2014年10月31日

独居老人の生活98(賢友値切る)



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐98(賢友値切る)


リベラルは愛である
     鳩山由紀夫

”友愛” を提唱し、ルーピーとバカにされ日本の恥じを晒した。




私の友人の友人がアルカイダなんですね 
        鳩山邦夫

その内、私の友人の友人がイスラム国なんですね、って言いそうだ。



巨額の相続税、どうやって値切ろうか
        由紀夫・ 邦夫

なんて事、兄弟で相談しなかったよね。  

           * *

独居老人の友人Cさん(71歳)は現在チェンマイ暮らし、タイ人と結婚している。

Cさん曰く:

つい先日、日本総領事館に出向いたんです。

用事が終わって帰ろうとした時、領事館のあるビル(注:ビシネスパーク)内で”コピー出来ます” の張り紙が目に入りましてね。

これは丁度いいと・・・、その店で資料11枚をコピーしたんですよ。
出来上がって請求された金額が110バーツ、1枚が何と10バーツ。

私がいつも頼むセンタン(Shopping Mall)のコピー店でさえ1枚2バーツなんです。
私は幾らなんでも高すぎると頭に来てね、20バーツ渡して「コピーは要らない」と係の人に告げたんです。

そしたら係員の男は、「それなら半分の55バーツで・・・・」と値引きするじゃないですか。
1枚当り5バーツでもまだ高いですよね。

その時50バーツ札を持ってましてね、これでいいだろうって支払いましたよ。 勿論コピーを受け取って帰って来ました。

             * *

コピー1枚10バーツと言えば、チェンマイ・イミグレ事務所脇にあるコピー屋と同じ。
イミグレ係官から不足の書類を指摘され、急いでコピーするのだから10バーツでも諦めがつく。


日本領事館が入るビル、家賃が高い → コピー代が高いになるのだろう。 よくぞこのコピー屋、5割も値引きした。

実に良心的なコピー屋さんだと思いたいが・・・・・・。
高額のコピー代に義憤を感じ、値切ったCさんはご立派。
(Cさんは値切る積もりはなかったのだが・・・・)

せめてもう一声、22バーツ(2B/枚)まで頑張って・・・・。
9割の値切り、ここまでやると悪どすぎるか。


教訓: 先ず値段  確認してから  注文だ

            * *

この日のランチは、そのCさんを含めた爺さん3人で。
最初にラーメンチェーン「秀家」を初めて訪れた。
ビール大瓶が120バーツと分かり、「高ーい!」。


値切る訳にもいかず貧乏人はスゴスゴ U-ターン。
そのすぐ近くにある「忍者ラーメン」に向かう。

店の表。
隣の店舗も借り受けて店内拡張した。 右の入口が旧、左が新。

pict-018.jpg



昔からの店内。
pict-014.jpg



拡張した店内。
pict-013.jpg



愛想のいい店員さん。
pict-015.jpg



白ニラ醤油ラーメン89バーツ。半分食ってから写す。
Beer Chang(大瓶)は80バーツ。
pict-016.jpg



餃子:60B、他に冷奴49B。
pict-017.jpg
「忍者ラーメン」の場所は北タイ情報紙「Chao」の地図(N‐2)


            * *

ジジイ宅の近所にもコピー屋がある。
価格は0.5バーツ/枚、つまり2枚で1バーツ。
(Cさんが最初請求された1枚10バーツならばこの20倍)

一枚でも2枚でもチャンとコピーしてくれる。
加えて、辞書や本など丸ごとコピーするにも重宝する。
製本してくれて、購入した辞書代の3割程度であがる。




CD(エロビデオ)のコピーも安価で、お土産用にたくさんコピーした。
翌日、顔見知りの店主からコピーCDを受け取る時、ジジイは恥ずかしさを感じる。

コピー時、店主が動画を見ているのではと考えるからだ。
店主にニッコリされると、やっぱしと勘繰ってしまう。






独居老人、とてもシャイなんです。

チェンマイって ホントいいですね!











コピーライトマーク 2014 Microsoft
使用条件
プライバシーと Cookie
開発者向け情報 (英語)
日本語

posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:23| Comment(5) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

独居老人の生活97(色の道)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐97(色の道)


   今はサシスセ  昔はいろは 
   すたらぬはずだよ  色の道


こんな都々逸があるように、古今東西スケベ道は絶ゆる事なし。


先月、中国のある新聞の「世界好色国家トップ10」を紹介する記事があった。  この記事に依ると、

1位はギリシャ

ギリシャ・ローマ時代から解放的で、男女ともに積極的に快楽を享受するが理由だとか。

独居老人は現在一人で余生を享受、早く女性と快楽を共にしたい。



2位はT―バックの発祥地、ブラジル

ここの女性はジジイの趣味に合わない。
サンバで踊る彼女たちを見ると、食欲・性欲共に減退する。

どうしてかって?
女に自分が食われてしまうようで怖い。






pict-mig.jpg




3位はナイトクラブに男女が集まるロシア

寒くて屋外には出られないから室内でウオッカ飲み、その後ヤル事は一つ。
ロシアの若い女性は美しい、20代までが旬であろう。

pict-sovietbeautycontest002-20.jpg


それ以降はビア樽に変身する。



pict-001.jpg

飲むのはビア、抱くのはビア樽、こんなのジジイは嫌だ。



4位は中国

世界中のアダルトグッズの7割を生産しているのが中国だと言う。
北京では8年間でアダルトグッズ店が5000軒もオープンした由。
共産党の幹部と役人の好色度だけなら、中国が世界一。

独居老人が支那の女に出会ったのは、東京のクラブでバイトするホステスさんたち。
美人だが口臭のきつい女がいた事を覚えている。


ジジイの友人(現68歳、日本在住)は、大阪で中国人ホステスを口説き落とした。
妊娠したと言う女は直ぐに中国に帰国、北京で産んじまって娘が誕生。

友人は、毎月養育費として7万円を北京に送り続けた(10年間)。
引退後は半額にまけて貰い、今も35000円を送金している。

現在、支那の女から「娘を日本(の戸籍)に入籍して欲しい」と懇願されている由。
5、6年前に再婚した奥さん(日本人)に相談したら、「ふざけないで!」と言われ板挟み、困った状況にある。

因みにこの友人は26歳で結婚し、最初の奥さん(同い年の日本人)と30数年仲良く暮らしたが、子供を授かる事はなかった。

中国に子供が出来た事を奥さんに告げた由、奥さんはそれから数年後に癌で他界。

支那の女との間に出来た娘が初めての子。
友人にとっては可愛くて可愛くて・・・・・・。


結論:支那の女は強(したた)か好色。



好色度ランキングに戻ろう。
5〜10位はポーランド、イタリア、マレーシア、スペイン、スイス、メキシコの順。



何故アメリカが圏外か?

現在、大統領はじめ超有名人に女性スキャンダルが出ていないから。
色情狂だったケネディ大統領は暗殺されてスケベから英雄になる。

無題.png
John・F・Kennedy(1917〜1963)享年46歳



ケネディの女漁りは大統領就任後も止まなかった。
ハリウッド大女優との情交も楽しむ。


pict-marilynkae3sss.jpg
マリリン・モンロー(1926〜1962)享年36歳




pict-10077446947_s.jpg
ジェーン・マンスフィールド(1933〜1967)享年34歳



同じく性依存症のビル・クリントン、タイガーウッズ、マイケル・ダグラスたち有名人は、治療したからか現在みな大人しい。

pict-200px-Bill_Clinton.jpg
Bill Clinton(1946年〜 )




pict-220px-Monica_lewinsky.jpg
Whitehouse実習生モニカ・ルインスキー(1973〜 )



クリントンが白状したモニカとの「不適切な関係」、
”relationship that was not appropriate” は世界の流行語になった。

現大統領のオバマには女性スキャンダルがない。
このような現況が圏外になった理由と考える。




何故韓国が圏外か?

女はみな海外で売春、男はみな海外で買春しているから。

加えて船舶事故 ”空白の7時間は男と密会?” を噂された朴大統領は、直ぐに産経ソウル支局長を起訴させて出国禁止措置、好色の報道に圧力をかけている。

世界売春トップ10ならば、韓国の第一位は確実。




何故タイが圏外か?

付き合う女性が孕むとタイの男は直ぐ逃げる。
姿を隠すので正確な好色度統計が取り難いから。

軍政になり、「孕まして逃亡の男は極刑に処す」の法案はまだ出されていない。




何故日本が圏外か?


超スケベな連中がそっくりチェンマイに来ているから。

日本人のSEX頻度は世界で最低、という調査結果が出た事もある。 特に夫婦間の営みが少ないと言う。

年に一度のギリマンジャロならいい方、中にはSexless夫婦がいる由。

タイに住む日本人だけなら、世界好色度はトップになろう。

チェンマイの爺さんだけなら、2位と大差の断トツ首位は間違いない。



足ひっぱちゃダメ、独居老人も頑張らねば・・・・・・。







殺されないようにして。

チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 08:21| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

独居老人の生活96(賢友曰く)


独居老人は1日置きのシャンプーを習慣にしております。
それを一昨日やったのか、昨日だったのか、思い出せない時が度々あるんです。

これって認知症の現れなんでしょうか?  心配になります。
忘れた時は、とにかく頭を洗ちゃいますが・・・・・・・。



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐96(賢友曰く)


  真の友をもてないのはまったく惨めな孤独である。

  友人が無ければ世界は荒野に過ぎない。

  
                フランシス=ベーコン(1561〜1626年、英国の哲学者)



独居老人の友人Aさん(65歳)はチェンマイ郊外の一軒家に一人暮らし。
日本から連れて来たペットの愛犬はいるが、恋人なしの糞真面目な爺さんだ。

酒はビール小瓶1本程度。  賭け事、タバコ、女はやらず。
チェンマイに居て何が楽しいのか、何を楽しみに生きているのか、独居老人にはよく分からない。


そのAさんは日本へ一時帰国し、先月下旬チェンマイに戻った。

その時チェンマイ空港の税関チェックで憤慨した由。


Aさん曰く:

チェンマイ空港のチェックが厳しくなっていまして、今までフリーパスだったスーツケースの透視検査がありました。

「開けて下さい」とのことで中を見せると、村のタイ人に頼まれていた雑誌と「週刊大衆」が没収になりました。

これは、タイの法律にふれるので 仕方ありません。

(注釈)恐らく週刊誌などのグラビア(ヌード)が原因でしょう。
タイではヌードや陰毛ありの写真は御法度なのかな?


しかし綺麗に包装してあった4箱の菓子箱。
「3箱までです」と言って、1個取られてしまいました。

「無茶するな」と言ったのですが、利き目なし。
彼らが食べたのでしょう。



軍政になって、税関チェックが厳しくなったのか。
独居老人は6月、チェンマイ空港に降り立ったがこの様な事なし。
どうであれ「週刊大衆」やヌード雑誌は持たないが・・・・・・。

            * *

この日の晩飯は和食屋「いもや」。
その堅物Aさんとド助平さん(66歳)の3人で行く。

ド助平さんが日本に一時帰国(40日間)するので、今回はその送別の宴。

このド助平さん、明日は恋人(23歳)と会い、40日分の熱ーい夜を過ごすんだそうな。  羨ましい限り。


「いもや」の場所はチャンクラン通り、シャングリラホテルの近所。
北タイ情報紙「Chao」の地図(E‐5)

店の入口
pict-001.jpg


「いもや」はメニュー記載の値段に全て12%ほど上乗せになる。
従って、下記の価格はその12%を含む。

お通しは34バーツ、 Beerの小ジョッキ67バーツ。
因みにビア・シンハー(中瓶)は90バーツ。
この日ジジイは小ジョッキ3杯飲む。

pict-002.jpg



ジジイがオーダーした料理。
キンピラごぼう:67バーツ。(チョッと量が少ない感じ)
pict-004.jpg



トンカツ:112バーツ。ひと切れ食べた後にパチリ。
pict-003.jpg

支払いは割り勘ではなく、各々食べた分の別勘定。
店には、最初オーダーする際にその旨頼んでおいた。


            * *

ここ「いもや」チェンマイ店の店長は当地に単身赴任。
タイ人(20代)の奥さんがチェンライの実家におり、現在そこに家を新築中。

奥さんからかかってくる電話は1日に頻繁。
予告なし、突然お店に現れる事があり、その時はお店の従業員に尋ねるそうな。

「お店の休日はいつでした?」など。


バンコックにいる社長からは「売上が足りない」とハッパかけられ、
奥さんからは厳しい監視の目。
気疲れかやってられないのか、店長の体は折れそうな程に細い。


どんなに疲労困憊していても、週3回は淋しく一人で慰める由。
やはり若さは凄いと驚嘆。  (店長の顔写真は省略)




   枡 佳久男店長   頑張れ、!!


  チェンマイって ホントいいですね! 






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 05:30| Comment(4) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする