2018年02月23日

独居老人の生活1121(容貌か人柄か?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1121(容貌か人柄か?)


   美味しくて体に悪いものを食べて病気になるか、

   まずくても体に良いものを食べて健康でいるか。

   食べ物も女性も同じ。
                              美輪明宏名言のパロディ


@ こちらの紳士はどなた?

普通の大衆レストランで定食を食ってるサラリーマン。
この人が誰だか分かりますか?   有名人ですよ。

                             週刊新潮より。
pict-DSCN3427黒田さん.jpg
ヒント:
1.東京都庁の役人で、 現在建設局の担当課長を務める。
2.趣味はカメラ。
3.奥さんが超有名人。

ハイ、 答です。



もうお分かりですね。  黒田慶樹さん(52歳)。
奥さんが今上天皇の長女・清子さん(48歳)です。

                   ☟


pict-黒田清子さん3.jpg



天皇の孫・眞子さまは、 婚約発表したまでは ”めでたし” だったがその後難航、 この先どうなることやら。

黒田さんは無事結婚、 夫婦生活を満喫しておられるようで...

そもそも黒田さんは秋篠宮殿下の学友、 なので今でも秋篠宮家と黒田夫妻は仲がいいそうだ。


pict-黒田清子さん.jpg



それが何故、1人であんな大衆食堂に行って食べてんの?
最近では、 自宅でコンビニ弁当という夕飯も多いとか。

ジジイが惣菜買ってきて、 部屋で食うのと同じ.....寂しい!

                 * *

清子奥さまが最近多忙、 昨秋以降、家を空ける日が増えている。

それというのも昭和天皇の四女・池田厚子さんから、 伊勢神宮の祭主を引き継がれたから。


pict-黒田清子さん2.jpg


2017年10月20日、 皇居での皇后さま83歳の ”お祝い御膳”。
ご夫婦で参加予定だったが、 黒田さんは欠席なさった。


こんなところから、 あらぬゴシップが出て......
子供もいないし夫婦仲はどうなの?   別居してるの? 

黒田慶樹さんは普通のお役人だが、 世間の噂の的となる。
エライ女房を持つと、 ”男はつらいよ” ってことか。

お暇でしたらどうぞ!   ご夫婦を取り上げてます。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=1g8Hjyo33eM

                * *


A 未だ終わらず。

今もってランドセルが放置されたままの教室。

                 ☟

                            撮影は篠山紀信。
pict-DSCN3429福島学校.jpg

                   ☝
         ここは福島県双葉南小学校の教室。 


東北大震災は終わってはいない。
約7,000人の町民が依然として避難中なんだとか。

                   以上、 「週刊文春」 から引用。

                  * *


B 天は二物を与えず。

チェンマイのジジイ宅に通う掃除婦がこの1月から、 別の女性に
変わっている。

暫く来ていた前の掃除婦は、 他所で定職が見つかり退職。
で、その姉(30歳前半)が 妹の仕事を引き継いだ。

姉は以前から友人宅の掃除をやっており、 その伝手で拙宅にも
来るようになった次第。

友人宅では、 掃除に加え洗濯・炊事をやるという勤務条件。
週に2回、 500バーツ/回の支払い。

ジジイ宅は週1回の掃除(45分程)、 250バーツ/回の支払い。

てことは、 彼女は友人+ジジイの合計で、 1,250B/週の稼ぎ。
1ヵ月で、1250x4= 5,000B、 アルバイトとしてはまあまあか。

                 * *

妹の掃除婦はもの凄いブスだった。
ではその姉はというと、 妹よりはマシだが女としての魅力は乏しい。

しかし掃除の仕事は完璧、 文句の付けようがない。
5,6年も溜まりに溜まっていたこんな所まで綺麗になっていた。

    pict-P_20180203_072029.jpg
             ☝ 
 台所、矢印の箇所、 2〜3mm厚ほどの埃が溜まっていた。


数日経ってジジイが気付き、 すぐお礼のLineを送信。
するとこんな返信.....日本語で 「どういたしまして」。



姉の掃除婦は、 読み・書き・話すの日本語ができるのだ。
堪能とまではいかないが、 意思は十分に通じる。

人柄も真面目、 で、友人共々部屋の鍵を預けている。
ジジイが留守の時に掃除して貰えるので甚だ便利。


結婚願望のある爺さんには、 彼女のような人をお薦めしたい。
申し分のない奥さんになるであろう。


但し、 天は二物を与えず、 器量の方がイマイチ。

スラリとした容姿、 パッと見た感じ この人に似ている。


         ☟





ポパイ2.png



ではご本人を見て戴きましょう。

pict-P_20180221_124212.jpg




  正面から見れば、
pict-P_20180221_124220.jpg




まさに掃除婦は、 ポパイの恋人オリーブだ。
ジジイでは、 たとえホウレン草を食ったとてヤル気は起きず。

                  ☟

pict-ポパイ3.jpg



なかなか見つかんないものです。











バイアグラ......のみたくなるような掃除婦。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:44| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

独居老人の生活1120(#25忘れられない旅の思い出:娘の結婚式・後編)


  今日はオーストラリアの旅の後編です。

  前編を未読の方は、 #1198(2月20日掲載)から
  先にお読み戴きたく.....

                 * *


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1120
        (#25忘れられない旅の思い出:娘の結婚式・後編)


  金のために結婚するものは悪い人間であり、

  恋のために結婚するのは愚かな人間である。

                            サミュエル・ジョンソン (イングランドの文学者)
                

ゴールドコーストのサーファーズパラダイスに宿をとったジジイは、 1泊しただけで別のホテルに移った。

2万円もする高級ホテルにジジイ1人が泊まるのはバカバカしい。

ガイドブック掲載のBudget Hotelといわれる安ホテルに徒歩で移動、 6千円/泊(相当)でチェックイン。

ジジイが寝る部屋は4人部屋(2段ベッド2つ)だが、 ジジイ1人が専有するため当然宿賃は高くなる(4人で割れば1,500円/人)。


そのホテルは2階建て、 普通の住居を改造したようだ。
その界隈は閑静な住宅街で、向こう三軒両隣は民家だった。

pict-thD4PPS4Q0安ホテル.jpg
        ☝ イメージ画像。


ジジイの部屋は1階、 ドアを開けると広いリビングルーム。
その奥にはキッチンがあり、 朝食くらいなら作れる感じ。


部屋の中のトイレを見て驚いた。
タオルもなければ石鹸・シャンプーも用意されていない。

これではシャワーも浴びられない。
結局、 A家族のいるコンドーに行ってバスタブに入り、 洗髪までする羽目に....

洗顔などのためにAからタオルを借用、 ホテルに持ち帰った。

前日の高級ホテルから石鹸もタオルも置いてない部屋に.....
ふと少し惨めな気持ちになった。
  
               * *

さあ、 いよいよAの娘の挙式の日がやって来た。

約束の時刻にAのコンドーに行くと、 娘は既にウェディングドレス姿、 部屋の中で美容師に髪を結って貰っていた。

孕んではいるが、 腹はさほど膨らんではいない。
「綺麗になってるね」 とジジイはお世辞を言う。


コンドーからの出発時刻になり、 表に出ると車が待機していた。

pict-DSCN0873.jpg
               ☝ イメージ画像。


                  * *


A家族にジジイを含む6人が乗ったリムジンは20分近く走り、 挙式会場のヒルトンホテル・リゾートに到着。

牧師か神父かは知らないが、 教会で誓いの言葉。
ジジイが立会人としてチャララと署名、 実にいい加減。

花嫁と父親のAが腕を組み、 バージンロードを歩く姿を見てジジイは笑ってしまう。

神妙な顔つきのA、 胸中は複雑であったろう。
加えて孕んでいる娘が歩いてもバージンロードとはこれ如何に。


結婚式が終わればお次は披露宴、 というよりランチパーティーか。

新郎側からは肉親の参加なし、 牧場で働く同僚たちが出席。
新婦側からは我々の他に、 娘が勤務する会社から上司や同僚が参列。

オーストラリアにおけるオール日本人参集の披露宴となる。

pict-DSCN0901結婚式集合.jpg
                  ☝
左端がジジイ、 前列左からAの長男、 妻、 花婿・花嫁、 A。



宿泊したコンドー、 リムジン、 挙式・パーティーなど全ての費用はAの懐から出る。
孕んでいようが可愛い娘だ、 懐が痛んでも我慢の父親。

結婚式は愉しく盛り上がって無事終了。


pict-DSCN0904.jpg
                 ☝ 
  挙式のホテル庭園で...ジジイ(61)とAの奥さん(56)。


我々6人はまたリムジンに乗車、 ゴールドコーストへ....
参列者たちはブリスベーンへと帰って行った。

                * *


ゴールドコーストでジジイはA家族と別れ、 そのあと1人でオーストラリアの旅を続ける。
pict-pict-thJEKH46EF地図.jpg



ブリスベーンに2泊した後、 メルボルン → パースと周り帰国した。

pict-DSCN0877メルボルン.jpg
            ☝ メルボルン市内。




pict-DSCN0878パース.jpg
          ☝ パースにて(2006年6月)。


航空券(成田〜ブリスベーン)を購入する時、 一緒に他の空港へのチケットも申し込んだ。

その時1万円アップでプラス2空港に飛べるというサービスを知り、 上記の2都市を選んだ次第。 飛行機はカンタス航空。

                 * *


では、 忘れられない旅の記憶とは何か?

それはジジイが石鹸もタオルもない安ホテルから外に出た時だ。

何気なく遠くを眺めると、 そこにはA家族の泊まる高層コンドーがくっきり見えた。


pict-thOPGC1P0Qコンドー全景.jpg


彼らは地上50数階の部屋で優雅に寝泊まりしている。


昔観た映画の1シーンがジジイの脳裏に浮かんだ。

                   ☟

pict-pict-E5A4A9E59BBDE381A8E59CB0E78D8404-d0f37.jpg
                  ☝ 
この写真だけで作品名を思い出された皆さまは相当な映画通。




そう、 黒澤明監督のこの大ヒット作品。

               ☟



pict-pict-img_0ポスター.jpg     


ゴールドコーストの忘れられない記憶、 それは











 天国と地獄.....とにかくこの世はカネ次第。


チェンマイって ホントいいですね!

  <後記>
その後、 Aの娘夫婦は日本に戻り、 今は2児の親に....
現在、地方都市で共働き、 夫婦円満、 幸せに暮らしております。





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:32| Comment(3) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

独居老人の生活1119(#36チェンマイ百景:車)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1119
                       (#36チェンマイ百景:車)


  発明は恋愛と同じです。 苦しいと思えば苦しい。

  楽しいと思えばこれほど楽しいことはありません。

                                              本田宗一郎


@ 堀をどうするの?

下のお堀はどこにあるか、 ご存知ですよね。

pict-1517365913242皇居の堀.jpg
                  ☝
 そう、 東京は皇居のお堀。 いつも綺麗に見える。
 ここでは中国人もウンコしにくいか、 まだニュースにならず。




ここチェンマイのお堀もこうして見ると美しい。
ここに大小便をする観光客がいるからニュースになる。
                 ☟
pict-DSCN3395.jpg




皇居の堀が空っぽになったことはあるんだろうか?
チェンマイの堀なら......

                    ☟


pict-DSCN3389お堀.jpg
            ☝ 水を汲み上げた堀。




パワーショベルで堀の底を何やら......
この起重機が通りの一車線を塞いでおり、 渋滞をもたらす。

pict-DSCN3394お堀.jpg
           ☝ 何を掘っているのかね?


                 * *


A チェンマイで見かけた車。

昨夜(2月20日)、 見慣れない車が1台走っていた。

                  ☟

pict-DSCN3418クラシックカー.jpg




  カメラを取り出してパチリ。
pict-DSCN3422.jpg




  オオー、 クラシックカーなの?
pict-DSCN3424.jpg




ナイトマーケット、 スリウォンホテルの前、 カッコいいねえ。
バイクに乗ってて、 こんなのにぶつけちゃあ大変だわ。

pict-DSCN3425クラシックカー.jpg


                 * *


B タイのツクツク。

皆さまよくご存じ、 これがチェンマイを走るタクシー。
ツクツクと呼んでいる。  料金は交渉次第。

pict-チェンマイのツクツク.jpg




ツクツクの問題は排気ガスや騒音をまき散らすこと。
チェンマイDown Townでは、 マスクをした人を結構見かける。

で、 エコを重視、 CO2削減、 静かに走るツクツクが6年ほど前から研究されている。

それがLEV=小型電気自動車プロジェクト。

タイではチュラロンコン大学とバンコク大学の教師・学生の連携で、 電気ツクツクの開発に取り組んだ。


電気自動車の課題は走行距離とバッテリー(蓄電池)。
走行距離なら素材はリチウムがベスト、 しかし非常に高価。

そこで注目されたのが鉛バッテリーの採用だとか。
鉛になると走行距離は縮まるが価格は大幅に安くなる。


そんなツクツクが実現したのだろうか?
最近、 チェンマイに新しい機種が登場、 電気ツクツクである。

ジジイの友人が一昨日(19日)、 実際に乗車した。
それがこのツクツク。

pict-1519102720312.jpg




間違いなく電気で走り音も静か、 速度も申し分ない。

pict-1519102722455電気ツクツク.jpg




料金は、普通(燃料はLNG=液体天然ガス)のツクツクと同レベル
だったという。

pict-1519102727170.jpg


バイクで走行中に信号で停車する。
ツクツクの真後ろに止まったら堪ったもんじゃない。

排気ガスをモロに吸い込むことになる。
もっと普及し、 チェンマイが全部電気ツクツクになって欲しい。

エコ重視のジジイは日本人、 もし見かけたら乗ってみたいと思う。
皆さまも是非どうぞ!

見分け方は、 屋根の上に 「E-TAXI」 と出ているから簡単。


そうそう、 韓国人の方にはお奨めのツクツクがある。
韓国人は全部、 これに乗って欲しい。


                  ☟





                  ☟






pict-pict-チェンマイのツクツク旭日旗.jpg





タイのツクツク、 全部これに....なぁーれ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:55| Comment(8) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする