2014年12月11日

独居老人の生活131(お引越し)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐131(お引越し)


   酒をのめ、それこそ永遠の生命だ、
 また青春の唯一の効果(しるし)だ。

  花と酒、君も浮かれる春の季節に、
 楽しめ一瞬(ひととき)を、それこそ真の人生だ!

             オマル・ハイヤーム(11〜12世紀のペルシアの科学者、哲学者)



独居老人が22歳の頃であったか。
友人と馴染みの和風居酒屋で飲んだ時の事である。

その頃ジジイは若さもあって気勢をあげた。
飲んでくだ巻き飲み過ぎたか、座布団を枕に寝入ってしまう。

友人と店主から起こされたのが看板の時。
酔いが覚めぬまま自宅に帰り玄関を開けた時、母親が出て来た。

22歳の息子の顔を見るなり、
「何を酔っ払ってバカやって! いい加減にしなさい」

「うるせーな、ご機嫌なんだから黙っててくれ!」

そのまま自分の部屋に行きバタンキューの熟睡。


翌朝目覚めて居間に行くと母が居て、意味ありげな笑いをして言う。  「鏡を見て来なさい」

鏡で己の顔を見るといやはやびっくり、額(ひたい)にマジックインキで落書きがしてあった。

その落書きは二重丸(◎)とその中心を縦断する縦線(|)、周りに放射状の短い線。

字で表現すると面倒なもんだ。  絵にするとこれ。










omanko.png

友人の仕業、居酒屋でジジイが酔って寝てる間に悪戯(いたずら)したのだ。
おでこのマジックインキが洗っても中々落ちず、往生した記憶がある。

               * *

そう言う事でこの日の晩飯は和食居酒屋で。
その名も居酒屋「ぐでんぐでん」。

場所は「チェンマイプラザホテル」の並び(東側)。
北タイ情報紙「Chao」の地図(F‐5)

この大きな提灯が目印。
pict-DSC_0041.jpg


看板も目立つ。
pict-DSC_0045.jpg


店内。
pict-DSC_0039.jpg



オーダーは冷奴39バーツ、 ほうれん草のおしたし29B。
Beer Chang大瓶79B。
pict-DSC_0037.jpg



店先で調理する焼き鳥。
pict-DSC_0040.jpg



ジジイの好物、ハツは25B/串。 2串食べる。
塩とタレがあり、塩をチョイス。
pict-DSC_0044.jpg



これは砂肝。 25B/串。
pict-DSC_0043.jpg


            * *


下記の話はジジイが人から聞いたもので、チョッと眉唾物かも。
しかし受け取り方は聞く人によって様々であろう。



天照大神のその昔、女性の局所の位置はその額にあったんだとか。  




これが天照大神の時代の女性器の形。ぽっちゃり丸型だった。
omanko.png

おでこに性器があると何かと具合が悪い。

隠す為には常に頭巾を被るか、額を布で巻かねばならぬ。
風で吹っ飛ばされでもしたら恥ずかしい。

オシッコするとしぶきが目に入ったりもする。
顔を洗う時、局所も一緒に洗える事を除けば利点はない。

そこで何処か別の場所に引っ越そうか、と言う話になった。


真っ先に手を上げたのがお臍(へそ)婆さん。
「広々としてるし、お臍の下なら腰巻で隠れるわよ」


ところが肛門オッサンも熱心に勧誘する。
「こっちの方が股に近くて安全だ、オシッコもしやすいぜ」


臍も肛門も譲らず誘致合戦を繰り広げる。

そして最後には
「こっちにいらっしゃい」、「いやこっちに来なさい」
と女性器を臍と肛門とで強引に引っ張り合う。


互いに負けじと引っ張り合いしていたら、局所がこんな様に伸びてしまった。










manko2.jpg

これが昔のぽっちゃり可愛い◎形状から、現在の醜い縦長(直線)秘部になった理由である。


その上縦長でも位置がかなり肛門寄り。
これは腕力において、お臍婆さんより肛門オッサンが勝(まさ)っていたからだと言う。

可哀想なのは女性器さんだ。
臍と肛門のお陰であんなグロテスクな姿にされちゃって。
独居老人はこれに同情、優しく慰めてあげたい。


尚この引越し話、真偽の程は定かでない。

              * *

昨今女性器を見ても全く反応しない我が股間だが、あれは隠されているからこそ良いのである。

ドバドバーと見せられると怯(ひる)んでしまう。


お一人くらい物好きな女性読者がいると信じてアドバイス。

男から脱がされる時は恥ずかしそうな素振りで・・・・・・。
その羞恥心に刺激されて男は奮い起つのだ。



    Hをせよ、それこそ永遠の生命だ、
  また老春の唯一の効果(しるし)だ。

   女と酒、老人も浮かれるチェンマイで、
  楽しめ一瞬(ひととき)を、それこそ真の余生だ!





独居老人、
「ハイどうぞ」って大股開きしない女性をお待ちしてます。



こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 05:39| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする