2014年10月15日

独居老人の生活86(立ちあがれタイ女性)


当ブログは、これまでの下品下劣な表現・内容を控え、直面するシリアスな問題を取り上げる社会派ブログに転換です。
より良きチェンマイを目指し、「チェンマイ改造計画」スタート。
前回の水害対策に続き、本日は”タイ人女性の権利向上” を図ります。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐86(立ちあがれタイ女性)


「団結! 行動! いざ挑戦! 若い力だタイ女性!」



独居老人は常に女性の味方である。
か弱い女に助力せずして男じゃない。

そこで今回、タイ人妻労動組合の結成を提言する。

日本人爺さんをパートナーとするタイ人女性が設立する団体。
女性の地位向上、差別なき自由と権利の獲得を目指す。


タイ人妻は、子育てや家事労働など日々の負担が増すばかり。
おまけに諸物価値上がりもあって、数年前に決められた月のお手当ではやり繰りがきつくなってきた。

加えて「あれ買ってー、これが欲しい」と爺さんにねだっても、「前に買ったじゃないか」と爺さんの財布の紐は固くなっている。

そこで一人の要求では力が弱いからとタイ人女房が参集、団結して組合を作り、団体交渉でもって要求貫徹を図る。

入会組合員は、日本人を亭主または恋人にするタイ人女性。
特に今の生活にほぼ満足しているがもっと満足したいと、欲望に天井がない女。

今年の目標。

月々のお手当アップ(賃上げ50%)。

誕生日のプレゼントは10万バーツ以上の貴金属。

誕生パーティーは5つ星ホテルのレストラン、親族・友人100人を招待。

年に2度の海外旅行(含む日本観光)。

家族全員に各々自家用車購入(1台/人)。

両親に家の新築プレゼント。

夜の営みは5回/週以上。



多勢に無勢、日本人亭主は危機感を抱くのが当然。
こちらも”日本老人連盟”(略称:日老連)を設立、年に1回の暑闘(暑気にやる交渉)に臨む事になろう。

この”日老連”の会長には、気前のいい太っ腹爺さんをお願いしたい。
これだと暑闘の決着はやる前から明らか、タイ人女房にとっては理想の人事だ。

            * *

倹約精神を維持するために、この日の晩飯は友人たち計4人で庶民の店、タイスキ屋に行く。
店名不明。場所は北タイ情報紙「Chao」の地図(F‐2)
サンティタム地区ロータリー交差点から50m北の右角。

pict-007.jpg

店内、若いタイ人でいつも賑わう
pict-004.jpg

19バーツ/皿。 Beer Chang大瓶60バーツ。
pict-003.jpg

しゃぶしゃぶに似た感じ
pict-001.jpg

(追記: 2016年2月8日)
上記タイスキ屋は既に閉店、 営業しておりません。


             * *


物価高、円安、老化で病気多発(治療費増)など、爺さんの財政は厳しくなるばかり。
加えて己の”チン上げ” 強化も図らねばならない。

衰えゆく精力、増えていく薬の量、それでも若い女房を満足させる為に夜の苦難を乗り越えねばならぬ。

それにしても要求の週5回はきつい、何とか交渉で4回にしてもらおう。



えー、もう女房とは飽きたってー? 週4回でもきつい?

いつも同じ相手じゃねー。


カネは愛よりも強し。
女性の要求は全て呑むことに尽きます。



独居老人は強くて逞(たくま)しい女は苦手。

何処かに「か弱いタイ人女性」がいませんでしょうか?







チェンマイ中探したっていねーぞ!

チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:40| Comment(0) | チェンマイ改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする