2014年10月08日

独居老人の生活80(水の都)


当ブログは、これまでの下品下劣な表現・内容を控え、直面するシリアスな問題を取り上げる社会派ブログに転換です。
先ずはより良きチェンマイを目指し、「チェンマイ改造計画」スタート。
前回のインフラに続き、本日は”水害対策案” を提言します。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐80(水の都)


       案ずるより産むが易し

事前にあれこれ心配するよりも、実際にやってみると案外たやすいことをいう(広辞苑)



チェンマイのナイトマーケット付近はビン川に近くて地盤が低いのであろうか。
雨期、1時間でも豪雨が続くとこの地域は直ぐに水に浸かってしまう。

特に「D2 Hotel」、「Meridien Hotel」、「Plaza Hotel」辺り一帯は酷く、10cm位の道路浸水は当たり前。

3年前(だったか?)の洪水の時は、膝上まで浸水、ゴムボートが必要だったほど。
その時アヌサーン市場は全面浸水、4日間ほど水が引かずお手上げの状態だった。



先日(9月29日)の午後も、チョッと1時間程の雨降りでこの状態。
下はナイトマーケット、スリウオンホテルの交差点
pict-019.jpg

pict-026.jpg

pict-028.jpg

pict-020.jpg

pict-027.jpg

pict-022.jpg



ここはチェンマイプラザホテルの前
pict-018.jpg

pict-017.jpg

pict-015.jpg

pict-031.jpg


酷い水害である。
ならばチェンマイ市は、いっその事この地域をベネチアの様に水路にして、観光資源として売り出せばいいと思う。

そうなればピン川の水害対策は不要(予算が浮く)、それより如何にしてスムースに道路を冠水させるか、この検討に入る。

チェンマイの「ベニス化計画地域」は、下の地図(Viang Chiangmaiより)の赤線の範囲とする。
地図.JPG


道路両サイドには高さ1mのコンクリ壁を設置、アヌサーン市場にも同じように水路を構築。 勿論、渡しの橋も架ける。

ナイトマーケット一帯に用事のある人は、最寄りのボート停留所まで来て、そこでボートに乗り移る。

例えば、市場は元より地域内にあるホテル、両替屋の「SK」、居酒屋「ぐでんぐでん」等へはボートで揺られて行くようになる。

当然ながら、カラオケ「なみき」他4、5軒ある風俗店、乱立するマッサージ店も同じ、脚は全てボート。

下の様に改造される。




pict-25130011019.jpg


ベニスのゴンドラ同様、歌を唄いながら船頭がボートを漕ぐ。

レパートリーは森繁久彌「船頭小唄」、三橋美智也「おんな船頭唄」、花村菊江「潮来花嫁さん」、都はるみ「涙の連絡船」など。
洋楽ならロッドスチュアート「セーリング」がいい。

ベニス化計画に併せ、歌唱力ある船頭の募集と育成に取り掛かる必要がある。
今日はその「船頭小唄」、 お暇ならYoutubeで視聴ください。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=NsoO72IHPCE

            * *

この日の夕食は、水上ボートに乗らずに歩いて行く。
アヌサーン市場にある中華レストラン。
場所は北タイ情報紙「Chao」の地図(F‐5)
友人たち計4人での夕食である。
店内
pict-009.jpg


オーダーは適当に。勘定は日本から観光で来ている友人の払い。
奢りとなると料理の値段など無関心になる。
pict-008.jpg

pict-006.jpg

pict-005.jpg

pict-007.jpg


ここも将来はゴンドラに乗って訪れるのだ。

風情があるではないか、「東洋のベニス」チェンマイ。

例えば連れ出したカラオケ嬢と爺さんがゴンドラに揺られ、ぎっちらこーぎっちらこー、船頭の歌を聴きながらホテルに向かう。






pict-src_OTHERS_298.jpg

ホテルの部屋でも彼女と2人、ぎっちらこーぎっちらこー。

水の都でロマンティックな夜、これぞチェンマイ名物になること間違いなし。

早速チェンマイ市当局に対し、ジジイのベニス化構想を働き掛けたい。


「そんな事、実現するわけないだろ、お前はバカか!」ですって?

独居老人は真剣です。



「 案ずるより産むが易し」

チェンマイって ホントいいですね! 
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:40| Comment(0) | チェンマイ改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする