2014年10月19日

独居老人の生活89(食通・後編)

昨日前編からの続きです。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐89(食通・後編) 


  どんなものを食べているか言ってみたまえ。

  君がどんな人間であるかを言いあててみせよう
 
  ブリア・サヴィラン


絶世の美女も等しく排便なさる訳だが、美女たちは悩まないのか?
欝病になるとか自虐心が起きないのだろうか?


pict-ImageProxy8.jpg
(注)上の女性はイメージ写真。

「これ程に美しいわたくしが着物の裾を捲り上げて、どうしてこんなに臭くて汚いモノを出すのかしら?」

これで悲観して自殺する美女がいても不思議ではないと思う。
写真の女性は、自分のウンコを撒き散らして自殺しなかったのか?


独居老人が40歳になる前の頃、行きつけの店のホステス嬢(29歳)にこの大便問題を訊いたことがある。

彼女は誰もが認める美人、ただ神の思し召しかオツムの方はイマイチだったが。

「汚いウンコするんで、自殺考えた事はないの?」

ホステス嬢は仰天した顔付(さも軽蔑したような目)でジジイを見て言った。

「そんなモノ溜まっちゃうと苦しいし、毎日出したい出したいって思うだけ、しっかり出たら嬉しくなるわよ」

これじゃあ自殺する訳ないわな。

          * *

最近、「便微生物移植」が世界中で注目を集め、日本でも臨床試験が始まっていると聞く。
これは健康な人の便を腸疾患を持つ人の腸に移植するもの。

健康な人の便100gを生理食塩水で溶かして攪拌、フィルターで濾過し、これを注射器に入れて肛門から注入するんだそうな。

原因不明で難病の潰瘍性大腸炎などの患者にとって朗報。
頻繁に下痢する独居老人にとってもありがたい。

しかし吉永小百合や上戸彩のウンチ移植ならいいが、泉ピン子や研ナオコの糞なら嫌だな。

            * *

便通・独居老人のウン蓄はこれくらいにして、食通はその分野の著名人に語って貰おう。

加えてその最後に、独居老人が自らの食通蘊蓄を披露させて戴く。

ブリア=サヴァラン
   1755〜1826 フランスの司法官 美食家

1.生命がなければ宇宙もない.そして生きとし生けるものはみな養いをとる。

2.禽獣は食らい、人間は食べる。
  教養ある人にして初めて食べ方を知る。

3.国民の盛衰はその食べ方いかんによる。

4どんなものを食べているか言ってみたまえ。君がどんな人間であるかを言いあててみせよう。

5.造物主は人間に生きるがために食べることを強いるかわり、それを勧めるのに食欲、それに報いるのに快楽を与える。

6.グルマンディーズ(食道楽、グルメ)はわれわれの判断から生まれるので、判断があればこそ我々は、特に味のよいものを、そういう性質を持たないものの中から選びとるのである。

7.食卓の快楽はどんな年齢、身分、生国の者にも毎日ある。他のいろいろな快楽に伴うことも出来るし、それらすべてがなくなっても最後まで残ってわれわれを慰めてくれる。

8.食卓こそは人がその初めから決して退屈しない唯一の場所である。

9.新しい御馳走の発見は人類の幸福にとって天体の発見以上のものである。

10.胸につかえるほど食べたり酔っぱらうほど飲んだりするのは、食べ方もの味方も心得ぬやからのすることである。

11.食べ物の順序は、最も実のあるものから最も軽いものへ。

12.飲み物の順序は、最も弱いものから最も強く香りの高いものへ。

13.酒をとりかえてはいけないというのは異端である。
舌はじきに飽きる.三杯目からあとは最良の酒もそれほどに感じなくなる。

14.チーズのないデザートは片目の美女である。

15.料理人にはなれても、焼肉師のほうは生まれつきである。

16.料理人に必要欠くべからざる特質は時間の正確である。
これはお客さまのほうも同じく持たねばならぬ特質である。

17.来ないお客を長いこと待つのは、すでにそろっているお客さま方に対し非礼である。

18.せっかくお客をしながら食事の用意に自ら少しも気を配らないのは、お客をする資格のない人である。

19.主婦は常にコーヒーの風味に責任を持たねばならず、主人は吟味にぬかりがあってはならない。

20.だれかを食事に招くということは、その人が自分の家にいる間じゅうその幸福を引き受けるということである。
           関根秀雄訳


美食家・独居老人がその後を続ける。

21. 美味い料理は美女と一緒に食べるに限る。

22. この美女を見つけるのも一つの大切な前菜料理である。

23. 前菜食後見境なく、美女を口説くことが食事の洗練された作法である。

23. 「アオガバーン」と言って、その美女を”持ち帰る” ことが紳士の食事マナーである。

24.美女と一緒に食べた後に出るウンコは、美しく輝き余韻が残るものである。


あんれまあー、また便通に戻っちゃったよ。

「アオガバーン」と言いたくなる美女に巡り逢いたい。


       食欲だけが人生だ!

チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:30| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

独居老人の生活88(食通・前編)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐88(食通・前編)


新しいご馳走の発見は
人類の幸福にとって天体の発見以上のものである
 



快食、快眠、快便、この三位一体が健康のバロメーターであり、我々はこのリズム感で快適に生きている。

食は一日三食が一般的、健啖家はあの店はこれが美味しかった等と話題にする。
Gourmet、即ち食通の人は、食に関する薀蓄を披露したりする。

食材、料理方法、味、香り、食器、盛り付け(見場)、雰囲気等、そこでは快食のための工夫、腐心がなされている。

そして楽しい語らいの場としての食事がそこにある。

pict-22964002809.jpg


快食に対する快便だが、どこか後ろめたい感があるのか、話題にするにも憚る傾向がある。 臭い物に蓋か。

だから便通の人が快便に関して知識を披露する事は殆んどない。
そもそも便通と言うと、お通じつまり排便を意味してしまう。

食通の人は美食家とも言われるが、便通の人は美便家、こんなの聞いたことがない。
これは言葉における差別である。


食に比べ、便は趣に欠ける。
大概便は1日1便、中には週に1便という出し惜しみする人もいる。

食事のようにワイワイ・ガヤガヤお喋りしながら楽しむ事はない。
たった一人、白い便器にウンコを垂れるだけ。

楽しむとは反対に、便秘の人はウンウン苦しんでの脱糞。
切れ痔の人はケッチャップを食ったからではない、血便で痛い思いをする。




pict-16846997_220x165.jpg

こんなトイレは稀有、でも美女と一緒にするウンコも乙なモノ。
            
            
            * *


神は容貌に美醜の差を与えた事を恥じ、美女も醜女も等しく排便するものとされた。

昔デカンショ節で歌ったものだ。

 ”美人美人と 威張るな美人 ハ、ヨイヨイ

   美人屁もすりゃ 糞もする

    ヨーイヨーイ デッカンショ”

糞するのは醜女だけではない、神の叡智の賜物。

           * *

この日行ったのはカフェー、友人からスマホのスキルを教えて貰う。
場所はお堀外の西北の角から北に100m行った左側にあるガーデンカフェー。 北タイ情報紙「Chao」の地図(E‐2)
コーヒー(アメリカーノ)50バーツ。

002.JPG

001.JPG

この日はスマホによるネット接続方法を習得。
これでスマホでタイ・ブログランキングも見ることが出来るようになった。
スマホ画面に出て来る文字盤の小さいこと、直ぐに隣の文字を触ってしまい何度もやり直す。

           * *


思春期の独居老人は、吉永小百合はオシッコもウンコもしないと信じていた。

熱狂的サユリストのジジイにとって、彼女は女神、ウン上人。
今でも信じたくないが、間違いなく吉永小百合もウンコを腹に隠して生きている。

pict-ImageProxy7.jpg


チェンマイに来て憤慨した事は、風俗マッサージパーラーの店名に「さゆり」があったこと。
あの純情可憐、穢れ無き吉永小百合の名をよりによって・・・・・。

ジジイは抗議に行きたいが、店に入って藪蛇、ガラス越しのあの美女とチョイとお風呂に・・・・・なんてことになりかねない。
よってマイペンライでいる。



食通と言いながら便通ばかりになっちゃたな。

チェンマイって ホントいいですね!
明日の後編に続く。タイトル通りの食通蘊蓄オンパレードです。




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:23| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

独居老人の生活87(お先真っ黒)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐87(お先真っ暗)


 Turn up the lights,
 I don't want to go home in the dark.

   ランプの灯りを大きくしてくれ。 
   暗闇の中を通って家に帰りたくはない。
 
           
                                O・ヘンリー(米国の作家、短編の名手)


昨日(10月15日)午前、リンピンスーパーへ買い物に行った。
調達品を持ち、レジの近くまで来て気が付いた。

財布は家の中、持って来ていない。
籠に入れた食料品などを元の棚に戻して歩く。
もううんざり。


自宅のあるアパートに引き返し、部屋に戻るべくエレベーターに乗った。
突然途中でストップした、と同時にエレベーター内は真っ暗になる。

真っ暗闇に閉じ込められた独居老人、たった一人で恐怖に襲われた。 こんな感じ。











無題5.png

”右も左も真っ暗闇じゃござんせんか”

お暇なら懐メロヒット、鶴田浩二、Youtube(3分)
「傷だらけの人生」です。
http://www.youtube.com/watch?v=NyCG6epl1m8&noredirect=1


しかし直ぐに照明だけは点灯、だがエレベーターは動かない。
ボタンの1階を押してもどの階を押しても動かない。

いやあー怖い、困った。

こういう時、もし口説きたい女性が一緒なら絶好のチャンス。
「きゃっ、こわーい」とジジイにしがみつく女。

「心配要らないよ、オレがいるじゃないか」なんて事言いながら、おもむろに抱きしめる独居老人。  そして甘い接吻。

二人の世界、エレベーターの停止時間が長ければ長い程いい。
 (こんな事を想像するようじゃ、余程ロマンスに飢えてるんだなあ)


しかし待てよ、ジジイの股間周辺には弱さがある。

尿意を催したら我慢出来ない。垂れ流してしまう。

最悪は腹痛、下痢でウンコを漏らす状態になった場合。

狭いエレベーター内、彼女の前で脱糞したら二人のロマンスは一巻の終わり。
そう考えると閉じ込められたのはジジイ一人で良っかたか。


エレベーターの長い暗闇を抜けると1階であった。
 (川端康成の感じ)

1、2分後にエレベーターのドアが突然開いた。
そこは1階、アパートのスタッフが笑いながら、何やら言う。

笑ってる場合じゃないよー。
チョッとした停電、ホント一時はどうなるかと思った。
             
            * *

明るい道路を走って行った作日のランチはタイめし屋。
場所は北タイ情報紙「Chao」の地図(F‐5)
Meridien Hotelからロイクロ通りを西へ歩き、小川を渡って右折して10m左側にある。

pict-023.jpg

道路脇でポークやチキンを焼いている。
pict-ガイヤーン店.jpg

pict-ガイヤーン.jpg

店の入口
pict-019.jpg

店内
pict-014.jpg

店員さん
pict-018.jpg



この店員さんはジジイに気がある。
忙しい中でもジジイの席に来て、ご飯は要る?なんて訊く。

持ち帰りの場合などは、ヘルメットでジジイの顔が見えないにも拘らず、「ムーね」と言って直ぐ用意し始める。

pict-022.jpg

残念ながらジジイのタイプじゃない。



この日食べたのはムーヤーン(ポークBBQ)50バーツ。
Beer Chang大瓶:65バーツ。
pict-017.jpg


サラダバーもあり、取り放題。
pict-016.jpg


メニュー表
pict-020.jpg

           * *

毎日何の予定もなくスケジュール帳はお先真っ白、
カノ女見つける当てはなく、一人暮らしはお先真っ黒。


寂しい1日がこんなんで暮れた。
仕様がない、満足しよう。





楽だらけの人生

チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:06| Comment(0) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする