2014年12月20日

独居老人の生活138(武者小路実篤‐1)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐138(武者小路実篤‐1)


愛することによって失うものは何もない。

しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。
  


                     バーバラ・デ・アンジェリス(米国の女性作家、心理学者 )



拝啓 匿名様

「独居老人をチェンマイの虜にしたのは何ですか?」
「女のXXXXなんでしょう?」

これは匿名様から当ブログ‐106(心の恋人)に頂戴したコメントでの質問でした。

それはXXとお答えし、ペンディングに・・・・・・・・。
今日はこのお話をさせて戴きます。

               * *

7年前、独居老人がチェンマイに来た頃は一人の友人もなく、毎日一人で飲んでおりました。
夜の寂しさ、ライブ好きもあって、ジジイは近くのレストラン・バーに通い始めます。

そこは客の殆んどがファラン(白人)で、タイ人バンド以上に白人バンドが人気を得ておりました。

「お客が勝手に演奏し歌っていい」と言うスタンスをとる小さな店で、ジジイは彼らのライブ演奏のファンになります。


独居老人は一人で店に行きますので、テーブル席ではなくカウンターに腰掛けてました。

そのカウンターの中にバーテンダー兼レジ係りとして、33歳の女性が働いていたのです。

彼女は英語が出来たので、ジジイとカウンター越しに会話が始まりました。


この頃ジジイは、日本の夏と冬の各1、2ヶ月のチェンマイ滞在でした。
彼女から見たジジイは唯の観光客だったでしょう。

頻繁に通っているうちに、恥ずかしながら彼女に好意を抱くように・・・・・・・・・。
彼女の真面目な仕事ぶり、飾らない態度、接客マナー等がジジイを魅了したのです。



彼女を知って1年半後、
「食事に行こう」と誘うとOKの返事が・・・・・・・。

彼女はいつも一人で出て来てくれました。
ジジイをバイクの後ろに乗せ、目指すレストランへ・・・・。

独居老人がまだバイクを所有していない時期だったんです。
彼女が案内してくれる処は安いタイ飯屋ばかり。

カオマンガイを初めて食べたのも彼女のお蔭です。

今ジジイが乗っているバイクですが、購入後バイクを引き取りに行った時も彼女が一緒に来てくれました。


そんな彼女に、いつしか独居老人の心は惹かれて行きます。



4回目のデートだったでしょうか、ここがタイミングとばかりに彼女をジジイの部屋に誘ったのです。

暫くお喋りした後、椅子に座った彼女に口付けを試みますと、

「もう少しお友達でいたい、急ぐと直ぐダメになるから」



手込めには出来ません、言われるままにスゴスゴ後退です。

ならばやる事は口説き落とすだけ。
それから独居老人が実行した口説き戦術は2つです。


ではここで一服、映画を3分ほどご覧になりませんか?
50歳近いしがないオッサンと若き美女とのラブストリー。
映画音楽もヒットしました。

ジジイは彼女と出会ってこの映画が思い浮かんだのです。
ココをクリック、お願いできますか。



話は佳境に入ってまいります。
彼女の写真も見てやってください。

この続きはまた明日に・・・・・・・。



”なーんだ、一遍に書けば良いじゃないか”

そう思われるのはご尤もです。
しかしジジイの”書く能力” に問題もありまして・・・・・・・・。



こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 04:44| Comment(3) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

独居老人の生活137(ロマンティックな夜)


パソコンの調子が悪く、朝5時から悪戦苦闘。
Log‐In、Log‐Offを3回繰り返しやっとこさアップ完了。

完成済みの原稿をコピーして移し替えるだけで約3時間、唯々忍耐・我慢。
原稿作成より時間がかかる、こんなPCはぶち毀(こわ)したくなりますね。

まあ我慢・忍耐はPCに限った事ではありませんが・・・・・・。
今日はアップアップのアップです、ではどうぞ!



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐137(ロマンティックな夜)


  男の真理に目ざめた。
  女は元来、子供があれば男は要らん種族やが、
  男は、どうしても女なしでは生きていけん種族。
        
                        田辺聖子「ああカモカのおっちゃん」



さあクリスマスも間近。
独居老人、部屋では毎夜クリスマスソングを流し、一人寂しく飲んでいる。
これでは「チェンマイ独居老人の惨めなる生活」だ。


20日を過ぎると何処のレストランも込んで来る。
そこでチョッと早いが、連れを誘ってクリスマス・ディナーを楽しもうと・・・・・。
ジジイもたまにはロマンティックな夜を過ごしたい。



二人して出向いた先はピン川沿いのレストラン「Samsen Villa」。
場所は北タイ情報紙「Chao」の地図(G‐4)、
リンピンコンドーの敷地内にある。


夕6時20分に到着したら既に客で混雑、川沿いの席は満杯。
それでも広い庭にはたくさんのテーブル、その一つに席をとる。

pict-005.jpg

pict-009.jpg



川沿いの灯りはロマンティックな雰囲気、
恋する男女に風情を与える。

pict-004.jpg




こう言う処で静かに語り合いながらの食事、
ビールも取分け旨く感じる。
pict-010.jpg




室内ではパーティーを楽しむグループ。
pict-002.jpg




こちらは若い男女のグループ。 合コンかな?
pict-011.jpg



店員さんは若き美女。 お帽子被ってお洒落です。
pict-006.jpg

pict-008.jpg



お喋りに夢中になり、料理の撮影を忘れてしまう。
済みません、食べた分の料金だけ。

ビールはハイネケン大瓶:130バーツ、 海鮮サラダ:220B。
生野菜(小)120B、 ポークサテー(小)120B。



勘定を済ませての帰りがけ、撮影用なのか店名付きの椅子を発見。 連れと記念に写真をパチリ。
ブログに載せてもいいと言うので、目隠し無しでご紹介。











pict-012.jpg


「なんでこんな助平爺さんと来なきゃあいけないんだ」

大きな疑問が残るが、そこはカノ女のいない現実、我慢あるのみ。


写真の爺さんが言う。
「オレは我慢、辛抱、忍耐、やっぱり女と行かなきゃあなー・・・」

なんて事を呟きながら、帰途のソンテオから突然途中下車、急ぎ足でクラブ「Foxy Lady」へ向かうのだった。


女は元来、子供があれば男は要らん種族やが、
爺さんは、どうしても女なしでは生きていけん種族。



独居老人69歳、チェンマイに女なしで生きている。


どーなんてんだ?
もうこれしかない、下をクリックしてたもれ。
https://www.youtube.com/watch?v=B-SCcMnebSA





切ない思いです。


こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:16| Comment(2) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

独居老人の生活136(美しい日本語)


昨日当ブログに頂戴したコメントに、
「このところ、宗旨変えしたとしか思えない健全なブログ内容ですね。」とありました。

当方も”健全なるクオリティブログ”を目指しておりまして、嬉しいご指摘です。
ありがとうございました。
本日も健全な内容で、美しい日本語を探求致します。  ではどうぞ!



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐136(美しい日本語)


 常に自分の中に答えを求めなさい。
 周りの人や、周りの意見や、周りの言葉にまどわされては
 いけません。
 
   
                      アイリーン・キャディ:「Waves of Spirit」の著者



独居老人様 質問があります。うそ偽りなくお答え下さい。

七年前のチェンマイ訪問時、独居老人様をしてこの街の虜にしてしまったものとはいったい何だったのでしょうか?

清く正しく美しく堅実で誠実を貫く貴方を虜にしたものとは、まさか 女の XXXX ではありませんよね?

もし XXXX だとしたら、それはどんな XXXX だったのでしょうか ?

          Posted by 匿名希望  at 2014年11月25日


これは当ブログ‐106(心の恋人)に戴いたコメントである。
明確な回答は未だご提示できず、匿名様には失礼している。


匿名様の「女のXXXX」は何を意味されているのか? 
ジジイは色々考えたのだが、まだXXXXの特定ができていない。


女のカミノケ(髪の毛)  女のヨウボウ(容貌)

女のザイサン(財産)   女のテノヒラ(掌)

女のエリアシ(襟足)   女のガクレキ(学歴)等々

考えつく四文字は幾らでもある。

XXXXの伏字でなく、美しい日本語でハッキリ書いて戴ければ理解が早いのだが・・・・。

               * *


こんな事を考えながらこの日のランチはXXXXを食う。
場所は北タイ情報紙「Chao」の地図(G‐4)
プレジデントホテルの前の道を東に200m先。

店の外観
pict-008.jpg


店内
pict-006.jpg

pict-004.jpg



女がXXXXを出してくれる。
pict-007.jpg


こっちもオンナ。
pict-010.jpg



XXXX2種とXXXに卵を加えて:40バーツ。
ビールは置いてないので持ち込み。
pict-005.jpg
惣菜2品とライス


            * *


この様な伏字を使用した店名があったらどうなるか?
例えばもう少し分かり易く、幾つか文字入れてみる。

日本食品・雑貨「XXンコ屋」。
店の看板は店名をイメージする「マXX」。
店主は女性で「草井 XXコ」。

客は何だろう?って興味を持つに違いない。
パチンコ屋でもなさそうだし・・・・・・。


価格表も全て伏字。

1)一夜オXXコ・・・・・・・40バーツ

2)熱いオXXコ・・・・・・・50B

3)新鮮オXXコ・・・・・・・90B

4)ヌルヌルXXコ・・・・・・40B

5)こりこりXXコ・・・・・・70B

6)生XXコ・・・・・・・・・60B

7)特産XXコ・・・・・・・・50B

8)もっちりオXXゴ・・・・・50B

9)蜜たっぷりオXXゴ・・・・40B

10)燃えるオXXコ・・・・・90B

11)日本のXXコ・・・・・・80B

12)三波春夫のCD「オマンX囃し」・・・・150B

尚、臭いXXコはいつでもあちらで・・・・・・・・・。


これを見て、卑猥な事を連想する人がいるのだろうか?

普通の真面目人間である独居老人には普通の事しか思い浮かばない。 ジジイの辞書には”美しい国語” があるだけだ。



1)一夜オシンコ・・・・・・・40B(お新香)

2)熱いオシルコ・・・・・・・50B(お汁粉)

3)新鮮オオタコ・・・・・・・90B(大蛸)

4)ヌルヌルナメコ・・・・・・40B(なめこ)

5)こりこりナマコ・・・・・・70B(なまこ)

6)生タラコ・・・・・・・・・60B(鱈子)

7)特産キナコ・・・・・・・・50B(きな粉)

8)もっちりオダンゴ・・・・・50B(お団子)

9)蜜たっぷりオリンゴ・・・・40B(おりんご)

10)燃えるオセンコ・・・・・90B(お線香)

11)日本のハンコ・・・・・・80B(判子)

12)三波春夫のCD「オマンタ囃し」・・・・150B

尚、臭いウンコはいつでもあちらで・・・・・(トイレの案内)


そう言う事なら、店名は何なのか?

「XXンコ屋」の店には看板がある。
その看板、店名と店主の名前は最後にご覧ください。


ではここで三波春夫の「おまんた囃し」をYoutubeで。
お暇なら2分30秒、お聴きください。
https://www.youtube.com/watch?v=s1rFF0FY2E8

            * *


XXXの伏字を使うと何か猥褻な感じになり、官能小説が直ぐ出来上がる。


初ぶな雅子はひょいと目にしたキX Xマに気が動転、夢中で彼の小さな Xンコ握り、X X の中に入れた。





X X X は順に、木の熊、 金庫、 居間。 

                *


男は雅子のX X X の中を指でまさぐり、次いでX X X Xスをそっと指で動かした。
すると雅子は「あーッ」とX X X Xの声をあげ、男のX X Xをグイと握り締めた。





これは順に、カバン、 ネックレス、 驚き、 手首。

何ら変哲のない文章だが、X X Xが入ると色んな事を連想して・・・・・・。



そう言う事で匿名様、

次回コメントをくださる時はXXXXを避けて、よろしければ”美しい国語” で書いて戴ければ幸いです。 何なりとご遠慮なく・・・・・・・・。


それで匿名様の
「この街の虜にしたのは何だったのでしょうか?」の
ご質問ですが、返コメに「それはXXです」と書きました。

そのジジイの回答 XXは次回に、と云う事で・・・・・。



オッと最後に忘れちゃいけない、「XXンコ屋」だ。 
看板の「マXX」、店主は「草井XXコ」さん。

これを言わなきゃあね。
ご想像の通り、これしかなーい!










マXXの看板は毬藻(マリモ)
pict-thIXQ826CT.jpg


「XXンコ屋」は食料雑貨品「阿寒湖屋」(アカンコ屋)

店主、草井 XXコは草井 満子(クサイ ミツコ)。





こりゃアカンわ。


X X X はX(罰)です、”美しい日本語” を使いましょう。

チェンマイって オXXXコにマンXX  XンXいいですね!







チェンマイって 女の子に満足 ホントいいですね! 





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:04| Comment(2) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする