2014年11月14日

独居老人の生活111(苦しい馬券)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐111(苦しい馬券)


   いのち金には手をつけるな
                       株式相場の格言

    いのち金だけは残しておけ        

              タイ人女性をパートナーにする日本人爺さんの格言
              女に裸一貫で棄てられても、自分の食い扶持だけは確保しておけの意。
              貢ぐのもそれ相応程々に。

    会社の金と女には手をつけるな
                     独居老人(会社員時代)の座右の銘



酒好きな独居老人だが、ギャンブルにも目がない。
入社応募の履歴書の趣味欄に麻雀と書いた位だ。

若い=世間知らず=馬鹿の典型的例。

さすがに競輪・競馬とは書かなかった。
だがこの二つは一通り齧(かじ)っている、と言うかファン。


但し今は金を賭けることは希、観戦のみを楽しむ。
何故熱くならなかったと言うと、損ばかりだったから。

ジジイは投じた金を手帳に書き、月、年毎に収支決算書を作っていた。
これが7年8年と連続赤字が続くとバカらしくなるのだ。

そのくらいギャンブルは負け続き。 全く儲からない。
30代半ばで手を引いてしまった。



今でもここチェンマイで競輪・競馬の観戦は欠かさない。
実況中継ではなく、レースダイジェスト録画をパソコンで観る。

参考迄に、
(1)例えば中央競馬を観るなら、ココをクリック。

出て来た画面の”出馬表” をクリックし、あとはレース結果に進めばOK。
尤もジジイが観るのはG‐U以上のレースだけだが・・・・・。


(2)競輪を観るならココをクリック。

現れた画面の”調べる” にカーソルを当て、次に”開催日程” をクリックすれば、期日とレースを選択できる。
そしてレースダイジェストをクリック。

上記(1)(2)ともレース観戦は翌日の朝方がいい。
映像がスムースに流れるから。

競輪とはこんなレース。
pict-15548237802_6378553ff2_n.jpg

pict-29734870_220x138.jpg



競輪・競馬のパソコンスキルは、チェンマイに来て初めて知る。
当地在住の先輩爺さんが親切にも教えてくれたのだ。

ジジイの顔が余程賭け事好きに見えたのだろう。
相手様から「競輪はこうしてやれば・・・・」と教え始めたのだから。

現在チェンマイで競輪談義が出来る相手はこの爺さん一人。
他の爺さんたちは皆スケベ、女に夢中なのだ。 寂しい限り。


「カノ女の見つけ方はこうして・・・・」などは、誰も教えてくれない。
ジジイに女性を紹介してくれる知人友人は滅多にいない。

これはジジイの顔が女好きに見えない事にある。
今更スケベ顔に変えるなんて事は不可能、何とも歯痒いこと。

             * *

そんな気品あるジジイのこの日の夕食はタイそば。
店名「Jeiang fish Ball Noodle」

場所はチャンクラン通り、シャングリラホテルの近く。
北タイ情報紙「Chao」の地図(E‐5)

店を表から見る。
pict-009.jpg



飲茶が並ぶ。
pict-007.jpg



店内。
pict-006.jpg


こちらはエアコンがある(硝子で間仕切り)。
pict-008.jpg



飲茶:25バーツ/個、 Beer Leo大瓶:75バーツ。
pict-004.jpg



ダックそば:45バーツ。
pict-005.jpg


              * *

競馬に関し、独居老人には苦い思い出が二つある。
一つは、会社の先輩から馬券購入を頼まれた時。

「君、今日馬券買うならオレのも一緒に・・・・」
と言われて6−7の連単一点買いで千円を預かる。


ジジイには競馬狂の友人がいて、いつも彼に馬券を買って貰っていた。
その日も彼に電話して、先輩の分を含めて馬券購入依頼。

結果、先輩の6−7が的中、配当12000円、払い戻し12万円となる。

友人は言った。

「6−7なんて絶対に来ないと思い、半分の500円だけ買って残りは他に回したんだよ」

33歳の独居老人、自腹で不足の6万円を拠出、先輩に12万円を渡した。
キッチリやらないと社内で悪い噂が飛び交う羽目になる。

しかし36年前の6万円はジジイにとって大きな負担。
それ以来、馬券購入は自分の分だけにしている。


依頼通りに馬券を買わなかったその親友はどうしたかって?

「いやー、悪い、悪い、全部お前の分(馬券)だと思ってたよ」

と謝ってくれた・・・・・・・・・・・・(だけ)。



ギャンブル運なし、金運なし、女運なし。
思えば運のない人生だった。



こうなりゃ旨いモノ食って酒飲んで・・、これしかない。


食欲だけが人生だ!








でも、チェンマイで女運だけは変えたいな。

チェンマイって ホントいいですね!
 (追記)
競馬 ”二つの苦い思い出” の残り一つはいずれまた。
(訂正)
昨日のブログ‐110(誰が送るの?)の文中にある、
「月のうさぎ」の冷奴30バーツは誤り → 39バーツに訂正(しました)。







posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:13| Comment(2) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

独居老人の生活110(誰が送るの?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐110(誰が送るの?)


 あらゆる借金の中で人々は税金を一番払いたがらない。
 
 
 これは政府に対するなんという諷刺であろうか。
                                エマーソン(米国の思想家、哲学者、作家)



友人のAさん(65)がボヤいている。
当ブログ‐96(賢友曰く)でも登場した超生真面目爺さんだ。

Aさんが語るには、

「日本に住む友人が眼鏡屋を経営してましてね。
彼が私宛にサングラスを送ってくれたんです。

ところが郡の郵便局から手紙が来て、
「郵便物は局留めにしてある」って言うんですよ。

理由はタイへの輸入品なので関税を払えって。
課税額は約400バーツ、合点が行かないんですが取りに行きました。

郵便物を見ると、送り状に”Glasses 9000円” の記入があるんですね。
若い女子局員は、税金を払わなければ郵便物は渡せないの一点張り。 仕様がないので税金を支払いました。

郵便物を受け取る時に、局員が「このノートに署名してください」と言うのでノートを見たら、既に日本人の署名がありました。

私と同じ目に会ってる日本人が他にもいるんですね。


送り状には郵送物の中身を示す項目が色々あるんです。

贈り物、身の回りの品、商品見本とかその他など、今回は贈り物にマークされてました。 贈り物にも関税がかかるんですね。


これって、送り状に金額を書かない方が良かったんです。
そうすればすんなり届いたと思うんです、関税なしでね。

眼鏡屋の友人の息子は郵便局勤務でして、恐らく友人は息子に託したんでしょう。
息子は間違いがあってはならぬと、ルール通りに郵送したと思います。 何せ日本郵政の社員ですから」。

          * *


ルールではないが、習慣通り晩飯を食いに出掛ける。
この日は和食レストラン「月のうさぎ」へ一人で行く。

場所はKalae Night Bazaarの内、表道路から路地に入った直ぐの所。 北タイ情報紙「Chao」の地図(F‐5)

店の表
pict-009.jpg



店内
pict-002.jpg



調理場、活気ある声が飛ぶ。
pict-003.jpg



日本語、英語堪能な店長さん。 先月日本を旅した由。
pict-001.jpg



着付けが上手な和服美人。
pict-007.jpg




Beer Chang小瓶70バーツ、ビールは小瓶しか置いてない。
無料のお通し(レバー)付き。 右はメニュー。
pict-005.jpg
ビールは小瓶だけとあって、飲んべえの貧乏ジジイには敷居が高い。 場所柄観光客がターゲットなのかな。




カツカレーセット180バーツ、 冷奴39バーツを注文。
pict-008.jpg
 


カツカレーセットに付くサラダとお新香。
pict-006.jpg




食べ終えて帰る。 店内から見た出入り口。
pict-004.jpg
(注)「月のうさぎ」、以前はニマンヘミング近辺にありました。

          * *


今回、友人宛に届いた物が9000円だったから良かった。
これが90万円としたら4万バーツ近く課税されている。

それにしても個人が使用する9000円のサングラス1個である。
こんな物にまで課税するとは驚き。


因みに今回の眼鏡の日本 → タイの送料は900円、
日本郵政(株)を利用した由。

              * *

ジジイは20数年前、米国で暮らしていた事がある。
その4年弱の間に日本からかなり頻繁に郵送して貰っていた。

持病の薬(降圧剤)の1、2ヶ月分、テレビや映画のVTR、日本の食材や書籍などだが、課税された記憶は全くない。
郵送物は、金額的に5万円以上あった時もある。


タイとアメリカでは違うんだろう。 タイは厳しいのかな。
タイの関税って何%なんだろう?




そんな事を考えても時間の無駄だよ。
独居老人さんよー。  オメー、今日はどうかしてるぜ。

誰が送ってくれると言うの? 
今のオメーに届く物なんて何もねーだろうよ。

孫から来るハガキは無税、これ当ったり前、安心しな。
それよりいい女、見っける事でも考えろ。




仰る通りです。








寂しい、のひと言。

チェンマイって ホントいいですね!

  (追記: 2015年12月21日)
文中でご案内した和食店 「月のうさぎ」 は、 既に閉店、
営業はやっておりません。  ご注意ください。





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:00| Comment(6) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

独居老人の生活109(スーダラ余生)


前回の108作に続きどうでもいいニュースです。

当ブログ#77 (良いと負け) でお伝えした道路の凹凸、
最後に残る1ヶ所で補修完了を確認致しました。

場所はチェンマイ市営競技場正門から東へ200mほど行った先の凹み。 北タイ情報紙「Chao」の地図(G‐3)


Before
pict-pict-022-thumbnail2.jpg

pict-pict-023-thumbnail2.jpg




After
pict-001.jpg

これでスチール製の蓋による凹み箇所を除いては、全部補修完了。
かなり長期間放置されていた道路の凸凹、当ブログの影響は皆無と分かっていても嬉しいものです。




チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐109(スーダラ余生)


この盃を受けてくれ 
どうぞなみなみ注がせておくれ
花に嵐の例えもあるぞ
さよならだけが人生だ
                  唐詩選  井伏鱒二訳


今この酒を飲み干して、今を楽しく生きよう、
すぐに別れは来るけれど、今はこの出会い、時間を大切にしよう。
さよならだけが人生だから。


 

恥ずかしながら独居老人は大の酒好きである。
取り敢えずビールから始まり、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーと何でもござれ。

しかし紹興酒やマッカリなどは飲まなくなった。
反日の国の製品は口にしたくないから。


とにかく365日昼と夜、飲まない日は滅多にない。

それでもある一時期、酒量を気にしながら飲んでいた事がある。


40代後半であったろうか、健康診断でC型肝炎と判明、要注意観察の通告を受けたから。

GTPなどの肝機能数値は基準値を超えていたが、治療する程のレベルになく、酒を絶つことはなかった。
普通に仕事も出来たわけである。



62歳になって直ぐ、医者から勧められてインターフェロンでの治療を開始。
医師が言うには、
「C型肝炎ウイルスがあると、慢性肝炎 → 肝硬変 → 肝臓癌へと進行します」

「治療は通院で週1回の皮下注射と薬の服用。
 副作用は現在軽くなっています」

「治療期間は48週(約1年間)、100%の保証は出来ませんが治療した方が良いと思います」


医師のとんでもない甘言、この副作用が途轍もなくきつかった。
途中で治療を止めようかと何度考えた事か。

1ヶ月後の検査でウイルスは消えていたが、再現の可能性があるので治療継続。 
半年後、医師から治療終了宣言あり。
ウイルスを完全に退治したのである。

治療期間1年の見込みが半減、二重の喜び。


この半年の治療中にも、最初のインターフェロン注射後の3日間を除き、毎日ビールとワインを飲んでいた。

その飲まずの3日間は苦痛でベッドの上でぐったり、飲む気さえ起きなかった。
3日経過後、今度は飲まねば副作用(悪心)から飯が喉を通らない。

「アルコール性肝炎ではないので、適量なら酒は飲んでも構いません」

この医師の一言はジジイにとって神の託宣、毎日安心して飲む。



治療終了の日、主治医曰く。

「これで安心して酒量が増えると、今度はアルコール性肝炎に
なります。 お酒なら1日1合、 ビールなら大瓶1本に抑え、
健康的に飲んでください」

こんな”闘病記” ならば、このブログ10回分のネタになるの
だが・・・。  暗くなるから止めておこう。

             * *


この日の夕食は爺さん3人が友人Dさん(72歳)宅に集合、
賑やかな宴を楽しむ。

Dさんの奥さん(46)はかってレストランを経営、その料理の
腕前はプロ級。
それに加え、その昔選挙に立候補した事もある才女。

下はその時のポスター写真。

pict-036.jpg




ワイワイガヤガヤ舌鼓を打つ。
先ず海老のスープ。
pict-025.jpg



トムヤンクン。
pict-028.jpg



海老のサラダ。
pict-027.jpg



野菜炒め。
pict-029.jpg



フルーツのデザート。
pict-032.jpg


            * *


独居老人、完治して以来酒量が以前の2倍に増えた。
そしてチェンマイでの独居生活が始まり、寂しさが加わって
酒量は更に増える。

節酒の目標ならある。
ビール大瓶なら、昼に1本、夜2本で計3本/日。
独居老人は自律性欠如なのか、これが中々厳守できない。



酒を飲み語り合う時間は生きる喜びでもある。
飲み干して今を楽しくやろう、こんな感じで愉快に美味しく飲む。


しかし飲み過ぎで身体を害し、この世とオサラバではちと早過ぎる。

健康管理は先ず節酒から、1日ビール1本がベスト、と

”分っちゃいるけど やめられねぇ”。

お暇なら「スーダラ節」植木等、 youtubeでどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=cbgu0ehCRnY



どっちみち残すところ数年の寿命、元気なうちに飲みたいだけ
飲み、食いたいモノを食べよう。

この「スーダラ節」余生、これが至福の時なのだ。

「サヨナラだけが人生だ」





チョト待てよ。
”人生サヨナラ” の前に、トキメク女性に巡り逢いたい。 

そのためには、健康、健康維持が不可欠。 
節酒という艱難辛苦にも耐えねばならぬ。



生きるべきか、死すべきか、それが問題だ

                「ハムレット」より  シェークスピア



女にすべきか、飲むべきか、それが問題だ

                 「華麗なる生活」より 独居老人









両方取りたいです。



こりゃダメだー。

チェンマイって ホントいいですね!

(追記)
ジジイには娘と息子が居るが、2人とも全くの下戸。
これは母親から、「酒飲みは陸(ろく)なモンじゃない」と教育を受けた結果であろう。                       以上







posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:11| Comment(6) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする