2014年11月16日

独居老人の生活112(愚か者)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐112(愚か者)


   老いのみ老いて墓知らぬ狐

  歳ばかりとって、死に場所も知らない愚か者のこと。

                * *

インド人は墓を作らないと言う。

但し、インド人でもMuslim(イスラム教徒)なら墓を作る。
ムスリムは土葬をするから墓が必要。

インド人に多いヒンドゥー教徒は火葬にし、遺骨は全部川に流す。
全てを無に帰するのがヒンドゥー教徒のやり方、インドに発祥した仏教もこれを踏襲している。


以上は仏教思想家、ひろさちやの受売り。
人間は死んだ瞬間にお浄土(仏の世界)へ往く、こう仏教者のひろさちやは信じている由。


となると墓など要らなくなる。
もうあの世に往っちゃてるのだから。
その記念の為の墓碑かー。



墓は遺族と墓石屋のためにあるのではないかな。

葬儀は遺族と坊主と葬儀屋のためにあるのかな。
おっと忘れちゃいけない。

遠い親戚、ご近所、友人知人の宴会のためかも知れないな。
葬式に行くと、顔も知らない親戚(だって言う人)に会ったりするな。


偉い人になると、己の葬儀が会談をセットする機会にもなったりする。 加えて誰が出たかで友好度合いが測られる。

弔問外交は国家関係に重要な役割を果たす。

昭和天皇のお葬式(大葬の礼)は印象的だった。

暑いお国、タイなど熱帯地域やアラブから駆けつけたVIPの人々、彼らは寒さで震えていたであろう。

VIPもこうなると楽じゃない。
大葬の礼、1989年2月24日は氷雨が降っていた。

因みにタイからは、ワチラーロンコーン皇太子とチャートチャーイ・チュンハワン首相が弔問。



死ぬのも楽じゃないが、死んだ後も大変、 遺族がね。

ジジイはしがない隠居、VIPでも何でもない。
豪華で派手な葬儀は芸能人、政治家、金満家、ヤクザ等に任せておこう。

独居老人の死生観は、当ブログ#25(2014年8月4日掲載)で
お伝えした通り。



宗教は本来人間の生き方を教えるモノ。
日本の仏教はこの生き方そっちのけ、金儲けの手段になっていないか?
これが葬式仏教、ジジイが忌み嫌う所以。

独居老人は無宗教、戒名など欲しいとも思わない。
だから戒名代で高い金を払う必要なし。 バカバカしい。

このジジイが作ってみせよう。 戒名なんてこんなに簡単。
   (仏教関係の皆様、ジジイは無学のまま好き勝手に書いております、ご容赦ください




  「泰国院殿阿呆馬鹿助平道居士」


  「泰国院殿大金女貢入揚色惚道居士」


  「泰国院殿惚家撒散雲国斎居士」


直葬(葬式省略)の人気が高まるのも一理ある。

              * *


本日はお日柄よろしく死者の門出を祝う・・・、アレ間違えた。
この日は暑いので、アイスクリームを食す。

場所はチェンマイなら何処にでもあるリンピンスーパー内の「SESTO'」で。

ここから選んでっと、
pict-010.jpg



ミルクヨーグルト(49バーツ)をチョイス。
pict-009.jpg


こっちの方が美味しそう、





011.JPG
店員さんは25歳、既婚だそうな、残念。

               * *


親鸞は、自分の遺体は賀茂川に流し、魚の餌にせよと遺言した。


独居老人、己の遺体はチェンマイ・ピン川に流すのもいいと思っている。 (タイでこんな事、やっていいの?)

環境上で問題を起こしたくないから、やはり灰にして処分しよう。

場所は何処だっていい、パアーと撒きゃあいいんだ。
周りに迷惑をかけなきゃ何だっていい。


え! それを誰がどうやるかって?

その答はココをクリック。 

69年を生き抜いてきた、独居老人の揺るぎなき信念がココにある。 よろしければ永久保存版にどうぞ。












こりゃダメだ。


愚か者めー。

チェンマイって ホントいいですね!

(追記)参考までに:

日本では”葬祭カウンセラー” が出現、「自分らしい逝き方」の著者二村祐輔氏は講演等で多忙のようだ。
高齢化社会のニーズは冠婚葬祭にありか。

チェンマイなら差詰めタイ「日本式葬祭会」のカウンセラー西村史雄氏か。 講演の話題は一度も出てないが・・・・・・・。
詳細は北タイ情報紙「Chao」の掲示板に出ています。 以上



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:46| Comment(7) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする