2014年12月05日

独居老人の生活127(万歳)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐127(万歳)


   天皇陛下万歳! と必ず言う。

   そしてその後に最期の最後に そのあとに

   「お母さん!」と言うだろう。
           
                      神風特攻隊員の日記より



今日はタイ国王の誕生日。
祭日とあって役所や学校などはお休み。


独居老人はタイの王様と聞くと、直ぐにハリウッド映画「王様と私」を思い出す。
王様をユル・ブリンナー、家庭教師をデボラ・カーが演じた1956年公開のヒット作。

映画「王様」のモデルは、タイ仏教の改革と列強諸国との外交に努めたタイ国王・ラーマ4世(在位:1851年 ~ 1868年)とされる。

ストリーは、王様がイギリスからアンナを家庭教師に招き入れ、西洋の教育を子弟に行う。
そしていつしか二人に愛が芽生えて・・・・・・。


残念ながら「王様と私」、タイでは不敬罪があるため上映が禁止なんだとか。
お暇なら映画の挿入歌「Shall we dance?」をどうぞ。

ユル・ブリンナーとデボラ・カーが歌って踊ってますよ(4分44秒)
https://www.youtube.com/watch?v=QgVPnWmUqd4



こんなのアップして、これでも不敬罪になるのかなあ。

            * *


3日の夜、ターペ門広場を通ると賑やかなこと。
国王誕生日のイベントは既にここで催されていた。

ご一緒に覗いてみましょう。
北から南に広場を見る。色んな売り場が出てますね。

pict-019.jpg



これは無農薬野菜の販売かな?
売り子の女性が美人でした。
pict-020.jpg



ここの商品は何かなあ。
pict-021.jpg



ここはお米の販売でしょうね。
pict-022.jpg



この辺りから何を売ってるのかジジイには分からず。
pict-023.jpg

pict-024.jpg



ステージでは歌と踊りで盛り上がる。
pict-028.jpg



王様がでんとお出まし。
pict-029.jpg



楽しむ観衆。
pict-030.jpg



出番を待つ踊り子たち。
「踊り子」なんて書くと川端康成を思い出しちゃう。
pict-025.jpg


みんな可愛いねー。
ジジイは左から2番目が好みです。
pict-026.jpg



こちらにも王様が・・・・。
pict-032.jpg

pict-033.jpg



多くの飾り付けが人を呼ぶ。
pict-034.jpg


pict-035.jpg



ターペ門の外通りにも電飾あり。
pict-036.jpg

以上、12月3日のターペ門広場の模様でした。

            * *


さぞかし今夜のターペ門広場は最高潮に達するであろう。
花火が上がるかな。

誕生日を祝して、屋台の食いモノやビールが無料で飲食できる、こんなサービスがないものか。

タイ国内全土、無料で飲めや歌えのドンチャン騒ぎが出来る催し。

特に外国人には綺麗なオネエちゃん付きの酒池肉林、こんなんで国王の誕生日を祝福できたら最高なのだが・・・・・・。




オイ! その不謹慎な表現、不敬罪にならないか?


こりゃダメだ。



Happy Birthday to The King of Thailand !



タイ人は戦争になった時、王様バンザイ!って死ぬのかな?
一度訊いてみたい。

チェンマイって ホントいいですね! 




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 05:46| Comment(0) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする