2017年06月25日

独居老人の生活902(爺さんたちの結婚)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活902(爺さんたちの結婚)


  人が生きるために必要なもの、

 それは、 酸素と水と栄養と、 自分ではない大切な誰か。    
     
                                          芸術新潮広告 
   
          
@ アントニオ猪木の結婚。

猪木と言えばこれ。

1 ・ 2 ・ 3 ・  ダッー!
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=-0JE_SWteSw


     pict-200px-Antonio_Inoki_IMG_0398-2_20121224.jpg


アントニオ猪木(74歳)は現在参議院議員の歴とした政治家。
今年2月20日(入籍)に結婚、 通算4度目だ。

1回目は1964年からの渡米時代で、 アメリカ人と結婚。
1児をもうけたが死亡している。


2度目が28歳の時で1971年、 相手は女優の倍賞美津子(現在70歳)、 1億円の挙式で当時の話題になる。

     pict-倍賞美津子.jpg


倍賞との間に娘が一人いるが、 17年後の1988年に離婚。
その娘が猪木寛子で、 1986年のミュージカル 『アニー』 でアニー役を演じた元女優。


3度目は倍賞と離婚した翌年。
1989年(当時猪木は46歳)、 22歳年下と結婚。


そして今回が4度目の結婚、 16歳年下で2011年まで猪木の
公設秘書だった女性(現在58歳)。

現在は猪木の事務所の副社長を務め、 約30年にわたり仕事上のパートナーとして猪木を支えてきた。

                      写真は 「週刊Friday」 より。
pict-DSCN1172.jpg
                   ☝ 右が4度目の奥さん。


3度目の正直とは聞いたことがあるが.....
歳にもめげず、 闘魂の男・猪木は懲りずにこう叫ぶ。







1、  2、  3、  4度目 ダー! 


                * *


A ジジイの友人の結婚。

先日、 ジジイが日本からチェンマイに戻ってきて知る。
友人のAさん(56)が既にチェンマイを去っていた。

これが何と5月中旬、 遂に彼は結婚したのだ。
Aさんには婚姻歴なし、 ずっと日本で独身を通す。

彼はチェンマイで暮らし、 結婚相手を求めていた。
条件は、
@ 仕事をせず専業主婦でいて欲しい。
A 子供を産んで欲しい。

ジジイは1度、 Aさんにタイ人女性を紹介したことがある。
彼女(当時32)はタイの中流家庭に育ち、 大学卒で未婚。

容貌は並み以上、 Aさんも気に入ったよう。
うまく進展しそうに思えたのだが、 デートに誘ったらあいにく彼女がバンコクに滞在中。

家族の新ビジネスオープンの手伝いに行っていたのだ。
そこでAさんは早くも諦める。

 「あちこち飛び回る女性はオレには合わない」  

                * *

ジジイがAさんと最後に会ったのが今年の2月。
この時の模様は、 本ブログ#794(2月20日)で掲載済み。

チェンマイ市内で夕食後、 3軒ハシゴ。
1軒目はクラブ 「チェンマイの夜」、 2軒目はゴーゴーバー見学、

3軒目がカラオケ 「サチコ」、 歌うはAさん。
             ☟
pict-pict-pict-木村さん.jpg


Aさんも我々もホステスの連れ出しなし、 歌うだけで終わり。
真面目なチェンマイの夜遊びであった。

                * *

そのAさんが20代のタイ人女性と夢が叶って結婚。
出会いは結婚紹介サイト。 (紹介料の有無不明)

結婚式は花嫁が住む都市のリゾートホテルで挙げる。
当然ながら結納金や貴金属は必要で、 出費は?十万バーツか。

招待客に飾って見せる結納金、 千バーツ札が美しい。
左側には貴金属が見える。
pict-1498187035242.jpg
           ☝ 結納金は花嫁の親の懐へ.....




頭髪を染めて若返り、 披露宴での晴れやかなAさん(56)。
前列左が大学卒で20代の花嫁。

pict-1498187038447.jpg


日本もタイも同じ、 それ相応の結婚となるとカネはかかる。
これからも住宅や子育てでお金は出ていくだろうが.......

ということで、 Aさんは花嫁の住む町、 タイ東部のコンケーンに
引っ越した。  Aさんの勇気ある挑戦に敬意を表したい。

Aさんはタイ語に堪能、 奥さんとの意思疎通に問題なし。
タイに来て、 幸せ掴んだオッサン、 そうなることを祈ってる。


「人が生きるために必要なもの.....自分ではない大切な誰か」
   

 東風吹かば  男はゆらゆら飛んでいく、









 女子(おなご)の匂いに誘われて.......


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:59| Comment(12) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

独居老人の生活901(偉い人の本質・裏表)


イミグレの ”Online 90日手続き再開” について、 本ブログ
#853(2017年4月20日)でご案内(掲載)いたしました。

残念ながら、 その後しばらくしてまた閉鎖されてしまいました。
スミマセン、 ご報告が遅れまして。
その内また再開されるかも....期待しないで待ちましょう。

                  * *


チェンマイ独居老人の華麗なる生活901(偉い人の本質・裏表)
                 


   徳をもって人に勝つものは栄え、

   力をもって人に勝つ者は亡ぶということあり。

                                              源平盛衰記


私バカよね  おバカさんよね
うしろ指  うしろ指  さされても

選挙一筋命をかけて   耐えてきたのよ  今日まで
秋風が吹く  永田町を  人が出てゆくように

私は辞職するわ  明日の朝早く
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=EggUps3cMkQ

               * *

ジジイはこの年になって女性不信に陥(おちい)った。
もう女には怖くて近づけない。

人間の本質、 隠された裏には何がある....わかりゃあしない。

豊田真由子衆院議員(自民党)は頭脳明晰で偉い国会議員。
激情型でもなんでもない。

とにかく議員辞職 → 精神病院で治療なさった方がいい。

pict-豊田真由子ー2.jpg


今回の 「週刊新潮」 の特ダネには仰天。
13歳年上の秘書への恫喝はこの世の物とは思えない。

窮鼠猫を噛む → 秘書の復讐、 この可能性には考え及ばず?

22日、 自民党に離党届を提出したが当然。

              * *

豊田真由子さんの経歴がこれまた凄い。

1974年10月生まれで現在42歳。
東京大学法学部卒業、 ハーバード大学大学院修了。

前職が厚生労働省老健局課長補佐、 エリート官僚だったのだ。
退職して埼玉4区から出馬、 衆議院議員2期目。

    豊田議員.png


まあ女ってどうなってんだろう?
ご亭主も国土交通省のキャリア官僚、 子供は2人いる。


最近の高級官僚は狂ってるんだろうか。
前文部科学省事務次官の前川喜平氏しかり。

形容すれば一言、 無恥。  そこには矜持の欠けらもない。


では豊田議員の罵詈雑言としおらしい国会質問をどうぞ!
尚、 頭髪の薄い方、 ご立腹なさらぬよう.......
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=Y-XWcRC_KP8


             * *


「ヘソから下に人格無し」

性別に関係なく、 ジジイはそう思っていた。


pict-pict-200px-Yoshihiko_Noda_and_Timothy_Geithner_20101106.jpg


上半身は理性的な人も、 下半身となると性欲の赴くまま。  
本能に従って突き進む。


しかし今回でジジイの考えは変わった。
女性だけは2つに分けられない → 3区分。

@ 首から上: 感情の赴くまま....
          一見理知的だが実はバカ。

A 首〜ヘソ: 本性の赴くまま......理性に関係なく露出する。 
          淑女風.....腹の底に隠し持つ人間の本質。
        

B ヘソから下: 本能の赴くまま.....男と同じだが、
           脳に関係なく子宮で動く。



pict-pict-画像蓮舫全身.jpg


そういえば豊田真由子、  蓮舫、  辻本清美、  福島瑞穂、
山尾志桜里、 どこか似ている雰囲気がある。


これらの方々にもみなご亭主・パートナーがいる。

キーキー言って騒ぐ先生方も、 家に帰れば変わるのか。











「ねぇ〜 あなたぁ〜」   艶めかしく.....  
                              (ああコワー)


チェンマイって ホントいいですね!


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:02| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

独居老人の生活900(爺さんの趣味は美の追求)


    本ブログは下品で低劣な内容です。 
    紳士・淑女及び18歳未満の方はご遠慮ください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活900
                       (爺さんの趣味は美の追求)


    若くて美しいことは、 自然のいたずら。

    年をとっても美しいことは芸術です。

                                         エレノア・ルーズベルト


@ 日本を含め、 世界中のテレビが視聴できる。

以前、 本ブログ#837(2017年4月10日)でご案内したこれ。
  「EVPAD」
pict-DSCN9876-thumbnail2.jpg



pict-DSCN9875-thumbnail2.jpg


友人は購入してから3ヵ月近くになるが、 トラブルなく順調に
使用している。

ブログ掲載後、 ジジイが知るだけでも8人の方が新たに購入。
タイに暮らしていても、 やはり見たいのは日本の番組か。


今日ご案内するのは、 これでエロビデオの視聴可ということ。
チャンネル数が39、 リモコンでクリックするだけでOK。

 先ず下の矢印をクリック。
pict-DSCN1143.jpg





次に現れる画面から、 適当にチャンネルを選ぶ。

pict-DSCN1142.jpg




 メニューが出てくるので、 お好みを選択。
pict-DSCN1147.jpg




今日はチョットだけ.....雰囲気をどうぞ!
日本人のHは当然。
pict-DSCN1146.jpg




白人/黒人の組み合わせ、 中にはこの様にボカシあり。
pict-DSCN1145.jpg





これは洋物、 ほとんどがボカシなく、 局所のズームアップあり。 

pict-DSCN1144.jpg




もっとすごいのが下の白い器械。
何と1万チャンネルのエロビデオが視聴できる。
pict-DSCN1149.jpg


他の機能は 「EVPAD」 と同じで価格は約4千バーツ。
エロ鑑賞がご趣味の方には 「安博科技」 がお薦め。

どちらもタイの通販 「LAZADA」 で購入可。

               * *

尚、 「EVPAD」 を入手にしても、 最初の設定が必要です。
ただテレビに繋いでも映りません。

先ずテレビに繋げますと次の画面が出ます。
その画面の添加をクリック。        
         ☟
pict-DSCN1165.jpg




 下の ”設定” をクリックし、
pict-DSCN1168.jpg





次に出てきた画面のWiFI(矢印)をONにしてください。

pict-DSCN1160.jpg




日本語に転換します。
左側の下の方にある”語源・・設定”をクリック。
pict-DSCN1169.jpg




日本語になりましたね。
”簡単にテ” をクリックで、 見たい番組のメニューが出ます。
pict-DSCN1170.jpg


以上の手順でクリックしていけばOK。
お楽しみくだされ!


               * *


A こんなご趣味の爺さんもいらっしゃる。

全てがイロ好み、 助平とは限らない。
イロは色でも 「泳ぐ宝石」、 「泳ぐ芸術品」、 「泳ぐ水中花」。

金魚ではありません。  ランチュウですよ。
          ☟
pict-0ranchu.jpg
    ☝ これは成長した売り物の高級魚。



このランチュウを友人Aさん(67歳)がチェンマイで購入。
チェンマイ市内でもタイ人の飼育家がおり、 幼魚を販売中。

 それがこのランチュウ。
pict-DSCN1137.jpg





唯の金魚にも見えるが、 これでも1匹400バーツ。
Aさんは3匹購入、 しかし2匹は1ヵ月で死んだ由。

pict-DSCN1134.jpg


現在残った1匹を精魂込めて育てている。
何せ血統ある良魚、 成長の暁には美しい芸術品になっているはず。

金魚は横から観賞するが、 ランチュウは上から観賞が基本。
そこには品評の基準があるという。

 ・泳いでいる姿に力強さ、華やかさ、気品・風格がある。
 ・背幅がしっかりあり、尾筒が太い。

 ・鱗の並びと色艶の美しさ。
 ・品位があること(飼い主ではなく魚にです)など。

なんだ、 女性を選ぶのと同じか。

              * *

Aさんに刺激を受けてランチュウ6匹買ったのがBさん(74)。
こちらはチェンマイから車で50分の田舎で購入。

    1498206689397.jpg


値段が安い、 何と25バーツ/匹。
雑種らしく、 今も6匹みな生きている。

400Bと25Bの価格差、 どうなってんのか。
サラブレッドにしても種馬次第で価格は桁が違ってくる。

ランチュウも同じ?
おそらく成長後の美しさに違いが出るものと思われる。


上手く行けば、 更にイイものを追っかけるだろう。
たかがランチュウ、 されどランチュウ、 美の世界だ。











若い女を追っかけるよりは.........イイね!


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:42| Comment(4) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする