2018年10月22日

独居老人の生活1330(#12とんでる女の今昔物語:家庭には向かない女)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1330
        (#12とんでる女の今昔物語:家庭には向かない女)


 私たちは一度愛を捕らえたと思うと、
 謙虚さを忘れてしまいます。

 この愛を得たのは当然の運命だったかのように思い上がり、
 愛を独占しようとします。 

 苦しみはその日からはじまる。
                                   瀬戸内寂聴 (作家)


田村俊子は1884年(明治17年)生まれの小説家である。  

東京浅草区育ち、 米穀商の娘が日本女子大学校国文科中退して作家を志す。
で、 弟子入りしたのが文豪・幸田露伴

その後露伴から離れ、 岡本綺堂らの文士劇に参加したことをきっかけに女優になる。
でもこの顔で女優はキツい....女中役ならできたかも。
               ☟

     pict-田村俊子2.jpg


俊子が25歳の時、 幸田露伴門下の兄弟子で10歳年上の田村
松魚
と結婚。

松魚は29歳の明治36年(1903年)から6年間米国に留学。
帰国後に俊子と結ばれたわけだ。

俊子は歯並びが悪く鼻も低い。 これではいい役が貰えない。
ならばと隆鼻術を受けるが明治時代の事、手術は上手くいかず。

鼻の中に入れた固形物が影響してカギ鼻になってしまった。
これでは松魚も熱が冷める。

おまけに俊子は贅沢三昧の生活。
金遣いの荒い妻にげんなりの松魚は、 「お前も小説を書け」 と
勧める。

そこで書いた 「あきらめ」 が、1911年大阪朝日新聞懸賞小説で
1位で当選。  千円の賞金が転がり込んで文壇デビュー。

カネが潤沢にあれば夫婦仲も何とかまとまる。
松魚はヒモ亭主のような感じ、俊子にどんどん書かかせて稼いで貰う。

しかし稼いでも稼いでも俊子の財布は笊(ざる)、 あれば贅沢、浪費の日々。

俊子の代表作は 『木乃伊(みいら)の口紅』、 『炮烙の刑』 他。
官能的な退廃美の世界を描き、人気作家として一世を風靡した。

pict-田村俊子3.jpg


      興味があればお読みください。 
   pict-木乃伊の口紅.jpg

         『木乃伊の口紅』
              ☟
http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=5006

                 * *

そうこうするうち、 夫の友人で2歳年下の朝日新聞記者・鈴木悦と恋仲になる。

鈴木にも妻がいたからW不倫、 山尾志桜里同様スケベ女は今も昔も変わらない。

大正7(1918)年 32歳で松魚を捨て、 鈴木のあとを追ってバンクーバー(カナダ)へ移住。
鈴木悦とともに現地の邦字紙大陸日報の編集に参画する。

だが鈴木も俊子の浪費癖にはお手上げだった。
鈴木悦は昭和8年、 帰国中に盲腸炎をこじらせて死去(享年48)。

で、俊子は3年後の昭和11年、 18年ぶりに帰国した。

するとまた俊子の淫乱の血が騒いだ。
俊子の母親は家付き娘、 養子の夫には目もくれず、 若い役者を
囲うほど。

このような家庭環境が、 俊子を自由奔放な娘に仕立てたか。
俊子は佐多稲子の夫である文芸評論家・窪川鶴次郎と男女の関係に...

1938年(昭和13年)、この情事が発覚、 田村俊子はこの時54歳、 窪川は19歳年下の35歳。

よくぞ35の男が50半ばのオバさんを抱いたものと感心。
純情男が俊子の誘惑に陥落したか → 窪川夫婦に亀裂 → 結局離婚。

     pict-田村俊子.jpg
           ☝ 田村俊子。


俊子の荒れた生活を心配した中央公論の嶋中雄作社長が、 俊子を特派員の名目で上海へ派遣。

次々と男に飛び、 中国へも飛ぶ。 
まさに ”とんでる女” の面目躍如。

田村俊子を主人公に書かれた本がそのものズバリ 「田村俊子」
著者は瀬戸内寂聴。
     pict-小説.jpg

                * *

鋭い文学的感覚、 放埒で浪費癖、 奔放で情熱的、 愛した男は必ず捕らえる。

上海でそんな田村俊子を見た久保田万太郎が述懐する。

「パンツをはき、 毛皮の外套の肩をいからして、 南京路の人込みの中を男のように歩く格好は、 とても60を越した人とは思えなかった」

1945年4月、 上海北四川路の路上で脳溢血をおこして急逝
(享年62)。

チャイニーズドレスに身を包んだ田村俊子は、 白粉いっぱいの
厚化粧だったという。

                * *

田村俊子は浪費家、 湯水のように使いまくったが全て己の作品で稼いだカネ。
他人からとやかく言われる筋合いは全くない。

ところが現代には、 掛け替えのない〇〇を売り、 血と汗の結晶である〇〇を浪費し、 己は裕福になった女がいる。

そんな狡猾な裏切り行為でのし上がった女といえば....









  ”とんでる女” 、 この続きはまた明日。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

独居老人の生活1329(爺さんのくだらない出来事)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1329
                      (爺さんのくだらない出来事)


 老人にはショックを与えたほうが長生きしそうだよね。

                                          高田純次 (タレント)

@ チェンマイの新しいイミグレ・トップ。

先月下旬、 イミグレ(The Immigration Authorities=出入国管理局)は、 プロムナードから空港近くの新しい建物に移転した。

新しくなったのは建物だけじゃない。
チェンマイ・イミグレのトップも新しくなった。

そのNew Chiefは、 Maj-Gen Surachate Hakparn氏。
こんなお顔の方、 意外に若い感じ。
                           (The NATION より)
pict-the new immigration chief.jpg
         ☝ 右端がnew immigration chief。


着任したボスが取材に応じて抱負を語る。
「現状を分析し、 更なる業務改善を図りたい」

申請者(外国人)は中国人を含め、 終日長く待たされことに不満を抱いている。
で、イミグレの新ボスは、 今以上にスタッフ全員を訓練し、 サービスを改善すると言う。

彼は、 既にタイ南部の幾つかのイミグレ事務所を訪れている由。
チェンマイオフィスの抜本的改革を図る意向とか。


是非そう願いたいもの。
人員や組織をいじりまくって、 業務停滞が出なきゃあいいが.......

国境近い南部のイミグレでは、 過日申請者が炎天下で5時間も
待たされ非難集中。

で、ボスが更迭されるというニュースがあった。

チェンマイ・イミグレのサービス向上に期待しよう。
 (ダメだと思うけどね.......)

                 * *

A この看板はナニ?

チェンマイ市内、 ナイトマーケット近くの道路(歩道)を歩いていたらぶつかった。

pict-P_20181019_074327看板.jpg


せっかくの宣伝用看板が倒れている。
直せばいいのに......と思ったら、


                ☟



                ☟




   pict-P_20181018_180804_1看板.jpg
                ☝
    穴ボコ避(よ)け、 危険防止用具になっていた。

                 * *


B 木を切ったのは良かったが......

歩道に植えてある木が長く伸び、 電線に接触していた。
これは何とかしないと.....当然木を切断する。

    木の幹を下部の方で切断、 お見事!
 pict-P_20181019_074229.jpg     


    切断された木々が歩道に落ちる。
  pict-P_20181018_180715.jpg



お昼に切られた葉っぱは夜まで歩道に置かれたまま。
                 ☟
   pict-P_20181018_180748.jpg


でもそんな通せんぼは、 まだ大したことじゃなかった。
木を切った時、 間違って電線まで切断したと近くの人が言う。

お陰で近辺は約2時間の停電。

最近あった地震による終日全域停電の北海道に比べればどうってことないが.....迷惑な話だ。

                  * *


C スマホのセキュリティロック。

スマホというのは、 電源を入力すれば誰でも開けられる。
てことは、 誰でも見ることが可能 → 情報筒抜け。

で、簡単に開けられないようにするため、 ロックをかける。
指紋や数字を使ったりもするが、 ジジイの場合はパターン。

                 * *

友人・日野さん(70、 仮名)の41歳年下の恋人は、 いつも彼の
スマホを開けて見る → 諍い発生。

ジジイに 「ロックしてくれ」 ということで、 1年ほど前にロックパターンをかけた。

ところがパターンが簡単、 彼女は盗み見したようでまた開く。

ならば 「もっと複雑なパターンに変えてくれ」 と.......
これが一昨日(18日)の夜、 クラブ 「チェンマイの夜」 で飲んでる時に言う。

pict-P_20181018_204457沢谷.jpg
          ☝ ご機嫌で歌う日野さん(右側)。



で、ジジイがパターンの画面を出し、 「好きに設定して」。
                    ☟
pict-DSCN4737スマホ (1).jpg


日野さんは、 考えながら複雑なパターンに変更。
「忘れないよう、 今ここで何度か練習した方がいいよ」

ジジイの助言に従い、 日野さんは店内で数回、 新たなパターンを
”入れては開ける” を繰り返す。

「これで大丈夫、 もう安心だ」 と日野さん。


スマホのロックパターンを変えたり、 飲んで歌って女の子をからかって、 気が付いたら3時間近く経過。

「チェンマイの夜」 は滞在時間に比例して勘定がアップする。
おまけに爺さん3人で行って女の子は4人指名。

ジジイは指名した女の子に 「明日2人でランチしようよ」

「早〜い、 まだ何回も会ってませんよ」 と断られ..

で、請求額は1,720B/人、 チップをあげて2千バーツの散財に....
  (キープボトルを飲んでこの勘定)

                 * *

翌朝、 目覚めた日野さん、 全然大丈夫じゃなかった。
覚えたはずの新パターンを忘れ、 どうにもスマホが開かない。

変更前のパターンを入れてもダメ.........ショック!
で、 朝っぱらからジジイに助け舟の連絡。

「パターンを入れるとすぐに赤色になって消えちゃうよ」
                     ☟
pict-DSCN4737スマホ (2).jpg



「それはパターンが間違ってるから、 正しければ青色」
                     ☟
pict-DSCN4737スマホ (3).jpg


こうなるとジジイにもどうしていいか分からない。
んならITの専門家に訊こう.....とジジイの友人にLineを送る。

「工場出荷状態に戻せばOK、 但しデータが消えるでしょう。
 それが嫌なら何度でも、 パターンを入れてやってみよう」

これを日野さんに伝えると、 データが消えては堪らないと...
80回ほどパターンを入れてみるが全く開かない。

もう諦めて、 スマホを買った店(セントラル)に出向く。
店に到着、 あいにく店主は他の客の応対中。

店主の奥さんとスマホ片手に雑談しながら日野さんは、

「変えたのはこんなパターンだったけどねー、
 変更前のならはっきり覚えてるよ、 このパターン」

と前のパターンを入れると......オヨヨ、ヨヨ、 開いちゃった。
自宅で同じことをやってもダメだったのに.....なんでェ?


ということで、 喜んで店を後にしたそうな。
日野さんが言う。

「4千バーツもしない安いスマホ、 2回ほど床に落としている。
 きっと機械が狂ってんだよ、 そうとしか考えられない」
              
夜は色ボケ、 朝は本ボケ、 爺さんのやることは愚にも付かない事ばかり。
                  *

ようやくスマホが開き、 店から自宅に戻った日野さん。
部屋で寛いでいるとドアがノック、 アレー!   突然現れた。

そこには昨晩、 遊びほうけてずっと連絡しなかった恋人の姿。

夜遊びを察知、 浮気防止の目的でチェックに来たのだ。







スマホまでチェックしたかは.......定かではない。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:14| Comment(4) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

独居老人の生活1328(道化師大統領)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1328(道化師大統領)


 敵が攻撃しないことを期待するのではなく、

敵が攻撃できないような状況を作っておくことを頼りにする。

                                     孫子 (中国の春秋時代の武将) 

韓国の文在寅大統領は今週、 フランスのマクロン大統領との首脳会談に臨んだ。
北朝鮮の非核化を促す手段として制裁の緩和を要請。

フランスは国連安保理の常任理事国、 制裁緩和に影響力を行使できるからだ。

しかしマクロン大統領は、 制裁の緩和は 「安保理決議を全面的に守る」 として 「ノー」 で応じる

文在寅は北朝鮮の非核化が段階的に進展した場合、 それに合わせて制裁緩和がなされるようフランスに働きかけたわけ。

これは米国の考えとは完全に異なる。

「北朝鮮からの核リスト提出と査察を、 制裁の緩和よりも先に行うべし」 と主張するのが米国。
マクロン大統領の判断は、 米国の考えに沿ったものだった。


こんなものフランスにとっては当たり前。
足蹴にする訳にもいかないから、 丁寧に無視しているだけ。

憐れ韓国大統領、 文在寅!
                  *

何しに行ったのか文在寅大統領の欧州訪問。
明確に見えるのが、 1日も早い北への制裁停止..の目論見。

まさに北の傀儡政権、 金正恩将軍の代行としてお願い行脚だ。

バチカンに訪問したらフランシスコ法王に会ってこれまたお願い。
「法王の平壌を訪問を熱烈歓迎いたします」..... 来て頂戴!

文在寅大統領は金正恩委員長の招待としてこれを伝える由。
道化師大統領は北のメッセンジャーボーイとしてご活躍。

「フィガロ」 が報じている。
アメリカ北朝鮮人権委員会のスカラチュー所長の談話として、

「トランプと将軍さまのロマンスが破局した場合、 文在寅は失敗の責任から生贄となり、 韓半島に戦争の嵐が吹くだろう」

文在寅のピエロぶりがそのうち世界に曝されるかも.....
あっ、 もう十分に曝しているか。

                  * *

文在寅大統領は英国BBCのインタビューで語る。

「非核化が進展したら制裁を徐々に解くことも検討すべき」

10月12日、 BBC記者から北朝鮮の人権に関する質問を受け....
                   ☟
pict-DSCN4718BBC(1).jpg
       ☝ BBC・ローラ・ビッカー記者の率直な質問。



pict-DSCN4719文の回答(2).jpg



そしてそれとなく北朝鮮に対する理解と支援を求める。
                  ☟
pict-Screenshot_20181019-054458(3).jpg



   BBC記者は突っ込む。
pict-DSCN4721BBC(4).jpg



   文在寅、 思わずポロリ。
pict-P_20181019_053439幽霊.jpg



   文在寅の目はうつろに・・
pict-DSCN4717顔.jpg




   日本に来ても、 入れてやらねーよ!
pict-DSCN4713目.jpg
     ☝ ハイ、 将軍さまに処刑して貰ってくださいな。

韓国人の大好きなフィリピンに逃げてもいいんじゃない?

(注) 一部ジジイの想像上の応答が記されております。

                  * *

在日米軍は先日、 韓国人が在日米軍基地訪問時には、 別途の措置が必要な規制対象国籍に加えている。

「米国の長年の同盟国」である韓国が、 北朝鮮・中国・ロシア・イラン・アフガニスタンなど50カ国と共に規制対象リストに入った。

世界各国に基地を置く米軍は、 基地訪問者を国籍によって区分し、 出入りをコントロール。

部隊の保全、 防諜、 テロ予防などが理由だ。


これって、 米軍は既に韓国を敵国扱いしてるってことか。

能天気・日本も少しは考えた方がいい。

17日、 韓国与党・共に民主党の李代表が長嶺安政駐韓日本大使と会談した。

そこで李代表が頓珍漢なことを言う。

「文在寅大統領が就任してからも両国関係が円満に発展している」

で、長峰大使は
「文大統領が南北関係の改善に向けて大いに力を注いでいるが、
 日朝関係の改善にも役割を果たしてほしい。
 終局的には(日朝)修交まで考えているというのが日本の立場」


どこが円満に発展だ、 日本人はみな韓国を嫌いになってます。

日朝関係の改善も日韓関係の改善も要りません。
改善=カネ(税金)が吹っ飛ぶだけ。

長峰大使にはこう言って欲しいです。
「日本はもう帰国とは関わりたくありません」


すみやかにやって欲しい。

韓国人には入国ビザが必要.....の措置。








米国を見習え、 韓国は敵国ですよ!


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:16| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする