2018年08月15日

独居老人の生活1269(こんなニホンに誰がした?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1269
                       (こんなニホンに誰がした?)


  憲法の平和的陶酔を悲劇のテーマにするのは、

  専門的見地からいって反対である。

  経験によれば、 あれは喜劇の世界のものである。

                                   バーナード・ショー名言のパロディ


今日8月15日は 「終戦記念日」。

1945年(昭和20年)8月15日、 昭和天皇によって降伏を宣言した日である。

その前日(8月14日)、 日本政府はポツダム宣言の受諾を連合国各国に通告。
そして翌15日、 玉音放送により日本の降伏が国民に伝えられた。

チェンマイでは今日、 戦没者慰霊祭が開催される。
場所はムーンサーン寺院とバンガート中高校の2ヵ所。

                * *

日本はこの日を境に大きな変化を遂げて行く。
占領軍(GHQ)の日本解体 → 日本人洗脳の歴史がスタート。

pict-マッカサー.jpg
           ☝ マッカーサーと昭和天皇。


1946年1月にはGHQによる公職追放が発令された。
日本の指導的立場にいた20万人が一挙にいなくなる。

議員、 公務員、 政界、 財界、 言論界の幹部が追放され、 そのあとには ”おかしな” 人物がのさばってくる。

特に大学をはじめとする教育機関やメディアには極端な左翼分子が入り込み、 組織は急激に左傾化。

現在のNHKや朝日新聞などを見れば十分頷ける。
同じ敗戦国・ドイツのメディアは占領軍によって解体され、 新たな組織として再スタート。

ところがNHKや朝日・毎日・読売は解体されずに残った。

しかし労働組合が結成され、 朝日/毎日では経営陣、 編集幹部が総退陣。

旭日旗の朝日の社旗は残ったが、 GHQ洗脳を受けた結果、 ”日本は悪い国” が戦後から現在まで続く。

戦前にはあれだけ戦争を煽り、 ”鬼畜米英” を叫んでいたメディアだが不問に....

その代わりメディアはGHQによって利用される、 つまりGHQプロパガンダのお先棒を担いだのだ。

                 * *

日本が呼んでいた 「大東亜戦争」 は 「太平洋戦争」 に変更。

そしてGHQの命令により、 各新聞社は米国の意向に沿った
「太平洋戦争史」 の連載を開始する。

その記事は、 当然ながらアメリカの都合のいい事ばかり。
原爆投下を含め、 アメリカの戦争犯罪、 軍事行動、 占領政策など全てを正当化。

米国による歴史観で日本を洗脳 → 大成功を収めたといえよう。
ジジイはその洗脳効果の1つを広島で見た。
                   ☟

pict-原爆死没者慰霊碑).jpg
      ☝ 原爆死没者慰霊碑(昭和27年8月設立)


平和公園の慰霊碑に刻まれている文面は、

「安らかに眠って下さい  過ちは繰返しませぬから」

原爆を落としたのは誰、 過ちはアメリカじゃないの?


そしてGHQが1週間もかけずに作った日本国憲法。
1度の改正もなく現在まで、 神のお告げの如く信奉する日本人。

他国を信用してどうなるの?  バカだよ。
               ☟
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
 われらの安全と生存を保持しようと決意した」

憲法9条:
「国権の発動たる戦争と、 武力による威嚇又は武力の行使は、
 国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 第二項 前項の目的を達するため、 陸海空軍その他の戦力は、
 これを保持しない。 国の交戦権は、これを認めない」


戦争をしないと謳う国は幾つかある(平和を愛する)。
しかし軍隊(軍事戦力)を持たないという国は、 日本の他にパナマとコスタリカ。

交戦権を認めない(憲法)とする国は、 世界でも日本だけだろう。

                * *

憲法学の西修駒大名誉教授はこう述べている。

日本憲法の特異性は、 平和を訴えるだけで、 その平和を担保する明文の条項が全くないこと。
 
国防条項:自国の平和を維持するために如何なる防衛体制を
        とるのか。

国家緊急事態:万が一平和と秩序を侵された場合、 どのように
          してそれらを回復するのか。

世界の憲法では ”常識” となっている条項が存在しない。

まさに 「日本の常識は世界の非常識」 ここにあり。

                  * *

お隣韓国では8月14日が 「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」、
15日は 「光復節(独立記念日)」 で盛り上がる。

8月15日に韓国が独立したなどと、 誰が言うのか?
韓国のお家芸、 テメー勝手に歴史を捏造してるだけ。 

韓国の本来の独立記念日は、 下関条約の締結日だ。
長く中国の属国に甘んじてきた朝鮮。

しかし日清戦争後、 日本は清王朝に朝鮮の独立を承認させた。
この1895年5月8日が、 朝鮮民族の解放・独立を意味する。


戦後の朝鮮は、 米ソによる分割占領が固定化され、 アメリカの軍政下にあった。
しかし1948年、38度線以南でアメリカによる軍政が終了。

朝鮮は制憲議会を成立させ、 1948年8月13日、 李承晩大統領は大韓民国の独立を宣言。

ここに韓国は初めて主権国家となる。
ちなみに38度線以北、 北朝鮮の建国宣言は同年9月9日。


そういうことで韓国の独立記念日は、 5月8日か8月13日にするのが正しい。

ところがこすっ辛い朝鮮人、 敢えて日本の敗戦にあわせ、 8月15日を独立記念日に設定。

あたかも日本から独立したかのように......
こうして反日反日に明け暮れて、 民族意識を高揚させていく。

日本を何でも悪く利用、 日本を犯罪国家にすることが生きがい。
こうして民族団結に邁進する.....これが朝鮮人だ。

中韓は、 今も世界で日本に対する情報戦を繰り広げている。

歴史を捏造して反日を繰り返す中韓。
それでも ”平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼する” 日本。


GHQの日本洗脳は、 今も日本人にしっかりと根付いている。
世界の国々はみんな善い国、 日本は悪い国。


こんな日本に誰がした!








 日本、 馬鹿だね。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:50| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

独居老人の生活1268(ただ煩悩の火と燃えて、消ゆるばかりぞ命なる)


   本ブログは下品で低劣な内容です。 
   紳士・淑女および18歳未満の方は、お読みにならないでください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1268
          (ただ煩悩の火と燃えて、消ゆるばかりぞ命なる)


 これまでの生活の習慣が身について、
一日でも長く生き、 少しでも快楽の多い時間を過ごしたい。

 しかしそういう生き方こそ、
見苦しい老人の生き方ではないだろうか。

                                    三浦朱門 (作家)


@ チェンマイのセブンイレブンで.....

先日夜、 セブンイレブンにビールを買いに行った時だ。
ジジイは冷えた大瓶2本を手にしてレジに並ぶ。

ジジイの前の客は勘定を終えたが、 店員に何やら質問している。
香港かシンガポール人か、 英語でペラペラ......

女性の店員は何を言ってるか分からない。
諦めりゃイイものを、 何度も訊いている。

後ろで待ってるジジイはイライラ、 こっちはビール持ってんだ。
客の質問を耳にすると、 これがまたくだらないこと。

pict-P_20180811_190159セブンイレブンのタバコ.jpg


「なぜ陳列棚のタバコを見えないようにしてあるの?」 

お前はもうタバコを買い終えたんだろ?
サッサと失せろよ!  と言いたかったのが.....

「It's regulated by Thailand law」 (タイの法律で規制) 

とジジイが適当に言ったら、 納得したのかすぐに失せた。
店ではタバコを陳列しない.....こんなのジジイは初めて知った。

                 * *

A この混みようは何だい?

昨日(13日) 午後2時半頃、 夕食用に買って帰ろうと思い、 和食惣菜店 「大阪のおかん」 に立ち寄った。
      (地図はココをクリック)
pict-DSCN2342.jpg


テーブルは満席、 若いタイ人が座っている。
立って注文を待つ人もいる。

おかんがやって来て、 ジジイに言う。
「このメモに注文を書いて、 刺しておいてくれますか」

    pict-伝票刺し.jpg


ジジイはコロッケなど2品を書いて刺した。
しかしよく見ると、 その下には10枚ほどの注文メモが.....

待つのはイミグレで十分、 刺したメモを抜き取り、 店を後にした。

突然の混雑、 それとも人気爆発?
和食人気は嬉しいが.....ジジイが行かない日に混んで欲しいね。

                * *


B ヤレずに退散。

和食店 「憩」 で夕食を終えた我々4人は、 「憩」 から徒歩3分、 目的の2次会へ.....

女性がいて、 色々サービスしてくれる店だ。
ジジイも友人3名も、 この店は初めての訪問。

pict-DSCN4303Darin (3).jpg



  目印はこの看板。 (地図はココ
pict-DSCN4303Darin (2).jpg



  出てきた女性が言う、
pict-DSCN4303Darin (1).jpg


「今日は女の子が1人しかいないの」
 
 「いつもは他にどんな娘(こ)がいるの?」

すると彼女はスマホを取り出し、 オンナたちの写真を見せる。
4人ほど、 まあまあの美女揃い。

「明日また来てよね、 本番込みで2千バーツよ」

 (追記:本日午後5時20分)
オイルマッサージ+手か口で抜いて1,400Bがスタンダード。
本番は上記に600Bプラスされ、2千バーツになります。

現在女の子は10名ほど、 営業は11:00~23:00。
店に入る時、 必ず、必ず料金のご確認を! 

ジジイの知人が既に利用しており、 ボルような店ではない由。
但し、 あくまで自己責任でお遊び願います。

                  * *


C これで我慢。

女を買いに行った。 

 「いくらだい?」

「ショートで2000バーツよ」

 「500バーツにしてくれない?」

「冗談よして、 500バーツじゃ精々あたしのオシッコよ」

 「ヨーシ、 小便買ってやらあ」

とまあ、女のオシッコを買ってきて、 自宅で洗面器に入れ、 これを温め、 自分のモノを入れて、

 「オイ倅(せがれ)、 肉は高いから、 スープで我慢しろ」

                 * *

D 歌を唄って我慢。

爺さん4人ともスープは御免、 ならばと歌を唄って発散しよう。
ということで、 向かった先はクラブ 「チェンマイの夜」。
                 (地図はココ
pict-クラブ「チェンマイの夜」.jpg


8時半頃入ったが、 日曜日(12日)だからか客は我々4人だけ。
女の子を指名して、 ここぞとばかりに唄いまくる。

友人Aさん(66歳)は日本から来た観光客。
チェンマイは3度目、 今回は3週間の滞在予定。

特に若い子が好きで、 すぐ21歳をご指名。
                   ☟
pict-1534165853294佐藤教授とチェンマイの夜(2).jpg



ジジイはこの店でジジイ1番のお気に入り(27歳)を指名。
歌を忘れたカナリヤのように、 彼女とのお喋りに夢中。

pict-1534165853294佐藤教授とチェンマイの夜(3).jpg
                  ☝ 恥ずかしながらジジイです。


「チェンマイの夜」 は風俗店ではなく、 連れ出しは不可。
何回か通って口説かなきゃならない。

勘定は1,540バーツ/人 (+ チップ200B/人)
ウイスキーボトル1本を購入、 他に女の子にビール2本の奢り。


肉もスープも諦めて、 爺さん4人はトボトボ家路に就いたのであります。


今夜、 迸(ほとばし)る情欲をどう鎮めようか。








そのくらい元気なら.......嬉しいナ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:50| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

独居老人の生活1267(和食店 Carp Cafe)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1267(和食店 Carp Cafe)


    鯉が踊ればドジョウも踊る

    自分の身のほどを忘れ、 他人の真似をしょうとすること。


昨日12日はタイの 「母の日」。
で、ジジイが行ったお店も家族連れで大賑わい。

混むのを見越して早めに出発、 店に到着したのが11:40am。
辛うじてテーブル1席が空いていた。

店名 「Carp Cafe」、 これでも歴とした和食店。

チェンマイから運河沿いを南に走り、 R121の信号(交差点)で
U-ターン、 1kmほど行った左側にある。

    pict-pict-Screenshot_20180812-131734.jpg
店のホームページです。
        ☟
https://www.facebook.com/uricarpcafe/

   店の看板。
pict-P_20180812_132948.jpg
           ☝ チェンマイ方向を見る。



この店のウリは鯉料理、 美味しい鯉こくを味わえる.....
なんてことではない。

  ゲート左横にはカープ(鯉)の看板。
pict-P_20180812_132918.jpg



靴を脱ぎ、 店のスリッパに履き替えて中へ・・
この店のウリは水槽の錦鯉。

pict-P_20180812_114137.jpg



  錦鯉を鑑賞しながら食事する。
pict-P_20180812_114156.jpg



 室内のテーブル席もある。
pict-P_20180812_114231.jpg



  和食店、 寿司屋のように魚を揃える。
pict-P_20180812_114219_1.jpg



  メニューを見ると・・
pict-P_20180812_115400.jpg
                  ☝
サーモン刺身:170B、 マグロ刺:190B、 タコ刺:170B。 



  丼ものなら、 刺身丼:219B、 マグロ丼:219Bなど。
pict-P_20180812_115341.jpg



  麺類もある。
pict-P_20180812_115432.jpg
           ☝ 各種99バーツ〜159B。



  で、ジジイが食べたのがマグロ丼:219バーツ。
pict-P_20180812_122531.jpg

受け皿には 「べにからの  格子くぐりて  京の冷え」
我々日本人にはちょっと嬉しい風情かな。

この店には酒類なし。 ビールなしのランチ、 記憶にないくらいで
ジジイにはキツい。 



    店の人気は錦鯉、 数の多さ半端じゃない。
  pict-pict-P_20180812_130912.jpg



pict-P_20180812_13091Carp5.jpg



  タイ人は錦鯉を知ってるんだろうか?
  撮影する人で後を絶たない。
pict-P_20180812_122008_1.jpg


なるほど、 子供の客が多いわけだ。
お父さんの家族サービスには持って来いのレストラン。


勿論、 皆さまの若くて可愛い奥さま/恋人との食事にも最適。

そして錦鯉と彼女を見つめながら しみじみと....

次の言葉にため息をついてください。








 ”錦鯉  と思って釣ったら  小判鮫”

爺さんは まな板の鯉、 覚悟を決めて貢いでくだされ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:36| Comment(6) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする