2014年11月18日

独居老人の生活114(続・想い出の映画)



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐114(続・想い出の映画)


   一生懸命に作ったものは、
   一生懸命見てもらえる。
        黒澤明(1910年〜1998年)


   一生懸命に書いたものは、
  一生懸命 読んでもらえる。
 
    独居老人(1945年〜まだ生きている)


一生懸命読んでもらえる、そんなおこがましい希望は持っておりません。 より多くの人に気軽に読んでもらえれば、って願ってます。



では独居老人の独断と偏見で選ぶ「洋画ベストテン」、前回からの続きです。


第5位

「ジェームス・ボンド 007」シリーズ。

原作はイギリスの作家イアン・フレミング(1908年 -〜1964年)のスパイ小説。

1962年「ドクター・ノオ」(007は殺しの番号)が初作品。
翌年「ロシアより愛をこめて」(007危機一発)と続く。

主演はボンド役のショーン・コネリー(6作品)

pict-youronly.jpg



年取ったショーン・コネリー、ボンド役の時から頭髪は薄かった。

pict-SeanConnery.jpg


その後、主演俳優が入れ替わる。

ジョージ・レーゼンビー(1作品)
ロジャー・ムーア(7)
ティモシー・ダルトン(2)
ピアース・ブロスナン(4)
ダニエル・クレイグ(3〜)

ボンド役6人で、2012年までに23作品が公開されている。


ボンドガールと称される相手役の女優は、作品ごとに入れ替わる。
日本人女優では、若林映子と浜美枝が出演した。

pict-youronly12.jpg
若き日の浜 美枝


ジジイの一番好きな作品は第2作目の「ロシアより愛をこめて」(007危機一発)。

これをジジイは東京・渋谷パンティオンで観た。
隣の席にアイビールックのアベックいて女が格好いい。

男のジャッケトの襟には慶応のバッジ、「この田舎野郎め!」
と思いながら憧れと劣等感を感じた。
自分にもあんな美人の恋人が欲しいと・・・・・・。

この時ジジイは一人で観ていたのである。


ここで使われた”危機一発”は当て字、正しくは危機一髪。
誤った日本語を植え付けてしまった。


人妻が自宅に間男を引っ張り込んで Hの真っ只中、女の亭主が突然帰宅した。 こんな時は ”危機一発” と言えそうだ。

元モーニング娘。の矢口真里がそんな一発の最中で、危機を脱する事なく離婚した。



From Russia With Love(ロシアより愛をこめて)のフレーズは、ジジイがラブレターを出す時、最後に自分の名前の後に書いている。

例えば、Dokkyo Roujin, from Chiangmai with love.
地名を変えれば何処からでもOK。


下は「007」ゴールドフィンガー。
007ゴールドフィンガー.jpg


007シリーズは、ラストシーンがみな同じパターン。
ジェームス・ボンドとヒロインがイチャついて The End。

そのバックに流れる音楽が素晴らしい。
ではその同名主題歌「From Russia With Love」

歌うはマット・モンロー。映画のシーンあり、懐かしいですよ。
https://www.youtube.com/watch?v=2kzTGUxfjH4


お暇な方は「007」シリーズをダイジェスト版でご鑑賞ください。
下をクリック、約2時間です。
https://www.youtube.com/watch?v=-1d69M3cVCM



第4位

「ゴッドファーザー」

1972年に公開されたマフィアファミリーを描くアメリカ映画。
監督はフランシス・フォード・コッポラ。

主演のマーロン・ブランドはアカデミー主演男優賞を獲得(但し、受賞は拒否)。
息子役のアル・パチーノはこの映画で大ブレークする。

pict-a0118823_1163629.jpg


これは何と言っても第一作がベスト。
麻薬とマフィアの関連がテーマ。

2作目からは息子の世代に入り政治絡み、3作目にはヴァチカンなどが関係し、コルレオーネファミリーの変遷を描く。


音楽はニーノ・ロータ、これが素晴らしい。
ではその主題曲「愛のテーマ」を2分40秒でどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=14Phpk-8OJY



第3位

これはフランス映画2作品が同点入賞。

「海の沈黙」と

「抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より」。

二つとも独居老人が好きなナチスもの映画で ”抵抗” を描く。


1947年製作の「海の沈黙」はジャン・ピエール・メルヴィルが監督。
レジスタンス文学として名高いヴェルコール原作の同名小説を映画化。 ナチス・ドイツの占領下にあったフランスが舞台。

「海」とは、何を語っても、海のように何も答えない、被占領国フランスの誇り高い市民の徹底した抵抗の姿の比喩である。

小説は岩波文庫で出版、原作良し、映画良し、傑作アートの決定版。



「抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より」

1956年製作のフランス映画。 監督はロベール・ブレッソン。

ドイツ占領下のリヨンで、レジスタンスのフランス将校が逮捕された。 彼は脱走不可能と謳われた監獄に入れられる。
だが生き延びることを決意した彼は、身の回りの品を使って、脱獄計画を進める。 

記録映画的に抵抗精神をこめて描き出す、実話を基にしたサスペンス・アクション。



上記2作品とも淡々とストリーが展開する白黒映画。
この手の映画はカラーよりも白黒の方が迫力が増すと思う。


ここで「海の沈黙」と「抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より」の予告編(2分20秒)をご覧になってください。

これは「岩波ホール」で上映された時のモノ。
https://www.youtube.com/watch?v=ToGRYgVgX_A



尚、同じく刑務所からの脱獄モノでは、フランス映画「穴」がある。

監督はジャック・ベッケル、ヒット作「現金に手を出すな」も彼の作品。 これも白黒の秀作、ベストテンに入れたかった。

pict-img361dd422zikezj.jpg

pict-imgd33a85c0zik5zj.jpg


黒澤明監督の「七人の侍」「用心棒」「椿三十郎」「生きる」「天国と地獄」等もみな白黒、これが良かったのだと思う。
カラーの黒澤作品は何か味気ない。



ついでながら
脱獄・脱出映画のベスト10。
ジジイが観て印象に残った順に、

1「抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より」

2「穴」(’60)マーク・ミシェル

3「アルカトラズからの脱出」('79) クリント・イーストウッド

4「ショ-シャンクの空に」(’94) 
              ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン

5「パピヨン」('73) スティーブ・マックイーン

6「大脱走」('63) スティーブ・マックイーン

7「ミッドナイト・エクスプレス」(’78) ブラッド・デイビス

8「第十七捕虜収容所」('53) ウイリアム・ホールデン

9「手錠のまゝの脱獄」('58) 
              シドニー・ポワチエ/トニー・カーティス

10「暴力脱獄」('67) ポール・ニューマン



第2位

「めまい」

1958年に公開されたアルフレッド・ヒッチコック監督によるアメリカ映画。

高所恐怖症の元刑事と、謎の人妻が織り成すサンフランシスコが舞台のサスペンス。
主演はジェームス・ステュアートとキム・ノヴァク。

独居老人はこのキム・ノヴァクが大好きで、「ピクニック」など殆んど観た。

pict-kim_mine.jpg


この映画の影響で、ジジイが憧れた街がサンフランシスコ。
ここを初めて訪れたのは49歳の頃。

ライブ音楽を聴きに行った帰り、一人で通りを歩いていたら突然声がかかった。 キム・ノヴァク風の美女が現れて、

「今晩わ」とは言う訳なく、「今晩私でどう?」と訊く。
化粧の濃い娼婦だった。

ジジイは化粧の濃い女は苦手な上、立ちんぼもダメ、お断りした。


東京・新宿歌舞伎町コマ劇場近く、夕方一人で歩いていたら女が寄って来た。
これは素っぴん化粧なしの娼婦だったが、どう見ても醜女、お断りした。
>(注)美女、ブスに関係なく、ジジイはこの手の女性は全てお断りしています。



話が脱線、本線に戻ろう。
ヒッチコック監督の作品ではこの「めまい」がベスト。

次に好きなのは「裏窓」(1954年製作)
グレイス・ケリーとジェームス・ステュアートの共演。

裏窓.jpg

ニューヨークのとあるアパートを舞台にしたサスペンス、撮影アングルが見事な作品である。これもランクに入れたかったが・・・・・。


モナコなんかに嫁がなきゃあ良かったのに・・・・・・。
グレイス・ケリーです。

pict-is.jpg



さあ、最後の第1位は!


これはいずれまた。(毎日続けると厭きますので)



独居老人、映画で観る女優はみんな好きになってしまう。
然程に選ばれた女優は魅力がある、と言う事か。

加えてジジイが若かった。

”若き飢えてるの悩み” が恋を求めていたのだろう。



今チェンマイでは、ジジイはまだ見ぬ女性を追い求めている。
昔と同じようにして。

しかし全く好きになる女に出逢わない。








エネルギーが涸れちゃってるんだ。




死に場所の心配でもするかー。


こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!   








コピーライトマーク 2014 Microsoft
使用条件
プライバシーと Cookie
開発者向け情報 (英語)
日本語

posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:18| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

独居老人の生活113(想い出の映画)


 
チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐113(想い出の映画)



人生に必要なものは、
勇気と想像力。
それと、ほんの少しのお金です。
 
  チャップリン(1889年〜 1977年)



映画にはその時の想い出がいっぱい詰まっている。

音楽はその時の愛の歓びを甦らせる。
         
              独居老人(1945年〜まだ何とか生きている)



と言う事で、本日は独居老人の独断と偏見で選ぶ
「洋画ベストテン」です。

貴方はどんな映画に想い出がありますか?
ではご一緒に見て参りましょー。



先ず第10位から。

「太陽の下の18歳」

主演カトリーヌスパーク。 1963年に公開されたイタリア映画。
この時独居老人も18歳。

銭湯に貼ってあった宣伝用ポスターを貰い受け、自宅の部屋に貼り、ポスターのカトリーヌスパークと生活した。

ストリーはビーチでナンパするどうでもいい様な映画だが、ジジイはこの女優のファンなのでランクイン。

カトリーヌスパーク、ご存知ですか?

pict-is.jpg


音楽が何とエンニオ・モリコーネ、昔からの活躍、長いなあ。


ではジミー・フォンタナの映画挿入歌をお聴きください。

懐かしのポップス♫、この映画シーンも出て来ます。
https://www.youtube.com/watch?v=ti3ZYS5EmOQ



同様の映画には、ハリウッド作品「ボーイハント」がある。

ジジイはこんなナンパ映画を観て、いつか自分もと・・・・。
デートした事もなかったので、女の子への憧れがあったのだ。

これは11位と言う事で(何位だっていいんだけど)。

ヒロインの女優、ドロレス・ハートがピチピチしていた。
コニー・フランシスも出演、
彼女の泣き節、主題歌「Where The Boys Are」も大ヒット。

ついでにこれもどうぞ(2分36秒)。
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=iDcvmrHV9Jc



第9位

「インディ・ジョーンズ シリーズ」

ご存知ハリソン・フォード(1942年生まれ)主演。
初回作品は「レイダース/失われたアーク・聖櫃」(1981年公開)

pict-ij_crystalskull.jpg

スティーヴン・スピルバーグのアクション作品はハラハラドキドキ、
巨大鮫の「ジョーズ」、 恐竜「ジュラシックパーク」も面白い。 



こちらは熱々の写真。
ハリソン・フォード (68才頃)とキャリスタ・フロックハート(46才頃)

pict-p_77343_02_01_02.jpg

二人は2010年6月、ニューメキシコ州サンタフェで挙式。
ハリソン・フォードにとって3度目の結婚。

前妻への慰謝料は莫大な金、そこまでしてキャリスタが欲しかったのかねー。
彼女は、弁護士TVドラマ「アリーmyラブ」で大ヒットしたスター。

まあチェンマイにも、若い女に入れ揚げる爺さんは大勢いるが。


それではインディ・ジョーンズのテーマ曲をどうぞ。
映画の冒頭シーンが浮かんで来ますよ。
https://www.youtube.com/watch?v=mL-rpbdyHKE



第8位

「第三の男」

1949年製作のイギリス映画。キャロル・リード監督作品。
第二次世界大戦直後のウィーンが舞台。


主演はジョセフ・コットン、オーソン・ウエルズ、そしてヒロインの
アリダ・ヴァリ。 この女優は何とも言えない魅力があった。

オーソン・ウエルズの「市民ケーン」はこれまた名作。
  

今から30年ほど前にジジイがウイーンを訪れた時、ロケに使われた2ヶ所に行ってみた。
遊園地で大観覧車に乗ってみる。(一人旅はこういう時寂しい)

pict-thethirdman3sss.jpg


路面電車に乗り墓地まで行き、映画のシーン通りに墓地を歩く。 映画を旅している気持ちになる。

ヒロインは自分に想いを寄せる男を無視して去って行く。
この別れのラストシーンは印象的。

pict-thethirdman2.jpg


ではツィター奏者アントン・カラスの第三の男です。
映画音楽としても大ヒット。
https://www.youtube.com/watch?v=HC1R3bnWyTE



第7位

「めぐり逢えたら」(Sleepless in Seattle)

1993年製作のアメリカ映画。 監督はノーラ・エフロン。
舞台はニューヨークとシアトル。

トム・ハンクス、 メグ・ライアンの共演。


pict-51iYAvdJmcL.jpg



ジジイはメグ・ライアンの大々ファン。
これが第7位の理由。 しかし映画の出来もいい。

pict-22717468_203x291.jpg
彼女の作品は殆んど観ているが、これが一番好き。


17年前にシアトルを旅した時、遊覧船に乗って観光。
船内放送から、「あれが映画で使われた家屋です」の案内あり。

眺めると、トム・ハンクスと坊やの自宅ではないか。
そのまま残されて、観光名所として使われている。

驚きと感激、これを分かち合う女がいない、一人旅の侘しさ。


この映画には多くの歌が効果的に挿入されている。

アカデミー歌曲賞にノミネートされた「A Wink And A Smile」も
その一つ。 映画のシーンが出てきますよ。 
https://www.youtube.com/watch?v=Cy_qlYjAh8o



ジジイはこっちの歌の方が好きで、直ぐにCDを購入した。
では映画挿入歌、お薦めです。

「Stand By Your Man」 歌:tammy wynette。
https://www.youtube.com/watch?v=DwBirf4BWew



第6位

「シンドラーのリスト」

スティーヴン・スピルバーグ監督による1993年のアメリカ映画。

ナチスドイツによるユダヤ人のホロコースト(絶滅収容所)送りを阻止し、その命を救った実話を描いた作品。

主人公のシンドラーを演じたのがリーアム・ニーソン。

pict-200px-Liam_Neeson_Deauville_2012.jpg

第6位は好きな女優で選んだのではない。
ジジイはナチスもの映画のファンでもある。


ではこの映画を懐かしんでください(2分20秒)
https://www.youtube.com/watch?v=puV5x4Z_DDU



第5位から1位までの発表は次回に。
皆さんの馴染みのない映画がランクインかも。

               * *

独居老人、デートで映画を観に行ったのは過去1回のみ。
二十の時、恋人が招待券を入手、誘われて一緒に行く。

ランチでビールを飲んだ後の映画鑑賞とあって熟睡してしまう。
映画終了後、彼女から「あなた、寝てたわね!」とチクリ。

お詫びの心から直ぐ連れ込み旅館に行き、今度は2人一緒に寝た。
この時の彼女、今68歳、手をつなぐ気にもなれない。



観た映画が何だったか、全く記憶にない。

頭はヤルことでいっぱいだったのだろう。



若き日のよき想い出。 懐かしさが甦る。



チェンマイで、老いた日のよき想い出を作りたい。

想い出かー。











懐かしむ前に死んどるわ、


こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:36| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

独居老人の生活112(愚か者)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐112(愚か者)


   老いのみ老いて墓知らぬ狐

  歳ばかりとって、死に場所も知らない愚か者のこと。

                * *

インド人は墓を作らないと言う。

但し、インド人でもMuslim(イスラム教徒)なら墓を作る。
ムスリムは土葬をするから墓が必要。

インド人に多いヒンドゥー教徒は火葬にし、遺骨は全部川に流す。
全てを無に帰するのがヒンドゥー教徒のやり方、インドに発祥した仏教もこれを踏襲している。


以上は仏教思想家、ひろさちやの受売り。
人間は死んだ瞬間にお浄土(仏の世界)へ往く、こう仏教者のひろさちやは信じている由。


となると墓など要らなくなる。
もうあの世に往っちゃてるのだから。
その記念の為の墓碑かー。



墓は遺族と墓石屋のためにあるのではないかな。

葬儀は遺族と坊主と葬儀屋のためにあるのかな。
おっと忘れちゃいけない。

遠い親戚、ご近所、友人知人の宴会のためかも知れないな。
葬式に行くと、顔も知らない親戚(だって言う人)に会ったりするな。


偉い人になると、己の葬儀が会談をセットする機会にもなったりする。 加えて誰が出たかで友好度合いが測られる。

弔問外交は国家関係に重要な役割を果たす。

昭和天皇のお葬式(大葬の礼)は印象的だった。

暑いお国、タイなど熱帯地域やアラブから駆けつけたVIPの人々、彼らは寒さで震えていたであろう。

VIPもこうなると楽じゃない。
大葬の礼、1989年2月24日は氷雨が降っていた。

因みにタイからは、ワチラーロンコーン皇太子とチャートチャーイ・チュンハワン首相が弔問。



死ぬのも楽じゃないが、死んだ後も大変、 遺族がね。

ジジイはしがない隠居、VIPでも何でもない。
豪華で派手な葬儀は芸能人、政治家、金満家、ヤクザ等に任せておこう。

独居老人の死生観は、当ブログ#25(2014年8月4日掲載)で
お伝えした通り。



宗教は本来人間の生き方を教えるモノ。
日本の仏教はこの生き方そっちのけ、金儲けの手段になっていないか?
これが葬式仏教、ジジイが忌み嫌う所以。

独居老人は無宗教、戒名など欲しいとも思わない。
だから戒名代で高い金を払う必要なし。 バカバカしい。

このジジイが作ってみせよう。 戒名なんてこんなに簡単。
   (仏教関係の皆様、ジジイは無学のまま好き勝手に書いております、ご容赦ください




  「泰国院殿阿呆馬鹿助平道居士」


  「泰国院殿大金女貢入揚色惚道居士」


  「泰国院殿惚家撒散雲国斎居士」


直葬(葬式省略)の人気が高まるのも一理ある。

              * *


本日はお日柄よろしく死者の門出を祝う・・・、アレ間違えた。
この日は暑いので、アイスクリームを食す。

場所はチェンマイなら何処にでもあるリンピンスーパー内の「SESTO'」で。

ここから選んでっと、
pict-010.jpg



ミルクヨーグルト(49バーツ)をチョイス。
pict-009.jpg


こっちの方が美味しそう、





011.JPG
店員さんは25歳、既婚だそうな、残念。

               * *


親鸞は、自分の遺体は賀茂川に流し、魚の餌にせよと遺言した。


独居老人、己の遺体はチェンマイ・ピン川に流すのもいいと思っている。 (タイでこんな事、やっていいの?)

環境上で問題を起こしたくないから、やはり灰にして処分しよう。

場所は何処だっていい、パアーと撒きゃあいいんだ。
周りに迷惑をかけなきゃ何だっていい。


え! それを誰がどうやるかって?

その答はココをクリック。 

69年を生き抜いてきた、独居老人の揺るぎなき信念がココにある。 よろしければ永久保存版にどうぞ。












こりゃダメだ。


愚か者めー。

チェンマイって ホントいいですね!

(追記)参考までに:

日本では”葬祭カウンセラー” が出現、「自分らしい逝き方」の著者二村祐輔氏は講演等で多忙のようだ。
高齢化社会のニーズは冠婚葬祭にありか。

チェンマイなら差詰めタイ「日本式葬祭会」のカウンセラー西村史雄氏か。 講演の話題は一度も出てないが・・・・・・・。
詳細は北タイ情報紙「Chao」の掲示板に出ています。 以上



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:46| Comment(7) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする