェクトフェアー2014」を覗いてみた。

チェンマイ大学コンベンションホールで12月19日(金)〜21日(日)の3日間開催されていたもの。
独居老人、昨年に引き続きの買い物である。

正面入口。
pict-028.jpg



子供のライブ、見事なパフォーマンス、中々やるぜー。
pict-009.jpg

pict-015.jpg



出番を待つ子供たち。
pict-011.jpg



さあ会場の中に入ってみよう。

pict-014.jpg

pict-017.jpg



ステージ上のお写真と飾り付け。
pict-018.jpg


pict-019.jpg


pict-020.jpg



美人の売り子さん。
美女の写真ばかり出すとワンパターン、今日はこれだけ。
pict-016.jpg



植木もあります。
pict-023.jpg



ここはガーデン。
pict-024.jpg




カフェーがあった。
pict-025.jpg



飲食物のブースが各種あり。
ビールも安く売っており、ジジイ感激。
pict-026.jpg

               * *


丁度お昼時、ランチは近くのタイ飯屋に行く。
場所は北タイ情報紙「Chao」の地図(B‐2)
ステープ通りから空軍基地に入った通りの右側にある。

ステープ通り信号の角にはこんな案内看板が見える。
pict-034.jpg



こんなお店。
pict-033.jpg

pict-029.jpg



海老チャーハン40バーツ、 Beer Chang大瓶60B。
pict-031.jpg



ポークの広東麺45B。
ジジイには量が多すぎて食べきれず。
pict-032.jpg

              * *

この日ジジイがロイヤルプロジャクトフェアーで買った物は4点。

左はビールのツマミで23B(開封後チャック付きでイイネ!)
右はポークのハムかな100B。
pict-035.jpg




左はXXXX3本15バーツ、右がXXX6個20B。
pict-036.jpg
きゅうり、ナスビ、日本の品種と同じで嬉しい。            


12月11日アップの#131(お引越し)あたりからXXXXの話が続いており、中々抜けきれない。

匿名様のXXXXコメント、結果的にネタ作りにご協力戴いたようで、改めて感謝???

             * *


米国はテキサス州エル・パソからリオグランデの川を渡ると、そこがメキシコのシウダー・ファレスと言う大きな町である。

1993年11月下旬、 当時48歳の独居老人と友人(日本人)がエル・パソ〜メキシコを旅行した。

下はエル・パソの町。
pict-220px-El_Paso_Skyline.jpg


pict-DSCN6820.jpg



pict-DSCN6822.jpg
    ☝ 48歳のジジイ、 背景はエル・パソの町。



ここで国境に架かる橋を渡り、メキシコに入国(シウダーファレス市)した途端、呼び込みの大声を耳にする。
 
待ち構えていたのは、4〜5人のタクシー運転手たち。

ジジイ達を見るなり、

「XXXX、XXXX、XXXコー!」の日本語。

これを一斉に叫んだのだから、独居老人、面食らうこと半端じゃなかった。 
誰か知らぬが、とんでもない言葉を教えてくれたものだ。

(これって、ホンマもんのオXXコの呼び声でした。
 目的地が分かり易く、その点では良いのですが・・・・・・)

pict-DSCN6819.jpg
    ☝ メキシコ・シウダーファレスの街で。

            *


数年前、独居老人がラオスを一人旅した時の事。

この時の行程は、日本→ プーケット→ バンコック→ ウボンラチャターニ→ ラオスのパークセー→ ヴィエンチャン→ ルアンプラパーン→(ボート)→ フェサイ→タイ再入国。


ラオスのフェサイでは1泊、夕食に小さなレストランを訪れた。
ジジイが一人で飲んでいると、若い店員(男)がテーブルにやって来て言う。

「I love you を日本語では何て言いますか?」

ハハーン、こいつ、日本人の女性を口説きたい、抱きたいのか、
と感じ取った独居老人、親切に教えてあげた。

「”XXXXしたい”って言いいます。

 これを2〜3回繰り返せば女性は感激しますよ」


ラオス男がこれで愛を告げれば、聞いた日本人女性は嫌がって逃げるだろう。 
ジジイは大和撫子の貞操を守ってあげたのだ。



え、え、えー!

日本人女性が
「はい、ご遠慮なく」って答えたらどうするかって?

そんなこと、知るもんか。


ジジイがラオス男性に教えた「XXXXしたい」は、









「ダ・イ・ベ・ン(大便)したい」でした。


こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね! 




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:02| Comment(0) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする