2019年12月15日

独居老人の生活1718(女性の身支度)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1718(女性の身支度)


 装いは科学、 美しさは女の武器。

 謙虚さこそがエレガンスよ
                             ココ・シャネル
 

@ お堀の水がない。

チェンマイの旧市街を囲むお堀、 風情のある景色だ。
その堀の水の入れ替えか、 水が抜かれてしまっている。
                  ☟
pict-P_20191215_074033_vHDR_On_pお堀 (1).jpg



pict-P_20191215_074033_vHDR_On_pお堀 (2).jpg

写真はお堀の北側で撮ったもの。
また水で満たすのだろう、 これだけの量を溜めるには大変だ。


  ********************


A 足元が寒いので....

家の中にいる時も、 外に出る時も、 欠かせないのが靴下。
なぜって、 とにかく寒い、 今、このチェンマイで。

特にバイクに乗る時には必ず靴下をはく。
勿論、手袋も着けて走る....冷えて寒いのだ。

で、買ってきたのが脚までのびる靴下、 これがベスト。
                ☟
  pict-P_20191211_152146_vHDR_On_p靴下.jpg

6足で100バーツ、 つまり1足17バーツ(約58円)。
チェンマイは安くてありがたい。

ジジイがいつも履いているのがこんな靴下で、 ちょっと寒い。
               ☟
 pict-DSCN6398.jpg

ジジイは寒がりなのかなあ。


  **********************


B 昨日の昼ごはん。

昨日(12月14日)は池の周りにあるレストランへ。
  (地図はココ
約3週間ほど滞在予定の友人を案内して出かけた次第。
友人は初めて来たと喜んでいた(お世辞かも...)

バイクの2人乗りは避けて、 Grab Taxiを利用。
ターペ門からの往復で250バーツかかった。

   レストランから見た池。
pict-P_20191214_130406_vHDR_On_p池のレストラン (2).jpg
   ☝ 池の左手向こうに見えるのが 「山岳民族博物館」




pict-P_20191214_130406_vHDR_On_p池のレストラン (1).jpg

ヤムサイタン(腸の和え物)、 野菜炒め、 チャーハン、
Beer Chang大瓶3本と氷を注文し、 勘定は約410バーツ。

気候はチェンマイの小春日和って感じ、 爽やかな気分。
美味しいタイ料理を堪能したランチだった。


  *********************


C 早朝からデリバリーで走る。

ここはチャンプアク門から500mほど東に行ったお粥屋。
店の前にはGrab Food のバイクが数台、 出たり入ったり。

pict-P_20191214_073828_vHDR_On_pGrab Food (2).jpg



なぜだか 「ピンクパンダ」 のバイクなし。
このお粥屋はGrab一辺倒かな?
pict-P_20191214_073828_vHDR_On_pGrab Food (1).jpg


時刻は朝の7時、 こんなに早くから働くGrabのドライバーたち。 
お粥なんぞ安い食い物だが、 5人10人分ともなれば額がはる。

デリバリーを頼んでも割が合うのだろう。
世の中、 便利になったもんんだ。


  **********************


D 女性は身支度で時間に遅れる?

女性がデートなどに遅れる理由は色々あるようだ。
交通機関の遅延じゃなく、 化粧や服の着替えに手間取るとか。

何を着て行こうかで悩み、 一旦着たがどうも気が乗らない。
んで、また着替えなおしてまた悩む。

出る直前になって変えたくなるんだそうな。
服のコーディネートがなんか違うとか。

男から見たらどうでもいいことでウジウジするのが女。
加えて化粧やヘヤーセットがある。

髪を束ねようか、 スラッと流そうか...実にくだらないこと。
こんなんで男は待たされる、 堪ったもんじゃない。


タイ人女性なら、 そもそも時間的観念がない。
10分、20分遅れようがマイペンライ。

酷いのになると、 約束時刻が過ぎてから 「今日はキャンセル」 と平気で言う女もいる。

爺さんは既にバイアグラを服用して待っている。
「この後どうすりゃいいんだ!」 チンコばかりか腹も立つ。

               * *

先日夜、 友人Sさん(66)と和食店 「サムライキッチン」 で待ち合わせ。
彼の恋人(タイ人)が一緒で、 アパートから徒歩で来る。

pict-1576372413186Lalana (3).jpg
          ☝ サムライキッチンの店内。


店には7時集合でジジイは5分前に到着、 待っていると、
「彼女の支度が手間取っていて遅れます」 のLine。 

ならば食いながらのんびり待とうとこれを注文。
               ☟
   pict-1576372413186Lalana (4).jpg
        ☝ 鮭のかぶと煮:59バーツ。

メニューには ”売り切れ御免” とある、 59Bは安い。
これをツマミして待っていると、 15分遅れで2人が到着。

ん?  友人の恋人(33歳)を見ても、 どこを化粧したのか、 何を着るのに悩んだか...さっぱり分からず。
               ☟
 pict-1576372413186Lalana (2).jpg

化粧なし、 着ているものはジャンパー。
女の身支度で手間取ったとはとても思えない。

出がけに便意、 ウンコで時間がかかったとしか考えられない。

後日、 友人に言うには、

「彼女だって化粧に時間をかけてますよ。
特に肌の手入れには熱心です、 こんなふうに...」

                ☟

 pict-1576372413186Lalana (1).jpg

ウッヒャー、 気持ち悪い!  100年の恋も冷めるわ。
「泥美容法」 とかで、 すごく時間がかかる由。

こんなのを出かける前にやられちゃ、 待つ方は大変だ。

「彼女を見ていて嫌になりません?」 とジジイ。

「いいえ、 私は幸せ、 楽しい毎日!」


色ボケ爺さんって...こんなんか。






化け物になる品が......化粧品、 女は皆、 お化けです。


チェンマイって ホントいいですね!  



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

独居老人の生活1717(老エリートの恋)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1717(老エリートの恋)


 人の恋路を邪魔する奴は 馬に蹴られて死んじまえ

                                         都都逸


今日は老いてもなお盛ん、 歳はとっても男はヤルぞ..というお話。
ジジイはこんなのが大好き、 所詮、世の中 男と女。

ヤッてる阿呆なら見る阿呆、 同じ阿呆ならヤラなきゃ損損。  
ということで、 爺さんの奮闘ぶりを見てやってください。


@ エリートの不倫。

古くから 「恋愛成就を祈る社」 として名高い京都・貴船神社。

2019年8月9日の昼下がり、 この ”縁結び” のパワースポットに一組の熟年カップルが現れた。

  pict-和泉洋人は.jpg


男性は家庭持ち、 女性は離婚した独身のシングルマザー。
2人は永遠の愛を誓って祈る、 これで不倫の恋は成就か。

pict-貴船神社.jpg



     腕を組んで歩く熟年カップル。
  pict-安倍首相補佐官.jpg
                 ☝
 爺さんが転ばないよう、 女性が支えているようにも見える。



ところが幸せな2人に嫉妬する御仁がいる。
馬に蹴られて死にたいのであろう。
                 ☟

       文春砲が炸裂!
pict-かき氷をスプーンで「アーン.jpg


そう、 男性は安倍政権で官邸主導を牽引する、 和泉洋人首相補佐官(66)
               ☟
  pict-安倍首相補佐官3.jpg


和泉洋人氏は1953年 神奈川県横浜市生まれ。
栄光学園中学校・高等学校卒業、 1976年東大工学部卒。

同年4月に建設省入省し、 今や2539万円の高給を取る内閣総理大臣補佐官だ。

加計学園の獣医学部新設問題で国会に招致されたあの官僚。

「総理は自分の口からは言えないから、 私が代わりに言う」

こう前川喜平・文部科学省事務次官に発言したとされて問題に。
(尚、 和泉氏は国会でこの発言を否定)

               * *

相手の女性は大坪寛子氏(52)。
厚生労働省大臣官房審議官(兼内閣官房健康・医療戦略室次長)

     年収は1500万円前後か。
  pict-安倍首相補佐官4.jpg
          ☝ 大坪寛子審議官。


2019年8月9日、 2人は京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥所長に面会するため京都に出張。

    2人を出迎える山中伸弥所長。
pict-DSCN6396和泉補佐官 (1).jpg
山中所長との面談後、 2人はハイヤーを借りて私的な観光を楽しむ → これがバレちゃった。

京都・河原町の老舗甘味処で甘いデート。
             ☟
  大坪寛子の大学・経歴.png
             ☝
 「アーン」 とスプーンを差し出す姿は新婚夫婦。

これが100%の私的旅行ならまだ良かった。
交通費は公費から出ており、「公私混同」 の批判が渦巻く。

                * *

和泉補佐官は仕事終わりにハイヤーで彼女を自宅まで送る。
そして週末にはわざわざ横浜の自宅から迎えに来ることも...

   2019年8月31日、 2人は銀座の蕎麦屋でデート。
pict-大坪寛子と和泉洋人の出会.jpg
         ☝ ワインを飲みながら愛を育む。



大坪審議官が上司の和泉補佐官に敬語を使うことはない。
そう、 2人は男と女の仲だから。

pict-ドベスケすぎる和泉洋人.jpg



2軒目の老舗のバーへ移動中、 そっと手を握り合う2人。
              ☟
  pict-安倍首相補佐官5.jpg

               * *

ここで大坪寛子審議官の経歴を見てみよう。

東京慈恵会医科大学卒業。
東京慈恵会医科大学病院の腫瘍・血液内科に勤務した内科医。

大坪寛子の若いころ.png


2008年9月〜2011年4月:厚生労働省。
2011年4月〜2013年4月:環境省企画課特殊疾病対策室長。

大坪寛子.png

2013年4月〜現在、 厚生労働省 医政局総務課医療安全推進室長。 厚生労働省大臣官房審議官。


慈恵会医科大で働いていた時に結婚、 子供もいるとのこと。
厚生労働省に勤務後、 離婚したそうな。


そんな2人の恋の劇的な切っ掛けは何だったか?
2018年6月、 和泉氏が仕事中に突然倒れた(心肺停止)。

数分間の呼吸停止になったが、 たまたま居合わせた大坪氏が応急措置を施した。

彼女は医師だから当然の措置。
これで和泉氏の命の恩人・大坪氏が → 愛しい女性(ひと)になっていく。

              * *

2人の京都出張の件で問われた和泉氏は次のように説明。

貴船神社には行きました。  彼女はもともと、 午後は休暇を取っているから。

僕は休暇ではなく、出張です。
僕の場合は特別職なので、勤務時間がないのですが....

また、交際については 「ないです」 と否定。
ハイヤー代は 「ポケットマネーで支払った」 と答えた。


一方の大坪氏は、 往復の新幹線代の支払いについて、

「内閣官房で行なっています」 と公費だったことを認めた上で、午前中は公務だが、 午後は半休をとったと説明。

和泉氏との関係については、

「補佐官から 『医学用語が分からないから一緒についてきて通訳してくれないか』 と言われた」 そうな。

交際について問う文春記者に、

「男女って...(和泉氏は)だいぶお爺ちゃんですよね。  
  いくつだと思う?」
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=3QGtwKQuD9k
  (source : 週刊文春)


何をおっしゃる、 66歳なんてまだまだ若い。
70歳でも週に2〜3回のセックスなど当たり前、 こんな爺さんがチェンマイにはウヨウヨおりまするぞ。

エリートと言えども、 ヘソから下は頭脳・学歴・職歴関係なし。

不倫でも何でもイイ、 老いらくの恋は炎と燃え上がる...イイネ!

但し、 ”李下に冠を正さず”、 公私混同はダメ。

歌舞伎町で ”貧困女性問題” を研究した前川喜平さんのように、 堂々と自分のカネでやることだ。


  *********************


A ド助平爺さんの浮気。

文春砲に負けずに ”独居老人砲” が炸裂。

ジジイの友人 日野さん(71)には10年越しの恋人(29)がいる。
でも他にオンナを作ると、 彼女の ”チンコ切り” の仕返しが怖い。

ということで、 2匹のメス猫を自宅で飼って愛で始めた。
しかし何とも猫では飽き足らない。

そこで出かけたのがヤンゴン(ミャンマー)。
そこには 「エンペラー」 という若い女の子でいっぱいの店がある。

で、夜も昼も、 ヤンゴン娘とイチャイチャの日野さん。
71歳でも H は毎晩だというヤンゴンの旅。
              ☟
  pict-1576210394871沢谷.jpg


ところが肝心のバイアグラ持参を忘却。
初日は同行の爺さんから薬を借りてのむ。

2日目からは、 インド製のジェネリック(おそらくカマグラ) をヤンゴンで購入した由。

ボケが多少あっても、 H だけは忘れずにするようだ。


上の写真を日野さんの恋人が見たらどうなることか。
彼女は逆上、 彼のチンコは犬の餌になること必至。

ジジイはいつでも彼女のLineに連絡できるのだが、 武士の情けだ、 黙っておこう。


自分のお金で遊ぶのがチェンマイの爺さんたち。

公私混同どころか公は全くなし、 好きにヤレばいい。

そう....






勃起寿命はもう間もなくだ。


チェンマイって ホントいいですね!  




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:10| Comment(0) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

独居老人の生活1716(みんながボヤく)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1716(みんながボヤく)


 私って極端なくらい何かに依存しやすい性格なの。

 だからヘロインも美容整形にも手を出したことがない。

 だって両方とも、
 1度ハマったら後は転落するだけっていう気がするから。

                             ドリュー・バリモア (米国の女優)


@ フォークソングコンサート (Folk for a while #3)

  pict-Folk-for-a-while3.jpg

2019年12月22日(日) 午後6時〜10時。
場所:ChamCha Market (地図はココ

出演バンド: 次の4バンド。

  •Mini guest
  •The creation of us
  •View from the bus tour
  •Stoondio

チケット:250バーツ。
Fackbook: Folk for A while #3


  ***********************


A 母親がボヤく。

昨日(12月11日)のFacebookに、 子供の親がボヤきの投稿。
母親(22歳)が次のようの語る。

『10日、 地元イベントに夫と行き、 食事をしてる間、 夫のスマホを息子(4歳)に渡しました。

食事して帰宅、 しばらくすると夫のスマホにGrab Foodから連絡が入ったのです。

マクドナルドのハンバーグを30分でお届けしますと...
夫はドアの外に出て代金を払っていたら、 また別のGrabバイクが来て...

息子が偶然に4回分もマクドナルドに注文していたことが分かりました。 

子供はスマホをいじるんですね、 渡したらダメ。
代金の支払いは痛いけど、 いい教訓になりました』

pict-boy calls 4 Grab bikes.jpg
      ☝ Grab Foodのバイクが4台もやって来た。


ジジイの友人もかって同じようにボヤいていた。
6歳の娘がいつの間にか彼のスマホをいじって有料アプリを幾つか契約。

友人はスマホを開くのにパスワードを設定していたが、 娘はそれを盗み見したそうな。

タイ人の奥さんにキャンセルして貰ったが、 時間がかかって大変だったとか。

娘が母親からお灸を据えられたのは言うまでもない。

皆さま、 スマホとコンドームは子供の手が届かない所へ!


  ***********************

B 爺さん2人がボヤく。

「俺、 今日のランチで 「旧のぼる」 のタイ飯屋に行ってね。
 で、スマホとバッグを置き忘れて....危なかったよ」とジジイ。

「えー、 この間もバンコクの空港にパソコンを置き忘れて
  来ちゃったでしょう、 やばくありません?」 と友人W君。

「15分後にカフェに着いて気が付いてね、 一緒にいたKさんの
 スマホを借りてすぐ店に電話して....あってホッとしたよ」

「かなりボケが入ってんじゃありません?」

「ウーン、 そんなことはないけど、 嫌んなるわ」

「いやぁ、 私も嫌になってます。
 彼女(31歳)に先々月、 中古の車を買ってやったでしょ?」

「いいじゃない、 彼女、 喜んでるよ、 パパ 愛してるって」

「ところがガソリン代がすごくかかるからって...おねだりで、
 月1000バーツのお手当増額になっちゃいました」

「だって自分だって乗るんでしょ、 運転手当だよ」

「それが昨日、 定期点検の時期が来たので見積り取ったら
  13,000バーツ、 助けて...パパ〜って言うんです」

「そんなおねだりは断固突っぱねた方がいいよ。
 車は彼女の名義だろ、 甘えんるんじゃネーて言ってやれ」

「そんな簡単に言えるなら苦労はしませんよ、 参るなぁ」

とボヤくWくん、 情けない爺さんだ。
ジジイなら迷わず手を切って次を探すが....


ジジイの昨日の置き忘れは、 帰りがけに店のトイレに入り、 そのまま出てきてしまったから。

ご丁寧に、 スマホをテーブルの上に置いたまま....
決してボケではなく、 単なるポカミス。

でもつい、 ボヤきたくなるジジイとW君の昨日でありました。


  **********************


C 先日の晩ごはん。

爺さん4人で出かけたのがタイ食レストラン。
店名: 「Nong Fook2」   (地図はココ) 
 
フォイケーオ通りから運河沿い道路を北に2qほど行った左側。

pict-P_20191120_205450_vHDR_On_p.jpg



  目印の看板、 営業は11:30〜23:30。
pict-1575092045764.jpg



    店内。
pict-P_20191120_193445_vHDR_On_p.jpg



   ギター弾き語りのライブあり。
pict-P_20191120_200554_vHDR_On_p.jpg



   この店のウエイトレスはみな若くて美人。
pict-1574904118879.jpg
        ☝ 訊いたら18歳だとか、 可愛いね。



      こちらも可愛い!
   pict-P_20191125_192149_vHDR_On_p運河レストラン.jpg
       ☝ 某大学の学生さんがバイトしてます。



店員さんを見に行ったわけではありません。
さあオーダー致しましょう。

   貝料理:79バーツ、 Beer Chang大瓶:65バーツ。
pict-P_20191120_194951_vHDR_On_p.jpg



    野菜:79バーツ、 ライス:10バーツ。
pict-P_20191120_200347_vHDR_On_p.jpg  



   イカと野菜の炭火焼き:129バーツ。
pict-P_20191120_194932_vHDR_On_p.jpg



  Beer Changレディと一緒に・・・
pict-1574904116340.jpg
         ☝ 右側は友人・日野さん(71)


Beer Chang大瓶が65バーツとは安くて感激、 イイネ!

聞くところによると、 ランチでは美人店員さんがいないとか。
ということで爺さん4人は夜に行った次第。

プレイボーイの友人3人とも、 美人店員を誘うことなくパクパク食っていた。  みんな歳を食ったのかなあ。


  *********************


D 整形した女性がボヤく。

韓国の美容整形は危ないぞ!
次の写真をご覧ください、 中国のTV局で放映されたもの。

pict-DSCN6395.jpg

中国人女性が14万元(約235万円)を払い、 韓国で口元の美容整形手術を受けた。

しかし杜撰な手術で顔面神経を損傷、 酷い顔に....

2009年頃から中国人の韓国での美容整形が盛んになり、 近年その数が増加。

一方でトラブルも年々10〜15%で増加し、 中国美容整形協会は韓国での整形を控えるよう警告を出した。

                * *

整形の失敗は韓国国内でも問題になる。
下の女性は整形手術の副作用で崩れた顔を隠すため、 マスク姿で暮らしている。

 pict-整形依存症により顔面が大きく崩れた.jpg


彼女は美容整形クリニックで顔面にコラーゲンを注入する手術などを繰り返す。

しかしそこは無免許の医院、 顔面に注入されたのは人体に有害な工業用コラーゲン。

彼女の鼻、 頬は、今も膨らみ、 違和感を与える顔面となった。

               * *

韓国がダメなら中国人は何処に行けばいいのか?
中国の医療レベルはまだ低い。

となると目指すは日本。 整形が全部ではないが、 2018年の医療ビザ滞在発給件数は1390件。  3年前の1.6倍に増加した。

美容整形には薄毛(ハゲ)治療もあるそうな。
日本のハゲ専門クリニックでは、 2016年比で2倍増。

俳優を含めた金持ちの中国人が来日、 高額手術代をポンと払う。
ハゲ治療は30代〜50代が多いとか。  (source : 週刊新潮)


では中国人の美容整形の状況をビデオでどうぞ!
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=N4OjNx6JP9c

               * *

タイでも美容整形は盛ん、 鼻の整形手術など安いもの。
タイ人女性に人気(?)の歯の矯正も一種の美容整形かも。

眉毛の植毛、 オッパイを大きく手術するなど日常茶飯事。
うっかり恋人に 「君、 胸が小さいね」 と言えば、

「大きくしてくるから、 お金ちょうだい!」 のおねだりだけ。


 いずれ前より凄い顔になるのが美容整形。

                                 筒井康隆 (作家)






そう、 年取ったら見られたもんじゃないわ。


チェンマイって ホントいいですね!   
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:39| Comment(4) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする