2014年10月14日

独居老人の生活85(男子の本懐)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐ 85(男子の本懐)


このところずっと、私は生き方を学んでいるつもりだったが、
最初からずっと、死に方を学んでいたのだ。
                             レオナルド・ダ・ヴィンチ(イタリアの芸術家 )



元気でピンピンコロリ、ピンコロで死にたいと願う老人は多い。
病魔と闘い苦しんで苦しみぬいて生き長らえ、断末魔で死ぬ、
考えただけでも憂鬱になる。

男の理想は「腹上死」、男子の本懐だと言われる。

医学的にはストレートに「性交死」と呼ぶ。
性交中とは限らず、性交からやや時間をおいて発生する場合が多いらしい。

元々持病や成人病等の疾患があり、そこに性的興奮の影響が加わり死に至るもの。

高血圧の人が血圧が上がり過ぎたために、脳出血を起こす。
心臓に疾患がある人が心拍数が上昇、心拍異常となり、最終的に心停止する。

Sex前の飲酒は危険、特に爺さんが極端に年若の女に挑む場合、性的興奮が強過ぎて無理し過ぎる、その無理がたたって死に至る由。

            * *

では著名人の「腹上死」はあるのか。
医学用語に「腹上死」は無いので、必ず他の病名が付けられる。
周囲も不名誉な死?を隠すため、憶測ということになる。


昭和2年に就任した田中義一元首相。
田中は狭心症の持病があって、死亡したのが別宅であったことから、妾宅で腹上死したという憶測があった。



佐藤栄作元首相にも同じ憶測記事が出た。

東京築地の料亭で脳卒中をおこして倒れ昏睡状態、その後病院に送られたが死亡。
料亭に愛人を呼び、そこで・・・・、と疑惑を生んだらしい。



「腹上死」が確実と言われているのが戸川猪佐武。

「小説吉田学校」(角川文庫)を書いた政治評論家である。
余談だが、昭和57年、東京赤坂のホテルニュージャパンで火災が発生した時、彼はそのホテルに事務所を構えていた。

pict-yoshida-gakko-bunko.jpg

戸川は映画化された『小説吉田学校』の試写会や竹下登のパーティに参加した直後、宿泊したホテルで急に気分が悪くなり、同室の女性が救急通報を行なうがそのまま回復せず死去。

当初、死因は脳出血と伝えられ、後に持病の不整脈が原因による急性心不全と発表された。

しかし戸川猪佐武の唯一の弟子牧太郎と戸川の実弟の小説家菊村到は、週刊誌の取材に対し腹上死を認めている。

戸川と同室した女は銀座の高級クラブで働く20代の美人ホステス、当時(昭和58年)の金で50万円が一夜の料金だったそうな。

            * *

腹が減っては「腹上死」は出来ぬ。
この日の夕食は友人と一緒にタイ料理を味わう。
店名「Plaa Phao Phak Sot」
場所は北タイ情報紙「Chao」の地図(F‐7)。

店の入口
pict-011.jpg

店内
pict-009.jpg

さあ食うぞー
pict-008.jpg

pict-003.jpg

pict-002.jpg

pict-007.jpg

pict-006.jpg

pict-005.jpg

ビールはポー(3本セットオーダーで格安)で
Beer Chang Export大瓶179バーツ(60バーツ/本)、
勘定はビール6本分含め合計780バーツ(3人分)だった。



と言う事で、戸川猪佐武にあやかり理想的「腹上死」をしてみよう。

その方法は、
(1)特に高血圧か不整脈が持病の爺さんが

(2)多量に飲酒して

(3)バイアグラを大量にのんで

(4)3、40歳年下の女性を相手にし

(5)女にセーラー服などを着用させ

(6)時折変態プレーを織り交ぜて

(7)最後は一心不乱、遮二無二上になり下になり、前から後ろから、息切れる程に激しいピストン運動で

(8)狂わんばかりの異常なる性的興奮をもたらせば、


これで万全、アッと発射と同時にあの世行き。
これはボケる前、寝たきりになる前の実行が肝要。

しかしこれだけ元気なら無理して腹上死せずに、 もっと長生きした方がいいと思うが.......


独居老人は大の酒好きな上に持病が高血圧、毎日降圧剤を服用しているが下100に上160。
「腹上死」にはお誂(あつら)え向きの爺さんである。

戸川猪佐武が羨ましい、ジジイも負けずにヤルぞと心に決めた。

ただ男子の本懐「腹上死」遂げた戸川だが、心残りが一つだけあったように思うのだ。







彼の死は59歳の時であった。


独居老人の理想は90歳、実行は20年以上先になる。
その時の相手女性が25とすれば、現在5歳の子供。



今から飴でもやって手懐(なず)けておくか。









気が遠くなりそうだ。

チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:05| Comment(0) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする