2017年08月21日

独居老人の生活953 (日本って ホントいいですね!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活953
                    (日本って ホントいいですね!)


    借金を返すということは収入の問題ではない。

    性質の問題だ。

                               ローガン・P・スミス(アメリカの随筆家)


チェンマイに暮らし、 日系企業で働くタイ人女性(28歳)が1月、
友人3人と日本を旅行。  「雪が見たい」 と......

新潟県のスキー場や富士山を訪れ、 その夢を果たす。
そして帰国予定日の1月20日、 ホテルから上野駅に歩いていた時路上で倒れた。

「意識はなく、 口だけが動いていた」

と、たまたま通りかかった消防士(47)は言う。

彼は、 彼女の友人にその場で人工呼吸を手伝ってもらい、 心臓マッサージを施した。

その後救急車で東京医科歯科大学付属病院に運ばれる。
手術は成功、 タイ人女性は奇跡的に命をとりとめた。

しかし治療費は約1800万円。
彼女は、 「一生かかっても払う」 と言うが、 返済のめどなし。

旅行保険に加入しておらず、 1800万円は自己負担。
よほど裕福な家の娘でない限り、 支払いは無理かも......


pict-タイの女性は急病.jpg
       ☝ 1800万円を肩代わりしてあげたくなる、
         そんなチェンマイ美人だ。

                 * *


外国人の訪日観光客が急増する中、 旅行保険に加入せずに入国し、 病気でかかった多額の医療費を踏み倒すケースが相次いでいるという。

病院関係者は憤怒する。
「食い逃げは逮捕される、 医療費の踏み倒しは許されるのか」

外国人観光客が医療費を払わずに帰国する問題が相次ぎ、 今、
病院経営に影響が及んでいる。


タイや中国では、 診察費は前払い、または保険の有無を確認。
料金支払いが明確でないと、 どんな重症患者でも治療せず。

しかし日本は後払いシステム、 だから治療費を踏み倒してください..と勧めているようなもの。


医師は治療し完治させた、 しかし回復した外国人患者は言う。

「そこまで治療してくれとは頼んでいない、 勝手にやったから払わない」  こんなケースも多いという。


                * *


そのうち日本の病院は、 外国人に食い物にされるだろう。

『知ってるか、 日本って人権尊重の国だよ、 カネがなくてもな、
急病ならすぐ治療も入院もさせてくれるんだって。

病院が治療を断れば、 人権派の弁護士や朝日新聞が糾弾してくれる、 彼らは俺たちの心強い味方だ。

治療費は帰国してから送ります...こう言えばOKさ。
医療技術は最高だけど甘い、 外国にまで集金には来ないよ』


日本って ホントお人好しですね!


その点タイはしっかりしている。









チェンマイって ホントいいですね!

 (後記)
明日は我が身、 チェンマイ定住の我々も、 治療費の支払い方法を考えておきたいですね。

みんなご老人、 いつ倒れても不思議じゃありません。





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:30| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

独居老人の生活952 (永遠のアイドル)


本日(20日)2回目のアップです。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活952(永遠のアイドル)


   あなたにめぐり逢えてほんとうによかった
   生きていてよかった

   生かされてきてよかった
   あなたにめぐり逢えたから

   つまずいてもいい
   転んでもいい

   これから先どんなことがあってもいい
   あなたにめぐり逢えたから

   一人でもいい 心から そう言ってくれる人が あれば

                                            相田みつを


今年8月、 アイドル歌手で女優でもあった岡田有希子の生誕50年を迎えた。

pict-DSCN1649.jpg




1984年に16歳でデビュー、 瞬く間に人気アイドルとなる。

しかし人気絶頂の1986年4月18日、 所属事務所(サンミュージック)のビルから飛び降り自殺、 享年18。


pict-岡田有希子4.jpg




可愛いアイドルのままあの世に行った岡田有希子は今も根強い
人気、 ファンが多い。

pict-岡田有希子2.jpg




毎年4月18日には、 自殺現場の四谷の通りにたくさんの花束が捧げられ、 集まったファンが黙祷する。

名古屋に置かれた岡田の墓も同様で、 花束で飾られる。                 
                 ☟
pict-岡田有希子.jpg


そして今年は生誕50年とあって、 7月29日に名古屋、 7月30日には東京でファンミーティングが開催された。

まさに劣化を知らない永遠のアイドルだ。

* *

自殺の理由には色々な憶測が出た。
その筆頭が俳優の峰岸徹との恋愛関係である。
           ☟
pict-峰岸徹3.jpg




TBSドラマで共演、 2人は交際しているとの噂があった。

pict-岡田有希子3.jpg


大手プロダクション、サンミュージックの相澤社長は次のように
述べている。

「有希子は峰岸さんに恋焦がれて、 プラトニックな愛を持ち続けて、 自殺したんです」


所属事務所社長の言うこと...おそらく嘘、 真偽は分からない。
ジジイが思うに、 プラトニック・ラブの失恋で自殺する訳がない。

もしそうなら、 ジジイは既に数回死んでいる。
チェンマイでも1回、 いつもプラトニック・ラブの失恋だったから。


ジジイは今でもこう信じている。

妻子ある峰岸徹に処女を奪われ、 不倫に悩んだか、峰岸に捨てられたか、 まあそんなところに原因があったのでは.....


峰岸徹は1943年生まれ、 岡田が自殺した時は42歳。
2008年に肺ガンのため死去、 享年65。

彼は岡田の自殺に関して一切語らず、 真相は墓場に消えた。


ちなみに岡田有希子の死から14年後の2000年、 岡田の元チーフマネージャーが、 同じビルのトイレで首吊り自殺をしている。


ではここで懐かしい岡田有希子の歌です。
 (歌唱力より可愛いルックスをどうぞ!)
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=bXnDNa_OcRs

              * *


今年で岡田有希子が鬼籍に入って31年、
峰岸徹が亡くなってから9年。

今72歳のジジイはまだ生きている、 老醜を曝して.......



つまずいてもいい  (女にもつまずいてます)

転んでもいい  (今年は3回転びました)

これから先どんなことがあってもいい  (ナーンもありません)

好きなあなたにめぐり逢えることを信じて.....
 (信じる者は救われない)










てなことで、 ジジイも間もなく死んでいく。


チェンマイって ホントいいですね!

posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:23| Comment(6) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独居老人の生活951 (隣席の爺さん)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活951(隣席の爺さん)


  君の隣人を知れ、 そして彼に関するすべてを知れ

                         サミュエル・ジョンソン (18世紀・イングランドの文学者)


先日夜、 ある食事会がチェンマイで催され、 ジジイも参加した。
20数名が集合、 到着すれば自由に空いている席に座る。

ジジイの左側隣席の爺さんは、 顔は見たことがあるが話したことは1度もない方。

狭いチェンマイ、 顔だけは知っている...そんな人が多いのだ。


pict-DSC_0012.jpg


ビールが入れば、 つい顔なじみの人と喋ってしまう。
なんせ周りは友人ばかり、 どうしてもそうなる。

結局、 左側隣席の人とは喋ることなくお開きとなった。 
というか酩酊し、 椅子でぐっすり眠っていたら終わっていた。

酒酔い運転を避けるため、 この日ジジイはツクツク利用。
外は生憎の雨、「自宅まで車で送ってくれる人を探すか....」

そんな時である、 ジジイの名前を呼んで、
「独居さん、 私の車に乗ってください、 送ります」 の声。

何とさっきの隣席の爺さんである。
勿論、 親切に甘えて彼のピックアップトラックに乗り込む。


車内は二人だけ、 当然ジジイも話しかける。

「XXXにお住まいなんでしょ?  遠回りさせてスミマセンね」
 (別の人から彼のアパートをチラっと聞いていた)

「いえ、 独居さんと同じアパートですよ」

「えぇー?」


車はジジイが住むアパートに到着、 2人してエレベーターに乗る。
降りた階もジジイと同じ、 「ありがとうございました」

廊下を挟んで左右にお別れ。
隣席の爺さんは、 ジジイの部屋の真向いに住んでいた。


ああ〜そういえば6月頃か、 家族連れが向かいの部屋に入居
した。
訊いたら子供の学校のため、 奥さん(タイ人)共々郊外から引っ越して来た由。

以前、 ジジイが朝早くゴミ出しのため廊下に出た時、
「おはようございます」  とタイ人女性の挨拶。

ジジイは慌てて  「失礼しました」。
ジジイは T-シャツにトランクス1枚の姿だったのだ。


灯台下暗しとはこのことか。

でも向かいの爺さんは、 ジジイの寂しい独居を知ってるはず。

そう、 それを吹聴して戴きたいものだ。


ジジイの質素ではあるが









清く正しく美しい生活を.......


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:12| Comment(0) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする