2014年12月31日

独居老人の生活147(お天気姉さん)


チェンマイ在住者でも、NHK「ニュース7」を観ておられる方は多いと思います。
今日の話題はそのお堅いイメージのあるNHK。
しかし当ブログにかかると、若干軟らかくなって参ります。   ではどうぞ!


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐147(お天気姉さん)



他人の厚顔無恥に腹が立つとき、ただちに自らに問うてみよ。

「世の中に恥知らずの人間が存在しないということがありえようか」

「ありえない」と答えるだろう。

それならば、ありえぬことを求めるな。
              アウレリウス:第16代ローマ皇帝(AD121-180)



”叩いて埃の出ない者なし” とはよく言われる。

人間何らかの問題を抱えているもので、突っ突けばその人の弱み、ボロも見えてくると言うモノ。

しかし、この人たちの脇の甘さと言うか股間の緩さには驚くばかり。
高視聴率を誇る「NHKニュース7」で、せっかく掴んだお天気アナの職を棒に振ったのだから。

気象予報士としてこの番組に出演する事は、その職として最高の栄誉であろう。

地位も名誉も失墜し、ただのオネエさんに逆戻り、気の毒と言うより唯のアホとしか言い様がない。



先ずその一人。
気象予報士としてお天気情報を伝えていた半井小絵。
”午後7時28分の恋人”という異名でオッサンに大人気だった。

pict-mig.jpg

1972年生まれの現在42歳、関西学院大学を卒業し、一旦、日本銀行に就職。
彼女が32歳の時(2004年)にスタートし、7年続けた「NHKお天気お姉さん」の座。

日本ハムから米国大リーグ入りした建山投手との不倫報道でアウト、降板の憂き目に。

どっちから誘ったのか知らないが、3歳年下の建山投手には年上の妻と子供がいた。

不倫した半井小絵(なからいさえ)はこの時38歳の女盛り。


建山投手は日米通算で499試合に登板し、38勝43敗、28セーブという成績を残した。
猿(エテ)公顔の建山投手は不倫騒動から3年後、38歳でプロ野球人生を終える。

pict-180px-NF-Yoshinori-Tateyama20100513.jpg

                 * *


次に登場は岡村真美子(30歳)。

半井小絵が去った後、2011年4月から『NHKニュース7』(週末)の気象情報を担当。
2012年4月から平日担当の寺川奈津美と入れ替わるかたちで、月曜〜金曜をつい先日まで担当していた。

岡村真美子.jpg

彼女は国立音楽大学卒のピアニストでもある。
“魔法少女”の愛称で人気の「NHKお天気お姉さん」は、12月25日番組を降板。

妻子持ちの男性2人と“ダブル不倫”関係にあった事が週刊誌に報道されたから。
不倫相手の一人はTBS系「ひるおび!」の気象予報士佐藤大介(41歳)。

甘いマスク、身長182cmのイケメンが真美子お姉さんを抱いちゃった。

pict-relay.jpg 
これなら大概の女性、口説かれりゃあお股開くよ。
ああー羨ましい!

2人は所属する気象予報会社が同じウェザーマップ社。
男の方も「ひるおび!」降板。 バカだねー、2人して。 


岡村真美子は先輩半井小絵の降板理由を知っていたはず。

それでも30歳の蠢く股間を鎮める事が出来なかった。
ここが女の性(さが)の悲しいところか。


では不倫美女、岡村真美子の魅力を覗いてみましょう。
Youtubeで2分11秒、お暇なら下をクリックです。
https://www.youtube.com/watch?v=J1HuNS43uA4

               *


そうなると心配なのが現役の「NHKお天気お姉さん」。
寺川 奈津美は1983年生まれの31歳。

寺河奈津美.jpg

慶応大学理工学部を出た才色兼備の気象予報士。
2011年4月から平日の気象情報を担当。

2012年4月からは週末担当の岡村真美子と交替する形で土曜、日曜、祝日の気象情報を担当、現在に至っている。


2度あることは3度ある。
寺川奈津美お姉さんは大丈夫だろうか?

と言いながら内心期待しているのだが・・・・・。

             * *


気象情報と言えば、これを毎日ブログで出してる人がいる。
タイ・ブログランキング4位の「新明天庵」(ココ)さんだ。

盛りだくさんのイベント情報など、これを読めばチェンマイの事が
一目瞭然の人気ブログ。
こちらの気象情報は下のような感じで・・・・・・。


新明天庵測候所・12月28日(日)の気象データ。
            最低気温 最高気温
(軒下日陰)外気温:18.3℃    37.3℃
(窓の壁際) 室温 :22.5℃    29.5℃
pict-20141228skyA.jpg

しかし気象情報は説明と写真だけ、これがチョイと物足りない。
これを動画に変え、NHKの如く美人のお天気姉さんが出て来て解説すれば、人気大爆発間違いなし。

NHKと異なり遠慮は要らない。
衣装はタンクトップ、水着、太腿顕な短パンの何でもアリ。

ソンクランの時期なら全裸でやれば大喝采。
日本語上手なタイ人美女の気象情報、受けると思うが。

「新明天庵・お天気姉さん」の登場を期待したい。



お暇なら世界の美女のお天気番組をお楽しみください。
タイは出て来るかな? 下をクリック。
https://www.youtube.com/watch?v=Q5RJYTyYt1o

            * *


独居老人、罪を犯さねばそれでいいと思っている。
不倫しても、日本でもタイでも刑に服することなし。

好きにやればいいではないか。
堅いこと言わず、NHKも視聴者も彼女らを赦してやるべきだと思う。 番組降板などする必要なし。 



何故って? 大人の男女の恋愛なんです。

ジジイの考えはただ一つ、コレです、
コレをクリック!



これからも懲りずにバンバン不倫しましょうねー、

能天気お姉さん!



こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 01:12| Comment(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

独居老人の生活146(#2びっくり仰天)


チェンマイに来てから数年、思い出してみれば驚いた事、敬服した事など結構あるもの。
独居老人がチェンマイで見聞し、驚き敬服した事例をシリーズでお届けしています。

本日は26日に続く第2弾、街の光景にびっくり。  ではどうぞ!



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐146(#2びっくり仰天)


   “All roads lead to Chiangmai.”

   
(すべての道はチェンマイに通ず)

  目的を達するためにはいろんな方法がある。



チェンマイの街中を歩いているとびっくりする事が多々ある。
特に日本からやって来た当初はその違いに驚くのだが、 当地での暮らしが長くなるにつれ慣れてくる。

今日は観光客になった積りで、そんな驚きの街風景を追ってみた。


(1)学校とバーが隣り合わせ。

左は児童が通う歴(れっき)としたクリスチャンの学校。
pict-007.jpg



右は「Hut Bar」という名のライブ演奏も入る大人のバー。
pict-010.jpg

つい先日バーの前を通ったら、オープンしていなかった。
経営者が変わったのか、模様替えかな。



この2つが隣り合わせ。
pict-005.jpg

バーだからまだマシ、これが置き屋などの風俗店なら学校は抗議するのだろうか?

独居老人、こんな風景は日本で見た事がない。
東京・銀座のど真ん中にある泰明小学校でも、向う三軒両隣に水商売の店はない(はず)。

                *

アメリカに於ける似たような話。

大通りを挟んで北にキリスト教の教会、その向かいの南にトップレスバーがあった。
ある日トルネード(竜巻)が襲来、みんな安全な場所に避難する。

トルネードが去り、人々はホットして外に出て来る。
周りを見渡して驚いた。

教会は跡形もなく無残な姿、トップレスバーは何事もなく建っていた。 神の御利益は何処にある?

               * *


(2)歴としたホテルの敷地内に風俗店がある。

ジジイがチェンマイに来て仰天したのはこの事。
定住の先輩爺さんからこう教えられた。

「チェンマイ・ヒルホテルにマッサージパーラー(日本で言うソープ)があるから行ってみたら・・・・」

「チェンマイ・ヒルホテル」は場末の安宿とは異なる。
ロビーやレストランはお洒落な雰囲気だ。

ここにあった「ソープ店」が移転、現在「ダイアモンド・リバーサイドホテル」内で営業している。

pict-チェンマイshot 014.jpg

pict-チェンマイshot 015.jpg

他には、「プーカムホテル」、「ボソテルホテル」等にも「ソープ店」がある。

                *
 
独居老人がナコンラチャシーマ(タイ)を旅した時、2泊したのが「Siri Hotel」。
街の中心部に位置し、「カラオケ店」がホテルロビーで営業していた。

夕食後ホテルに戻ると、綺麗なオネエちゃんの姿が目に入る。
ジジイが30代の若さなら飛び込んだであろう。

おまけに個室のカラオケ部屋が2階にあり、ジジイはその隣の部屋に宿泊、これには参った。

「普通のホテルに風俗店を置くとは何事だ!」

と怒っても駄目ネ。

                * *

(3)落書き

東京では偶に見かける落書きだが、ここチェンマイで目にしてびっくり。 タイ人がやってるんだろうなあ。

チェンマイでは滅多に見られない芸術作品?
pict-001.jpg

pict-002.jpg

pict-003.jpg

日本人も負けちゃあいけない。
どなたかここに日本の伝統的落書きをしてきてください。
勿論これでしょう。 







pict-omanko-thumbnail2.jpg

「日本の恥だ、ふざけんのもいい加減にしろ!」 

と怒っても駄目ネ。

                * *

(4)通行に邪魔な看板。

狭い歩道に置かれた宣伝用看板。
pict-012.jpg

チェンマイに来た当初、歩行に邪魔っけで腹が立ち、蹴っ飛ばしてやろうかと思った程。
 
「通行人の事を考えろ!」 と怒っても駄目ネ。



これは置き屋の看板。 道路上にデンと置かれている。
まだ歩道に置いた方が増しかな?

pict-013.jpg

これだけ明るい訳で、十分目立つのだが・・・・。



置き屋のオネエさんたちが念入りにお化粧している。
化粧より他にする事あるだろうよ。
pict-015.jpg

「車道に看板置きやがって危ないじゃないか!
 停電にでもなってみろ、 直ぐに車が直撃だ」

と怒っても駄目ネ。


              * *


(4)歩道に駐車されるバイク。

チェンマイでは平気で空いてる場所にバイクを置く。

pict-048.jpg

pict-045.jpg

pict-049.jpg

「歩道は人が歩くためにあるんだぞ、バカ者め!」

と怒っても駄目ネ。 

               *

昨年「Ballonn Festival」(於ジムカーナ・ゴルフクラブ)に行った時の話。
会場に早めに到着、入口の近くの柵の前にバイクを停めて入場した。

pict-006.jpg

ショーを楽しんだ後、途中で切り上げて帰ろうと、バイクの場所に戻ってびっくり仰天。
ジジイのバイクの後ろには、後から来て駐車したバイクでぎっしり埋まっている。

出るに出られないではないか。
ジジイは僅かの隙間から1台1台通路分を空け、やっとの思いで脱出。


下の写真は28日の「1万人僧侶・朝の托鉢」での光景。
歩道にも路上にも辺りかまわずバイクの駐車。

pict-036.jpg

先に駐車した人は出るに出られない状態にある。
ジジイの「Ballonn Festival」ではこんなモンじゃなかったぞー。

「他人の事をどう考えてんだー!」 と怒っても駄目ネ。

              * *


この日の食事は和食の老舗「サクラ」に行く。
北タイ情報紙「Chao」の地図(F‐4)
「Amora Hotel」の真裏に位置する。

店の前でパチリ。
ある日の女将とジジイの友人のツーショット。
pict-梅木とさくらレストラン.jpg



店内
pict-035.jpg



ジジイは店の前にあるこの席がお気に入り。
pict-036.jpg



秋刀魚定食をオーダー、140バーツ。
Beer Chang大瓶は65B、豆が付いて来る。

pict-037.jpg




オヨヨ!
来店したタイ人の客、店の真ん前に駐車するではないか。

pict-038.jpg

pict-039.jpg

「オレはどうやって店から出るんだ、バカ者!」

と怒っても駄目ネ。


女将もそんな些細?な事には目もくれない。
pict-DSC_0029.jpg


はい、ここはマイペンライの街、気にしない気にしない。



これ内緒だけど、
ジジイは感化されたか、自分も時々歩道に駐車してます。
偶(たま)にお店の真ん前にもバイクを置いてます。



「オメーは日本人、チャンとやんなきゃダメじゃないか!」

と怒っても駄目ネ。



こりゃダメだ。



  When in Rome do as the Romans do.

  ローマにいるときはローマ人のするようにせよ。
    (郷に入りては郷に従え)


独居老人、このいい加減さ、マイペンライが大好き。

コセコセせず大らかで居心地がいい、暮らし易い街です。


チェンマイって ホントいいですね! 




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:28| Comment(4) | チェンマイ改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

独居老人の生活145(Monks)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐145(Monks)


  Ask and you shall receive.

  求めなさい、そうすれば得られる
 
   新約聖書



キリスト教のお話ではありません。

今日12月28日(日)は仏教朝の托鉢。
タイ及び周辺国を含め僧侶1万人が集合する大イベント。

pict-015.jpg



場所はナワラット橋を東方向に渡ったジャルーンムアン通り。
チェンマイ駅〜サンバーコーイ市場の間(約700m)で待ち受けるは仏教信者たち。

ジジイが6時半に到着した時には、道路は既に車両通行止め。
お供え物を持って道を急ぐ人々。
pict-006.jpg



寄付を募る学生たち。
pict-011.jpg




早くも僧侶の出を待つ信者たち。
pict-010.jpg

pict-012.jpg



拡声器(古い言葉)から流れるお経に合わせてお祈り。
pict-009.jpg

pict-013.jpg



外国人もいる。 観光客かな。
pict-014.jpg




道路の中央には巨大なクレーン車が控える。
pict-023.jpg




大型バスにて僧侶が到着。 そろそろかな。
pict-021.jpg




やって来ました1万人の僧侶。 東 → 西へと進む。
pict-024.jpg




ここの最終地点に僧侶が着いた時は8時15分。
皆さん、2時間は待っていた事になる。
pict-032.jpg




ここでU‐ターン。 東の駅方向へと歩く。
pict-028.jpg




クレーン車の上に乗って撮影する人々。
pict-029.jpg




バーツ紙幣で飾ったツリー、これってお供え物なの?
pict-033.jpg



お供え物は食品類、托鉢に現金は渡さないようですね。
ジジイが僧侶なら「現ナマおくれ」って言うだろうな。

ついでに「いい女、紹介して!」


独居老人、無宗教で良かったですわ。

でもこれだけは好き。

Ask and you shall receive.
(求めなさい、そうすれば得られる)



ジジイは求めとるぞ。   カネ、女。 

ちっとも得られない。




新約聖書、どーなってんだ。 


こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:55| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする